無断駐車に制裁。逆ギレされた!

Legalus編集部さん 2014年11月06日

 私は、月極めの駐車場を経営しているんですが、ある日、無断駐車の車両を発見し、撤去するように張り紙をしたところ、翌日に再び駐車していましたので、少し頭にきた為、車のタイヤにチェーンでコンクリートブロックを巻きつけました。すると数日後車の持ち主が現れ、ブロックに気付かず発車したため、ボディとホイールに傷が入ったので、弁償しろと訴えてきました。
 こちらは、自分の権利を守っただけであるのに逆に訴えられるとは思ってもいなく、どうすれば良いか途方にくれております。

(30代:女性)

関連Q&A

裁判和解調書の条項の趣旨について

法律全般 2016年12月04日

裁判和解調書の条項の一つに、ある問題については双方弁護士協議をする。と項目ある場合、本人は話に応じず、双方弁護士協議を検討中です。この様な時、強制できない。とか、和解調書の金額さえ支払い済みなら条項など無視する人も。など聞くと残念な気...

フェイシャルエステ整形取れた

法律全般 2016年12月03日

フェイシャルエステのときに二重整形取れたてしまいました アイメイクを落とすときに強く擦られました 2012年に整形しました ラインが薄くなることがあるのですが、明らかにラインがなくなりました どうしたらいいでしょうか?

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     無断駐車の廃除は、多くの駐車場所有者の悩みの種となっているところです。法律は自力救済を禁止しているため、実力行使に及ぶと、逆に民事、刑事の責任が発生してしまいます。

     もちろん、無断駐車は違法行為です。有料駐車場に無断駐車すると、業務妨害罪刑法234条)や、建造物侵入罪刑法130条)が成立する可能性があります。

     車のタイヤにチェーンでコンクリートブロックを巻きつけた、ということですが、このような行為は、所有者の車を利用する権利を侵害してしまうため、不法行為民法709条)に該当するおそれがあります。さらに、ブロックのせいで車に損害が発生していますが、この点についても、あなたには予想不可能なことではありませんので、同じく不法行為にあたる可能性があります。

     不法行為を行うと、損害賠償責任が発生します。車を破損した場合、被害者は修理代や、修理の間の代車代を請求することができます。

     したがって、車の所有者の賠償請求は正当な権利行使といえそうです。もっとも、過失相殺民法722条2項)の主張は可能です。
     さらに、相手に、業務を妨害した非があること、不法に駐車場を占有したことに対する賠償義務があることを認めさせ、請求額の減額交渉を行うことが可能です。

2014年11月06日

法律全般に強い弁護士

依頼者の一番の味方となり、ベストな解決を目指します。まずはお気軽にご相談ください。

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ