失業した場合の住民税の減免

User image 1 匿名ユーザーさん 2015年03月11日 19時02分

 契約社員で9年間働いていましたが、事業廃止に伴い失業します。
在職中はまあまあの所得があったため、失業後にくる住民税が払えそうにありません。住んでいる県では、離職者に対する免除が無いようですが、なんとか免除を受けられる方法はないでしょうか?



(30代:男性)

匿名弁護士

     まず、住民税のうち市民税については多くの市で市税条例中に減免規定がおかれています。相談者の場合も市民税の減免を受けられる可能性は高いでしょう。もっとも、失業による場合の免除の有無や減額の程度は各市によってことなるようですので、お住まいの市役所の市税課の窓口にて相談してみて下さい。その際には、当該市役所のホームページから市税条例を印刷し持参し減免規定について説明を求めるという方法が良いでしょう。

     次に、県民税についてですが、これも県税条例にて減免規定を探される事をお勧めします。もっとも、相談文にもあるように県税条例には減免規定に失業の場合が記載されていない事もあるようです。この場合も、県税事務所で相談されるのがよいかと思います。もし、減免が認められなくても失業中である事を説明する事によって分割納付が認められる可能性は高いでしょう。

     なお、個人の道府県民税の賦課徴収については、当該道府県の区域内の市町村が、当該市町村の個人の市町村民税の賦課徴収の例により、当該市町村の個人の市町村民税の賦課徴収と併せて行うことになっているので(地方税法第41条第1項)、納付に関しては市役所等の市民税課で相談されるのもいいかもしれません。

2015年03月11日 19時02分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

原告団への追加参加

法律全般 2017年07月21日

原告団が形成されて提訴というのはよくあるかと思いますが、提訴の後に原告団に参加することは可能なんでしょうか? 提訴の後に原告団に参加したいと意志表明したら、必ず追加提訴という形になるんでしょうか?

サッカーの試合中に相手を殴ってしまった場合の慰謝料とは?

法律全般 2017年07月21日

お恥ずかしいことなのですが、 草サッカーの試合中にラフプレイを受けて、興奮してしまい相手の方の横顔あたりを殴ってしまいました。 その時は興奮してしまっていて衝動的に手が出てしまいました。 冷静になってから思い返して自己嫌悪の繰り返しで...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

法律全般に強い弁護士

弁護士生活45年。「大切なのは法律知識ではなく、診断」ありとあらゆる分野に精通してます。

交通事故や労災事故などの事故関係に注力しています。お気軽にご相談ください。

お話ししやすい雰囲気の中で、ご依頼者様のお話をじっくりとお聞きします。

【初回相談は1時間無料です】お客様にとっての最善策を追求します

刑事事件を主に取り扱っています。

ページ
トップへ