シミをつけられたカバンを新品と交換してもらう場合、古いカバンは渡さなければならない?

Legalus編集部さん 2015年07月17日

 レストランで食事をした際、店員が飲料を私のカバンにこぼし、シミがついてしまいました。カバンのメーカーは修理を受けていなかったため、お店が新品を手配し、古いカバンと交換に引き渡すと言ってきました。

 シミのついたカバンは旅先で購入した思い出の品で、引き渡したくないのですが、新品を受け取る際には必ず古い方を相手に渡さなくてはいけないのでしょうか?



(20代後半:女性)

関連Q&A

裁判和解調書の条項の趣旨について

法律全般 2016年12月04日

裁判和解調書の条項の一つに、ある問題については双方弁護士協議をする。と項目ある場合、本人は話に応じず、双方弁護士協議を検討中です。この様な時、強制できない。とか、和解調書の金額さえ支払い済みなら条項など無視する人も。など聞くと残念な気...

フェイシャルエステ整形取れた

法律全般 2016年12月03日

フェイシャルエステのときに二重整形取れたてしまいました アイメイクを落とすときに強く擦られました 2012年に整形しました ラインが薄くなることがあるのですが、明らかにラインがなくなりました どうしたらいいでしょうか?

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     物を壊したり、汚してしまった場合の損害賠償は、金銭によることが原則ですが(民法722条、417条)、当事者の合意があれば、新品との交換なども可能とされています。



     ただ、新品との交換を選択した場合、新品を受け取る代わりにしみのついたカバンを引き渡す必要があります。

     損害賠償とは、実際に生じた損害額を賠償するものです。仮に新品で10万円のカバンがしみをつけられてしまったことによって3万円の価値しかなくなったとしたら、損害額は7万円ということになります。
     この場合において、加害者が新品のカバンを損害賠償として引き渡したにもかかわらず、被害者がしみのついたカバンを引き渡さない場合、差し引き3万円分(しみのついたカバンの現存価値)について、被害者は法律上の理由なく利益を得てしまうことになります。

     ですから、被害者はしみのついたカバンを加害者に渡さなければならないのです。



     もし、あなたがカバンを引き渡したくないのであれば、加害者に対して金銭による損害賠償を求めるか(この場合は新品のカバンは受け取れません)、損害額と新品の価格との差額を加害者に支払うことになると思われます。

2015年07月17日

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ