犯行後の偽装工作は罪になるのでしょうか?

User image 1 匿名ユーザーさん 2015年08月24日 19時29分

 自分の犯罪の証拠隠滅は何の罪にもならないですよね?では、自分の犯行後の偽装工作も罪にはならないのですか?それから、偽装工作は、証拠隠滅のひとつとして考えてもよろしいでしょうか??



(20代:男性)

匿名弁護士

     証拠隠滅罪とは、「他人の」刑事事件に関する証拠を隠滅し、偽造し、若しくは変造し、又は偽造若しくは変造の証拠を使用した者を処罰します(刑法104条)。したがって、ご指摘のように「自分が犯した犯罪」の証拠隠滅を図ったとしても、それだけを取り上げて処罰されることはありません。これは、罪を犯した人間は、多くの場合証拠を隠そう、罪が発覚しないようにしようとするものであり、そもそも犯した罪の中で一連的行為として行われるものであるから、それだけを取り上げては罰しないという背景があるためです。



     次にご指摘いただいた偽装工作は罪になるか、という点について。そもそも、何をもって「偽装工作」と考えてらっしゃるかがあいまいであるため、ある程度場合分けをしてご回答いたします。



     まず、ある人物が罪を犯して、犯行時に用いた道具を処分する、ありもしないアリバイをでっち上げるなど、単純に実行行為者自身に関する部分で偽装工作が完結している場合、これは証拠隠滅罪に言うところの「証拠を隠滅する、偽造する、変造する」という行為に当たります。ただ、自己の犯罪には証拠隠滅罪は成立しません。



     他方で、ある人物Xが殺人を犯した後に、自らの罪を逃れるため「Yが犯人だ」と警察に対して通報するような偽装工作を行った場合、「人に刑事又は懲戒の処分を受けさせる目的で、虚偽の告訴、告発その他の申告をした」となるため、虚偽告訴罪が成立することになります(刑法172条)。

     つまり、自らの罪を逃れるためにだれか別の人物を犯人に仕立て上げようと捜査機関などに働きかけを行うような偽装工作の手法をとれば、犯罪を構成する可能性が生じることになるわけです。



     ともあれ、偽装工作が犯罪を構成するかどうかは別にして、そもそも犯した犯罪についての罪は問われるわけです。

     そうではないことを祈ってはおりますが、ご相談者様がなにがしかの罪を犯して、その偽装工作を図ろうとされているような状況であれば、真摯に反省をして自首などをされることをおすすめいたします。

     証拠隠滅とは逆に、自首をしたときは刑が減軽されることがあります(刑法42条80条93条228条の3などを参照)。

2015年08月24日 19時29分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

妹が勝手に家の高級時計や宝石を質屋に売ってしまいました。取り戻せますか?

法律全般 2017年07月21日

妹が勝手に家の高級時計や宝石を質屋に売ってしまいました。数量は数十個になります。それがあとになって発覚したのですが、物品は取り戻せるのでしょうか? また、金額はどうなるのでしょうか? 相手が他人であれば訴えたりとかありますが、家族なの...

遺骨の所有権は?

法律全般 2017年07月21日

父は22年前に他界しました。そして、遺骨は父が購入し長男が相続し墓石を立てたお墓に納めました。 近年までは問題は無かったのですが、長男と母および次男との間で金銭などのトラブルがあり、突然長男が「今後は法事をやらない」と親戚の前で宣言し...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

法律全般に強い弁護士

弁護士生活45年。「大切なのは法律知識ではなく、診断」ありとあらゆる分野に精通してます。

クライアントファーストをモットーに、常にご依頼者様の視点に立った誠実な事件対応を心がけております。

些細なことでもまずはご相談ください。じっくりお話を伺います。

お客様一人一人にあった解決方法をご提案します

どんなお悩みでもお気軽にご相談ください。弁護士があなたのお悩みを解決します。

ページ
トップへ