ブランド品に手を加えたものを販売してもいい?

User image 1 匿名ユーザーさん 2015年06月20日 02時31分

 オリジナルTシャツの制作・販売が流行しているようです。
 ブランド品のシャツを購入し、独自のプリントを加えて、独自のブランドとして販売して良いのでしょうか?

(20代:男性)

匿名弁護士

 独創的な知識、技術などは、以前は無体財産とよばれていましたが、現在では知的財産権として注目される権利となっています。
 知的財産権とは、工業所有権4法(特許法実用新案法意匠法商標法)および著作権法によって保護されるところの、特許権実用新案権意匠権商標権著作権の総称です。これらの法律は、知的財産の権利者による独占を保障し、模倣防止、取引関係の信頼保護を主目的とするものです。



 ブランド品のデザインは、商標法の保護を受けています。それらをコピーしたり、改ざんして販売する行為は、商標法に違反し、また、不正競争防止法にも違反する行為となります。
 さらに、その商品が著作権法上の著作物にあたる場合は、複製権同一保持権などを侵害していると評価されます。


 注意すべきなのは、商標権以外の知的財産権は、一定年数経過すれば権利が消滅するのに対し(たとえば著作権は作者の死後50年で消滅します)、商標権は10年経過後、更新が可能であることです。
 したがって、古いブランドのデザインであっても、現在それを所有する企業により更新によって権利が保持されているはずですから、勝手に販売等することはできません。

 これらの行為を行なうと、警察の取締りの対象となるほか、権利者から損害賠償を請求されることもあります。

2015年06月20日 02時31分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

嘘を言いふらされ困っています

法律全般 2018年01月18日

Aと言う人に。 身に覚えもない全く逆の事を、ご近所だけではなく。隣の町(出かけていく先々で)大勢の方にまで。ない事ばかりの嘘を言いふらされています。 また、その根も葉もない事を聞いた内の一人(B)にも、更に同じ様に言いふらされています...

加入している保険の担当者が、私たち家族の個人情報を公の場で口外していました。

法律全般 2018年01月17日

加入している保険の担当者が、私たち家族の個人情報を公の場で口外していました。 医療にかかっていた為、病名、そして名前、年齢、年収等、世間話をするように話しており、話が殆ど聞こえました。 私たちの情報を元に第三者と会話をしており、聞こえ...

スマートフォンを壊された場合の慰謝料について

法律全般 2018年01月16日

3日前に高校2年生の弟が学校でスマートフォンを壊されました。 相手方は3年生で、弟は3年生の別の先輩に言われて写真を撮りに行った際にそのことが本人に気づかれ、データ消去を言われて操作中に取り上げられ床に叩きつけられた形です。 画面が粉...

投資目的で貸したお金が期限を過ぎても入金されない

法律全般 2018年01月16日

ある会社が新規事業起こす資金を得るためお金を募集しました。 金100万円を一年間の契約で利子5万円を付けて返す約束で(返済約束の書類有)貸しましたがまだ入金されていません、どの様にしたら返してもらえるのでしょうか。

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

法律全般に強い弁護士

【八丁堀駅徒歩4分】【初回相談無料】【当日/夜間/土日対応可】依頼者の皆さまの気持ちを大切にし、使い勝手の良い...

◆相談料無料◆夜間/土日相談可(要予約) まずは、ご相談ください。最善の解決に向けて全力でサポートいたします。

【不当解雇・雇止め・内定取消し又は債務整理の初回相談45分まで無料】労働事件・債務整理・マンションの法律問題に...

【初回相談無料】【夜間・土日祝・出張の相談可】悩み事が少しでも晴れますよう丁寧かつ誠実に対応します。

横浜駅徒歩3分。法的な悩み事はそのままにせず、専門家にお早めにご相談ください。※初回電話相談は30分まで無料です。

じっくりお話しを伺い,共に解決を目指していきます。

ページ
トップへ