商品をマネされた!やめさせる根拠は?

Legalus編集部さん 2015年06月23日

 昨年末より、チワワのぬいぐるみを販売しています。ところが、最近、酷似したぬいぐるみの販売を始めた業者があることを知りました。
 弊社オリジナルのデザインなので、何としても販売をやめさせたいのです。どのような根拠でクレームをつければよいのかがわかりません。ご教授下さい。

(30代:男性)

関連Q&A

裁判和解調書の条項の趣旨について

法律全般 2016年12月04日

裁判和解調書の条項の一つに、ある問題については双方弁護士協議をする。と項目ある場合、本人は話に応じず、双方弁護士協議を検討中です。この様な時、強制できない。とか、和解調書の金額さえ支払い済みなら条項など無視する人も。など聞くと残念な気...

フェイシャルエステ整形取れた

法律全般 2016年12月03日

フェイシャルエステのときに二重整形取れたてしまいました アイメイクを落とすときに強く擦られました 2012年に整形しました ラインが薄くなることがあるのですが、明らかにラインがなくなりました どうしたらいいでしょうか?

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     結論から申し上げると、「不正競争防止法」という法律を根拠にクレームをつけることが可能です。
     本法は、商品形態の模倣行為を不正競争行為として禁じています(不競法2条1項3号)。長い時間をかけて企画・開発した商品を、模倣して販売することは不当な競争であるという趣旨です。



     「形態」とは、物の外観に着目した概念です。形状、模様、色彩、質量感、光沢感など視覚によって認識できる要素を含んでいます。



     この法律によると、独特の形態をした商品を販売してから3年以内は、模倣品の販売者に対する販売差止、損害賠償などの請求を行うことが可能です。


     注意しなければならないのは、商品形態が独特であることです。法文には「通常有する形態を除く」と書かれています。本ケースの場合ですと、普通、チワワのぬいぐるみにない特徴がある必要があります。
     あなた様がおっしゃる、「オリジナルのデザイン」が本法で保護されるものか、専門家の判断を仰ぐことをおすすめします。場合によっては、すぐに販売中止の仮処分を行うべきケースかもしれません。


     なお、鑑賞に値する美的要素があれば、著作権法で保護される可能性もあります。この点に関しては、昨年、ファービー人形が著作物ではないとした高裁判決(平成14年7月9日)が参考になります。

2015年06月23日

法律全般に強い弁護士

法律問題のご相談をお受けします。まずはご連絡下さい。

依頼者の一番の味方となり、ベストな解決を目指します。まずはお気軽にご相談ください。

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ