実際とは違う肩書きの名刺は使っても問題ない?

Legalus編集部さん 2016年01月30日

 私の役職は課長代理ですが、センター長の肩書きを付した名刺を使っています。これは犯罪行為となるでしょうか?



(50代:男性)

関連Q&A

裁判和解調書の条項の趣旨について

法律全般 2016年12月04日

裁判和解調書の条項の一つに、ある問題については双方弁護士協議をする。と項目ある場合、本人は話に応じず、双方弁護士協議を検討中です。この様な時、強制できない。とか、和解調書の金額さえ支払い済みなら条項など無視する人も。など聞くと残念な気...

フェイシャルエステ整形取れた

法律全般 2016年12月03日

フェイシャルエステのときに二重整形取れたてしまいました アイメイクを落とすときに強く擦られました 2012年に整形しました ラインが薄くなることがあるのですが、明らかにラインがなくなりました どうしたらいいでしょうか?

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     文書偽造罪にいう文書とは、文字又はこれに代わる記号・符号を用いて、ある程度持続すべき状態において、意思又は観念を表示したものをいいます。名刺は意思・観念を表示しているとはいえません。したがって、名刺は文書偽造罪にいう文書に当たらないということになります。



     しかし、課長代理では決定権の無い事項でセンター長であれば決定権のある事項に関して、相談者がセンター長という肩書きを利用し相手方に誤信させ、契約締結などを行い相手方に財物を交付させた場合には、詐欺罪が成立することもあります。

     取引先に誤解を生じさせないためにも、実際の役職と齟齬のある名刺は使用されない方がよいでしょう。

2016年01月30日

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ