しつこい営業、どうにかできない?

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年01月07日 04時11分

 営業の訪問が大変しつこく閉口しています。初回訪問の時期は忘れたのですが、何度断っても2週間明けず営業にやって来て、記憶に残っているだけでも30回以上の訪問を受けていると思います。
 当初は、会社のイメージもあるため「必要があればこちらから連絡させていただきます」と丁寧に断っていました。しかし、あまりにもしつこいため、最近は直接「2度といらっしゃらないでください」「御社に仕事を依頼することはありません」とはっきりと断り、追い返しています。ですが、しばらくすると情報提供と称し、訪問してきます。
 窓口で対応するだけでも時間の無駄ですし、心情的にも2度と対応をしたくありません。
 法律でこのような営業を禁止しているものはないでしょうか?

(30代後半:女性)

匿名弁護士

     営業活動も度を超すと迷惑行為になりますが、これを法律の規定に基づいて断ることはなかなか難しいといえます。

     考えられる方法として、まず、特定商取引法による方法があります。訪問販売については、契約の締結に際して人を威迫して困惑させてはならないとする6条1項が、電話による勧誘については契約を締結しない旨の意思を表示した者に対する勧誘の禁止を規定した17条がそれぞれ当てはまるように思われます。
     しかし、これらの規定は購入者またはサービスの提供を受ける者が「営業のために」または「営業として」購入またはサービスの提供を受ける場合には適用が除外されています(同法26条1項)。このため、企業に対する営業活動には対応できないことになります(従業員に対する営業活動には場所が企業の建物内であっても適用されます)。

     そこで次に考えられるのが、刑法による方法です。まず、「帰ってください」と要求したにもかかわらず、居座り続ける場合には不退去罪130条後段)が成立する可能性があります。また、あまりに頻繁に訪問や電話があるために業務に支障を来すような場合には業務妨害罪233条234条)が成立する可能性があります。
     ただ、どちらにしても実際に罪が成立するのは、悪質性が高いものに限られますので、この件で警察に届けるというよりは、こうした罪が成立しうることを警告して帰ってもらうというのが現実的な対応だと思われます。

2014年01月07日 04時11分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

原告団への追加参加

法律全般 2017年07月21日

原告団が形成されて提訴というのはよくあるかと思いますが、提訴の後に原告団に参加することは可能なんでしょうか? 提訴の後に原告団に参加したいと意志表明したら、必ず追加提訴という形になるんでしょうか?

サッカーの試合中に相手を殴ってしまった場合の慰謝料とは?

法律全般 2017年07月21日

お恥ずかしいことなのですが、 草サッカーの試合中にラフプレイを受けて、興奮してしまい相手の方の横顔あたりを殴ってしまいました。 その時は興奮してしまっていて衝動的に手が出てしまいました。 冷静になってから思い返して自己嫌悪の繰り返しで...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

法律全般に強い弁護士

弁護士生活45年。「大切なのは法律知識ではなく、診断」ありとあらゆる分野に精通してます。

【初回相談無料】依頼者様の満足とご納得を最大の価値として全力でサポートいたします。

法律問題のご相談をお受けします。まずはご連絡下さい。

ページ
トップへ