肩書きを詐称した名刺作成の罪は?

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年11月21日 21時19分

 Aは親会社の執行役員です。このAは、子会社の取締役常務執行役員を兼務しています。ところが、使用する名刺においては、親会社の「取締役常務執行役員」という肩書でクライアント対応していることが発覚しました。こうした肩書きを利用して、知人の会社をコンペにいれたり過剰に接待ゴルフをしたりとノーチェックをいいことに好き勝手しています。
クライアントより親会社役員について問い合わせがあって発覚したものですが、どのような罪に問えますか??



(40代:女性)

匿名弁護士

 ご相談の内容では、本来、親会社の執行役員兼子会社の取締役にすぎないAが親会社の取締役常務執行役員という肩書きの名刺を作成しているということですね。



 このような会社における肩書きの詐称に過ぎない場合は、残念ながら、刑法上の罪にはなりません。ただ、そうした役職にあるという外形を利用して誰かからお金を得たり、自分の利益を図ったりした場合は詐欺罪(刑法246条)などに該当する可能性は出てきます。また、会社法上では、(子会社では取締役であるので)取締役や第三者の利益を図ったり、会社に損害を与える目的で、任務に背いた行為を行った場合に成立する特別背任罪(会社法960条)の可能性もありえます。



 ただ、今回のご相談内容では、知人会社の優遇や接待ゴルフの過剰な開催などが肩書き詐称と結びついているようにご指摘いただいていますが、詳細な状況がわかりかねるため、上記のような刑法上の罪や特別背任罪に問えるかどうかは、申し訳ないですがわかりかねる状況です。

 仮に上記のような名刺における経歴詐称と利益を図る行為が結びついていることが判明したら、捜査機関に対して刑事告訴•告発を行うことが可能です(刑事訴訟法230条239条)。

2014年11月21日 21時19分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

不正転売禁止法施工前のチケットの高額転売について

法律全般 2019年04月10日

質問失礼いたします。 昨年度の法改正にて、2019年6月からのチケットの不正転売、高額転売が禁止されると認識しており、また弁護士コラム「不正転売禁止法」についても拝見させていただきました。 現在、チケット流通センター等のインターネット...

損害賠償の通知書は職場に送ってもいい?

法律全般 2019年03月14日

相手の自宅に通知を出しているのですが、受取拒否をしており話に進展がありません。 その為、内容はわからないように、 株式会社○○ 従業員 ○○ 花子 殿 とした通知を相手の職場に出しても良いのでしょうか? 相手に読んでもらうためのベスト...

代車を返してもらえないトラブルに対応するための事前対策について。

法律全般 2019年03月10日

バイク屋を経営しており代車として原動機付自転車を貸し出しています。 お客様に貸し出す車両ですので出来るだけコンディションの良いものを用意しているのですが…一部のお客様で音信不通になったりいろいろ言い訳をしたりとなかなか代車を返してもら...

病院が違法行為?無許可での手術

法律全般 2019年03月09日

勝手に複雑な手術をされた場合違法になるんじゃないんですか? 何の説明も同意(書)も何もなく、診察して治療をするか否かかと思っていましたが、椅子に座らされ、気付いたら手術が始まりました。 何事もなかったから良いですが、これは慰謝料請求や...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

ページ
トップへ