「捨印」って、必要なの?

Legalus編集部さん 2015年07月14日

 先日、クレジット代金の銀行口座引き落し契約書に、「捨印」を捺印するよう指示がありました。
 この手の契約書にはよく見かけるのですが、もし「捨印」に重ねて別の契約内容を追記されてしまったらと思うと、危ない感じがするのです。
 「捨印」とはどのような意味を持つのでしょうか。「捨印」を捺印しないと契約は成立しないのでしょうか。



(40代:男性)

関連Q&A

裁判和解調書の条項の趣旨について

法律全般 2016年12月04日

裁判和解調書の条項の一つに、ある問題については双方弁護士協議をする。と項目ある場合、本人は話に応じず、双方弁護士協議を検討中です。この様な時、強制できない。とか、和解調書の金額さえ支払い済みなら条項など無視する人も。など聞くと残念な気...

フェイシャルエステ整形取れた

法律全般 2016年12月03日

フェイシャルエステのときに二重整形取れたてしまいました アイメイクを落とすときに強く擦られました 2012年に整形しました ラインが薄くなることがあるのですが、明らかにラインがなくなりました どうしたらいいでしょうか?

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     「捨印」とは、契約書の記入ミスや脱字を簡易に処理するため、あらかじめ欄外に押捺することをいいます。銀行関係の書類などでは必ずといっていいほど点線でマルが印刷されていますね。
     処理するときは、捨印の上に「2字削除、2字追加」などと書くのですが、ご心配の通り、これは訂正権を相手に与えてしまったような行為で、危険なことこの上ありません。



     事務的な手続書類なら大丈夫とも思われますが、振込先や金額の改ざんをされたら後の祭り。訂正の筆跡が違っていても、それだけでは不当な改ざんであることを証明できません。
     ましてや、金銭消費貸借契約書(借用証書)や委任状、保証人に就職する書類などには、相手方と高度の信頼関係がある等特別な事情のない限り、要求されても捺さないほうが無難です。
     訂正箇所がないように初めから正確に記入しておけば、捨印は必要ありません。契約書の有効性が捨印の有る無しで左右されることもありません。

2015年07月14日

法律全般に強い弁護士

依頼者の一番の味方となり、ベストな解決を目指します。まずはお気軽にご相談ください。

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ