スマートフォンの修理代請求は可能でしょうか?

User image 1 Legalus編集部さん 2016年01月15日

 田舎の林道に車(トラック)をとめて農作業中に、他の車が通るからと無断で車を移動されました。その際、車(トラック)の荷台に乗せてあったコンテナが勢いよく動き、荷台に載せておいたスマートフォンの液晶とカメラが壊れてしまいました。私が作業をしていたので邪魔をしては悪いと思い、善意で動かしてはくれたのですが修理代金を全額請求することは可能でしょうか?



(20代:男性)

関連Q&A

コンビニの駐車場で休憩中に車を傷つけられた場合の損害賠償はどのくらいか

法律全般 2017年04月27日

コンビニの駐車場で休憩中に 業務中の店員がプラスチックケースの様な物を車にぶつけて 傷をつけました。 その時に警察に来てもらい 写真数枚と 状況の説明などしましたが あとは当事者同士でとの事で 店のオーナーと話をしている状況です。 店...

新品のスマホを知人に設定してもらったら、中古品状態で返ってきた。謝罪してもらいたい。

法律全般 2017年04月27日

携帯買い替えの際、スマホ初心者の私に使いやすいように設定を手伝うという知人の申し出を受けてしまい、新品未使用のものを預けてしまいました。戻ってくる迄の間、許可もなく勝手に個人的に使用されていました。本体も中古品状態でした。尋ねても納得...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     よかれと思ってやった行為であっても、誰かの持ち物を壊してしまった場合、法律上は不法行為に基づく損害賠償請求が可能だと考えられます(民法709条)。



     具体的には、条文上「故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う」とあります。過失とは、いわゆる不注意を意味します。他人の権利に、ご相談者様がもっているスマートフォンが該当します。したがって、車を運転して不注意で荷台に載っていたスマートフォンを壊されたのですから、その修理代金は請求できるのではないかと考えられます。

     もっとも、実際に訴訟などに発展した場合、請求が認められない可能性もあります。前述の、不法行為における過失は、「予見可能性にもとづく結果回避義務違反」とされます。簡単に言えば、「予想できたのに、その予想から生じる結果を避けようとしなかった」ということです。今回のケースでは、コンテナが乗っている車の荷台に、壊れやすいスマートフォンがあることを予想できたかというと、疑問が生じます。また、運転の態様自体は良好なものであり、むしろ壊れやすいスマートフォンを荷台に載せておくことに問題があるとして、一定程度の過失相殺(ご相談者様側の不注意を考慮して損害賠償の金額が減額される)される可能性もありえます。

     加えて、法的手段を利用する場合、おそらくは内容証明の送付、それに応じない場合は少額訴訟などを活用することになろうかと思われ、修理代金以上に手続きにまつわるコストが生じることが予想されます。相手方は「善意でやったことなのに法的手段に訴えるのか」と憤慨する可能性も否定できません。



     そのため、今回のケースでは上記のような点を考慮しつつ、相手方に「車を移動してもらったのはありがたかったが、スマートフォンが壊れてしまったから、なんとか修理代金の一部でも負担してもらえないか?」と丁重にご相談されるのが、大人の対応ではないかと考えられます。

2016年01月15日

法律全般に強い弁護士

ビジネス街にある駅近の法律会計事務所です。

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

クライアントファーストをモットーに、常にご依頼者様の視点に立った誠実な事件対応を心がけております。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ