「捨印」って、必要なの?

Legalus編集部さん 2015年07月14日

 先日、クレジット代金の銀行口座引き落し契約書に、「捨印」を捺印するよう指示がありました。
 この手の契約書にはよく見かけるのですが、もし「捨印」に重ねて別の契約内容を追記されてしまったらと思うと、危ない感じがするのです。
 「捨印」とはどのような意味を持つのでしょうか。「捨印」を捺印しないと契約は成立しないのでしょうか。



(40代:男性)

関連Q&A

誤納品による損害賠償請求について

法律全般 2017年01月24日

弊社の過失による誤納品があり、その商品を誤納品したことによりユーザーが機械の心臓部にあたる部品の交換工事ができませんでした。その事によりユーザー側から交換工事2回分(1回目の交換工事ができなかったが人工を集めた費用+次回の交換工事)と...

寄託契約による所有物の取り戻しの件

法律全般 2017年01月22日

以前実家の両親に、私の家財品他私物を預かり置いてもらっていました。両親他界後、私物など整理引き取りに行き、無いもの多数の為、実家後継者に返還を何度も請求しました。しかし、取りに来ないで置いとくのが悪い。知らない。などと嘘や屁理屈ばかり...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     「捨印」とは、契約書の記入ミスや脱字を簡易に処理するため、あらかじめ欄外に押捺することをいいます。銀行関係の書類などでは必ずといっていいほど点線でマルが印刷されていますね。
     処理するときは、捨印の上に「2字削除、2字追加」などと書くのですが、ご心配の通り、これは訂正権を相手に与えてしまったような行為で、危険なことこの上ありません。



     事務的な手続書類なら大丈夫とも思われますが、振込先や金額の改ざんをされたら後の祭り。訂正の筆跡が違っていても、それだけでは不当な改ざんであることを証明できません。
     ましてや、金銭消費貸借契約書(借用証書)や委任状、保証人に就職する書類などには、相手方と高度の信頼関係がある等特別な事情のない限り、要求されても捺さないほうが無難です。
     訂正箇所がないように初めから正確に記入しておけば、捨印は必要ありません。契約書の有効性が捨印の有る無しで左右されることもありません。

2015年07月14日

法律全般に強い弁護士

法律問題のご相談をお受けします。まずはご連絡下さい。

丁寧な説明を心がけています。

お客様の状況に応じた解決策をご提案致します。

依頼者の一番の味方となり、ベストな解決を目指します。まずはお気軽にご相談ください。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ