結婚したと思ったらもう別れたんだって...お祝いを返してほしい!

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年01月07日 04時13分

 会社の後輩の結婚式に呼ばれ、ご祝儀を包みました。ところが、後日になって入籍をしてないことが判明しました。聞けば、この後輩は別に恋人がいて、式を挙げた女性とはすぐ別れたとのことでした。
 こんなの、結婚を理由にした詐欺にあたりませんか? 祝儀の返還の請求はできるのですか?

(30代:男性)

匿名弁護士

     あなたが後輩に包んだ祝儀は、民法上の贈与民法549条)、それも「書面によらない贈与民法550条)」にあたります。この形式の贈与は、履行されてしまえば取り消すことはできません。おめでとうと渡してしまえば、あとから返せとはいえないことになっています。

     ただし、履行につき錯誤民法95条)、あるいは詐欺民法96条1項)があったと認められれば、返還請求も可能になります。まず、錯誤があった、と言えるでしょうか。

     日常生活ではよく、「そんなつもりじゃなかったよ」「そうと知ってたらやらなかったのに」という言い方をしますが、法律上の「錯誤」といえるためにはもう少し厳しい要件を満たすことが必要とされます。いくつかありますが、一番問題なのは、「要素の錯誤」にあたるか、という点です。
     要素の錯誤とは、この点について錯誤がなかったならばその行為をしなかったであろうと考えられ、かつ、誰でも普通そう考えるだろう、と思われるようなものをいいます。あなたのケースにあてはめると、入籍しない(あるいは、するのが困難な事情がある、など)なら、お披露目の式をしてもお祝いは贈らないはずだ、ということが、あなただけではなくて、世間一般もそう考えるのが普通といえるか、ということです。

     これは少々難しいのではないかと思われます。入籍しないということは、夫婦として生活することを実質的に損なうものではないと考えられるからです。通常カップルに贈られるお祝いは、2人がともに新しい生活に歩みだすことに対してのものであり、法律婚が真っ当に成立したことを認知する意味で贈られるものではないでしょう。
     そのカップルが実は何の実体もない、偽装結婚ででもあればひいては詐欺にあたることもありえるでしょうが、お披露目をした後に不仲になって入籍に至らなかった、というだけでは、とても、相手を欺いた、とは言えません。
     腰の落ち着かない後輩に小遣いをくれてやったんだ、とでも思っておきませんか。

2014年01月07日 04時13分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

原告団への追加参加

法律全般 2017年07月21日

原告団が形成されて提訴というのはよくあるかと思いますが、提訴の後に原告団に参加することは可能なんでしょうか? 提訴の後に原告団に参加したいと意志表明したら、必ず追加提訴という形になるんでしょうか?

サッカーの試合中に相手を殴ってしまった場合の慰謝料とは?

法律全般 2017年07月21日

お恥ずかしいことなのですが、 草サッカーの試合中にラフプレイを受けて、興奮してしまい相手の方の横顔あたりを殴ってしまいました。 その時は興奮してしまっていて衝動的に手が出てしまいました。 冷静になってから思い返して自己嫌悪の繰り返しで...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

法律全般に強い弁護士

弁護士生活45年。「大切なのは法律知識ではなく、診断」ありとあらゆる分野に精通してます。

【初回法律相談無料】一人で悩まずご相談ください。全力で向き合い解決に導きます。

【初回相談は1時間無料です】お客様にとっての最善策を追求します

ページ
トップへ