災難続きは名前のせい?名前を変えたいんだけど...

User image 1 匿名ユーザーさん 2016年01月14日 19時43分

 最近、大きな病気が続いたので字画を自分で調べてみました。すると、結婚により名字が変わったことで字画がよくないことがわかりました。

 そこで、名前をカタカナから漢字に変えたいのですが、改名はできるのでしょうか。
 できるとすればどこへ手続に行けばいいのか教えていただけないでしょうか。

(40代後半:女性)

匿名弁護士

     姓名判断でよくないと出たので、名前を変える、というのはよくありそうな話です。

     しかし、戸籍法上、名の変更には「正当な事由」が必要とされており(戸籍法107条の2)、単に姓名判断で運勢が良くないという理由では認められません。


     「正当な事由」として名の変更が認められたものとしては、




    1. 営業上の目的から襲名する必要のある場合

    2. 近隣に同姓同名の人がいて社会生活上はなはだしく支障がある場合

    3. 長い間使用している通称に変更する場合(実務的には10年程度)

    4. 異性と紛らわしい場合

    5. 外国人と紛らわしい場合

    6. 神官・僧侶となった場合



    などがあります。


     そうした場合にあたる可能性があるようでしたら、名前の変更をしようとする本人(15歳未満の場合は法定代理人である父母が共同して)が、住所地の家庭裁判所に「名の変更の許可」を申し立てることになります。
     申立用紙は家庭裁判所にあり、申立費用は、印紙代・切手代を合わせても1,000円程度です。
     申立てが認められた場合、家庭裁判所の許可の審判書の謄本とともに、役場に届け出ることになります。



     なお、氏の変更には「やむを得ない事由」が必要とされており(戸籍法107条)、一般的には、当人にとって社会生活上、氏を変更しなければならない真にやむを得ない事情があるとともに、その事情が社会的、客観的に見ても是認されるものであることが必要です。

     具体的には、氏が珍奇であったり、難解、難読であったりして、その氏を名乗ることが社会生活を営む上で著しい支障を来たす場合や、その人の品格を傷つける場合などが挙げられます。

     手続としては、戸籍筆頭者が配偶者とともに住所地の家庭裁判所に「氏の変更の許可」を申し立てることになります。申立てが認められてからの手続は名の変更の場合と同じです。

2016年01月14日 19時43分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

時効を延長は可能なのでしょうか?

法律全般 2017年07月26日

慰謝料・損害賠償の時効があと一月後に迫っています。 内容証明郵便での時効の六ヶ月間延長をしたいのですが、そんなことで有効になるのでしょうか。よろしくお願いします。

不正駐車での調査料5万円は相当なのでしょうか?

法律全般 2017年07月26日

先日、コインパークで車止めの板を踏みつけたまま駐車していたので、 罰金7万円を支払うように、と手紙が届きました。 手紙にある日付・住所に駐車した覚えはありましたが、駐車場となりのお店の所有しているものと思ったので、その手紙の会社にメー...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

法律全般に強い弁護士

弁護士生活45年。「大切なのは法律知識ではなく、診断」ありとあらゆる分野に精通してます。

【初回法律相談無料】解決に向けた最良の選択をサポート致します。

丁寧な対応と、温かく親しみやすい雰囲気でお迎えすることを心がけております。

全てはお客様のために。迅速、丁寧、正確なサービスを追求します。初回相談30分無料

ページ
トップへ