シミをつけられたカバンを新品と交換してもらう場合、古いカバンは渡さなければならない?

Legalus編集部さん 2015年07月17日

 レストランで食事をした際、店員が飲料を私のカバンにこぼし、シミがついてしまいました。カバンのメーカーは修理を受けていなかったため、お店が新品を手配し、古いカバンと交換に引き渡すと言ってきました。

 シミのついたカバンは旅先で購入した思い出の品で、引き渡したくないのですが、新品を受け取る際には必ず古い方を相手に渡さなくてはいけないのでしょうか?



(20代後半:女性)

関連Q&A

寄託契約による所有物の取り戻しの件

法律全般 2017年01月22日

以前実家の両親に、私の家財品他私物を預かり置いてもらっていました。両親他界後、私物など整理引き取りに行き、無いもの多数の為、実家後継者に返還を何度も請求しました。しかし、取りに来ないで置いとくのが悪い。知らない。などと嘘や屁理屈ばかり...

競売物件の居住期限

法律全般 2017年01月21日

来月実家が特別売却でも売れず3回目の競売にかかります。 任意売却でも買い手がつかない家で(再建築不可・住宅ローン適用不可等)不動産屋に競売でも買い手がつかないとはっきり言われました。 買い手がつかない場合 いつまでこの家に住めるのでし...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     物を壊したり、汚してしまった場合の損害賠償は、金銭によることが原則ですが(民法722条417条)、当事者の合意があれば、新品との交換なども可能とされています。



     ただ、新品との交換を選択した場合、新品を受け取る代わりにしみのついたカバンを引き渡す必要があります。

     損害賠償とは、実際に生じた損害額を賠償するものです。仮に新品で10万円のカバンがしみをつけられてしまったことによって3万円の価値しかなくなったとしたら、損害額は7万円ということになります。
     この場合において、加害者が新品のカバンを損害賠償として引き渡したにもかかわらず、被害者がしみのついたカバンを引き渡さない場合、差し引き3万円分(しみのついたカバンの現存価値)について、被害者は法律上の理由なく利益を得てしまうことになります。

     ですから、被害者はしみのついたカバンを加害者に渡さなければならないのです。



     もし、あなたがカバンを引き渡したくないのであれば、加害者に対して金銭による損害賠償を求めるか(この場合は新品のカバンは受け取れません)、損害額と新品の価格との差額を加害者に支払うことになると思われます。

2015年07月17日

法律全般に強い弁護士

依頼者の一番の味方となり、ベストな解決を目指します。まずはお気軽にご相談ください。

「相談に行ってよかった」 お客様にそう思ってもらえるよう、お客様のお話を丁寧に聞き、的確なアドバイスが出来るよ...

お客様の状況に応じた解決策をご提案致します。

【堺市】南海本線堺駅すぐ

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ