誤振込みの金額について。返還請求をしたい

Legalus編集部さん 2015年09月28日

 3ヶ月ほど前、銀行振り込みで金額を間違え40万円ほど多く相手に振り込んでしまいました。すぐにその旨連絡したのですが、相手には借金があり全額差し押さえられたとのことです。それで毎月5万円ずつ返すということで解決したかと思ったんですが、毎月「今月は厳しい」とかでまだ1円も返って来ていません。この場合どうすればいいんでしょうか?



(20代:男性)

関連Q&A

傷害事件

法律全般 2017年04月22日

こんにちは。初めまして。 先日、私が軽自動車を運転していて、第一車線から第二車線へ車線変更しようと思い、ウィンカーを出しハンドルを少し右へ切ったところ、後ろからスピードを上げたワゴン車が接近してきたので車線変更をやめて第一車線へ戻りま...

成婚料無料のはずが、コピーをもらったら手書き修正されていた。

法律全般 2017年04月21日

インターネットの結婚相談所に入会して、年間登録料だけで無料の言葉で入会してしまいました。 しかし、紹介もないまま一年が過ぎようとしていた時に、先方が見落としていたと(わざと一年過ぎさせようとした模様、お結婚相手に聞いてます) なので、...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     ご相談者様と振り込んだ相手との間で、40万円の部分については契約など、なんら金額支払いの根拠がないことになります。にもかかわらずお金を支払ってしまった場合には、民法703条で規定される「不当利得返還請求」が可能になります。



     不当利得返還請求が成立するためには、



    1. 相手方に受益が生じていること

    2. 損失者の損失

    3. 受益と損失の因果関係

    4. 法律上の原因がないこと



    が求められます。




    1. 相手方は40万円を得て

    2. ご相談者様は40万円を失い

    3. 両者は給付による受益と損失の関係があり

    4. 40万円部分については契約などがなく、支払いの原因がない



    ことになるため、今回のケースでは問題なく不当利得返還請求が認められます。

     もっとも、今回のケースでは相手方が返還の意思を見せているものの、実際には返還しそうにない点への対処が必要だと思います。



     返還を求める金額が40万円であることを考えると、一旦、内容証明などを活用して全額の支払を求め、それでも応じない場合は、少額訴訟を検討されることをお勧めします。



     少額訴訟の場合、手続費用も抑えられ(40万円の訴額なら4000円。それに弁護士費用などがかかります)、1回の期日で判決をすることを原則としており、短期決着が見込めるため本件には適していると考えます(参考:裁判所HP 少額訴訟)。弁護士費用や具体的な訴訟の見通しなどは法テラスなどを活用してご相談されるというのも方法のひとつです(参考:法テラスHP)。



     ただ、裁判で勝訴したからといって、実際に回収できるとは限りません。相手方が言っていることが本当で、預金口座が差し押さえられるくらい経済状況が悪化しているのであれば、回収できない可能性もあります。かかるコストについても勘案しながら、対応を検討することになるでしょう。

2015年09月28日

法律全般に強い弁護士

おひとりで悩まず、まずはお気軽にご相談ください。※面談相談のみお受けいたします。電話やメールのみでの法律相談・...

まずは、お気軽にお問い合わせください。事務所に駐車場もあります。

丁寧な説明を心がけています。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ