ブランド品に手を加えたものを販売してもいい?

User image 1 匿名ユーザーさん 2015年06月20日 02時31分

 オリジナルTシャツの制作・販売が流行しているようです。
 ブランド品のシャツを購入し、独自のプリントを加えて、独自のブランドとして販売して良いのでしょうか?

(20代:男性)

匿名弁護士

 独創的な知識、技術などは、以前は無体財産とよばれていましたが、現在では知的財産権として注目される権利となっています。
 知的財産権とは、工業所有権4法(特許法実用新案法意匠法商標法)および著作権法によって保護されるところの、特許権実用新案権意匠権商標権著作権の総称です。これらの法律は、知的財産の権利者による独占を保障し、模倣防止、取引関係の信頼保護を主目的とするものです。



 ブランド品のデザインは、商標法の保護を受けています。それらをコピーしたり、改ざんして販売する行為は、商標法に違反し、また、不正競争防止法にも違反する行為となります。
 さらに、その商品が著作権法上の著作物にあたる場合は、複製権同一保持権などを侵害していると評価されます。


 注意すべきなのは、商標権以外の知的財産権は、一定年数経過すれば権利が消滅するのに対し(たとえば著作権は作者の死後50年で消滅します)、商標権は10年経過後、更新が可能であることです。
 したがって、古いブランドのデザインであっても、現在それを所有する企業により更新によって権利が保持されているはずですから、勝手に販売等することはできません。

 これらの行為を行なうと、警察の取締りの対象となるほか、権利者から損害賠償を請求されることもあります。

2015年06月20日 02時31分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

届いた委任契約書に私の加筆が認められるか

法律全般 2022年01月04日

保険金請求事件の委任契約書がとどきましたがその契約書の内容に加筆してもその加筆分を入れての契約とすることができますか。それが不可なら契約書を送らなければ自動的に委任しなくなりその保険金請求事件を依頼しないことになりますか。これは共有者...

レンタカーの車検証紛失。最初から渡されていなかった可能性有。休車期間の営業補償まで支払い義務発生?

法律全般 2021年11月22日

レンタカーの車検証の紛失で、車検証の再発行料と休車期間中の営業補償(約2週間)を請求されています。 レンタカーを長期契約していました。返却時に車検証が見つからず、上記のように請求されています。 返却時店頭では、「長期レンタル中の点検後...

トリミングサロン

法律全般 2021年10月27日

犬のトリミングサロンの経営者が不特定多数の人に事実とは異なることを言いふらし精神的に追い詰められています。これは何かの罪で訴える事は可能ですか?また預けていた愛犬の物を返却して欲しいのですが、返してもらえません。 これも何かの罪にあた...

電話での侮辱した言葉に対して不法行為として訴えたいのですが可能ですか?

法律全般 2021年08月04日

1時間以上に及ぶ電話で強圧的な言葉を浴びせられました。特に傷ついた言葉は「認知症だ、脳の機能がおかしい、」と言った言葉です。 1対1だと公然性にあたらないので侮辱・名誉棄損の要件にはならないとあるホームページの法律相談に記載されていま...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する