実際とは違う肩書きの名刺は使っても問題ない?

Legalus編集部さん 2016年01月30日

 私の役職は課長代理ですが、センター長の肩書きを付した名刺を使っています。これは犯罪行為となるでしょうか?



(50代:男性)

関連Q&A

寄託契約による所有物の取り戻しの件

法律全般 2017年01月22日

以前実家の両親に、私の家財品他私物を預かり置いてもらっていました。両親他界後、私物など整理引き取りに行き、無いもの多数の為、実家後継者に返還を何度も請求しました。しかし、取りに来ないで置いとくのが悪い。知らない。などと嘘や屁理屈ばかり...

競売物件の居住期限

法律全般 2017年01月21日

来月実家が特別売却でも売れず3回目の競売にかかります。 任意売却でも買い手がつかない家で(再建築不可・住宅ローン適用不可等)不動産屋に競売でも買い手がつかないとはっきり言われました。 買い手がつかない場合 いつまでこの家に住めるのでし...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     文書偽造罪にいう文書とは、文字又はこれに代わる記号・符号を用いて、ある程度持続すべき状態において、意思又は観念を表示したものをいいます。名刺は意思・観念を表示しているとはいえません。したがって、名刺は文書偽造罪にいう文書に当たらないということになります。



     しかし、課長代理では決定権の無い事項でセンター長であれば決定権のある事項に関して、相談者がセンター長という肩書きを利用し相手方に誤信させ、契約締結などを行い相手方に財物を交付させた場合には、詐欺罪が成立することもあります。

     取引先に誤解を生じさせないためにも、実際の役職と齟齬のある名刺は使用されない方がよいでしょう。

2016年01月30日

法律全般に強い弁護士

「相談に行ってよかった」 お客様にそう思ってもらえるよう、お客様のお話を丁寧に聞き、的確なアドバイスが出来るよ...

依頼者の一番の味方となり、ベストな解決を目指します。まずはお気軽にご相談ください。

【堺市】南海本線堺駅すぐ

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ