妻が勝手に私名義の預金を解約した!銀行に責任はないの?

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年01月07日 04時04分

 戸籍上の妻(婚姻関係は破綻している)が、別居費用調達のために勝手に私の通帳と印鑑を持ち出し、定期預金を解約及び払い戻しをしました。私は解約及び払い戻しを行った信用金庫に対して、返還請求を行おうと思っているのですが認められるでしょうか。



(40代:男性)

匿名弁護士

     今回引き出された金額が当該信用金庫の規約において、定期預金を解約し払い戻す際に本人確認を求める金額を超えていた場合には、本人確認を怠ったとして信用金庫に過失ありとなり、相談者の妻への払戻が正当な弁済とは認められず(民法478条)、相談者の返還請求が認められるでしょう。

     また、仮に一回の払戻が本人確認を不要とする額であっても、下記裁判例による限り一日に複数回に分けて全額払い戻した場合には、信用金庫に過失が認められるでしょう。

     すなわち、平成24・10・4釧路地裁判決は、銀行に普通預金を有する預金者の妻が同一日に同銀行の2支店の窓口で連続してそれぞれ199万円の払戻しを受けた場合において、一回目の払戻には過失は無く、二回目の払戻には過失が認められるとしました。

     まず、第1回目の払戻しについては、当該払戻しが日常的に口座への入出金が行われることを予定する普通口座であること、銀行の内部規定として、1回の払戻額が200万円を超えない場合には、本人確認を要しないとする規定があること、妻の挙動に不審な点が見られなかったことに鑑みると、払戻請求者が口座名義人と別人であることを認識できたからといって、払戻請求者の正当な受領権限を疑うべき事情があったと認めるのは困難であるから、債権の準占有者に対する弁済として過失がなく、銀行は免責されると判断しました。

     他方、第2回目の払戻しについては、窓口担当者において、同日中に第1回目の払戻しがされていることを認識し得たところ、払戻請求者が別々の支店で本人確認を要しないとされていた1回の払戻しの上限額である200万円を超えないそれぞれ199万円ずつの払戻しを受けようとするのは、銀行の本人確認手続を回避しようとするに等しく、正当な払戻権限を有する者ではないのではないかとの疑いを抱くことができたというべきであるから、窓口担当者としては、払戻請求者に対し、氏名、口座名義請求人との関係、第1回目の払戻しと併せて2回に分けて払戻手続を行うに至った理由などを尋ねるべきものであったのに、これを怠っている以上は、債権の準占有者に対する弁済として過失がないとはいえないので、銀行は免責されないと判断しました。

     相談文からは、相談者の妻がどのような方法で払戻を行ったのかは定かではありませんが、まずは信用金庫に取引履歴の開示を求めてはいかがでしょうか。取引履歴からある程度払戻の態様が分かるかもしれません。

     なお、信用金庫から払い戻されなかったとしても、直接、妻に返還請求するという方法もあります。

2014年01月07日 04時04分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

時効を延長は可能なのでしょうか?

法律全般 2017年07月26日

慰謝料・損害賠償の時効があと一月後に迫っています。 内容証明郵便での時効の六ヶ月間延長をしたいのですが、そんなことで有効になるのでしょうか。よろしくお願いします。

不正駐車での調査料5万円は相当なのでしょうか?

法律全般 2017年07月26日

先日、コインパークで車止めの板を踏みつけたまま駐車していたので、 罰金7万円を支払うように、と手紙が届きました。 手紙にある日付・住所に駐車した覚えはありましたが、駐車場となりのお店の所有しているものと思ったので、その手紙の会社にメー...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

法律全般に強い弁護士

弁護士生活45年。「大切なのは法律知識ではなく、診断」ありとあらゆる分野に精通してます。

【初回法律相談無料】 お気軽にお問い合わせください。

【初回法律相談無料】 皆さまお一人お一人にあった,最適な解決をご案内します。まずはお気軽にご相談ください。

《初回相談無料》お客さまの身近なパートナーとして、徹底サポートいたします。

お話をじっくり聞き、より良い解決策をご提案します。

ページ
トップへ