ブランド品に手を加えたものを販売してもいい?

Legalus編集部さん 2015年06月20日

 オリジナルTシャツの制作・販売が流行しているようです。
 ブランド品のシャツを購入し、独自のプリントを加えて、独自のブランドとして販売して良いのでしょうか?

(20代:男性)

関連Q&A

裁判和解調書の条項の趣旨について

法律全般 2016年12月04日

裁判和解調書の条項の一つに、ある問題については双方弁護士協議をする。と項目ある場合、本人は話に応じず、双方弁護士協議を検討中です。この様な時、強制できない。とか、和解調書の金額さえ支払い済みなら条項など無視する人も。など聞くと残念な気...

フェイシャルエステ整形取れた

法律全般 2016年12月03日

フェイシャルエステのときに二重整形取れたてしまいました アイメイクを落とすときに強く擦られました 2012年に整形しました ラインが薄くなることがあるのですが、明らかにラインがなくなりました どうしたらいいでしょうか?

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     独創的な知識、技術などは、以前は無体財産とよばれていましたが、現在では知的財産権として注目される権利となっています。
     知的財産権とは、工業所有権4法(特許法実用新案法意匠法商標法)および著作権法によって保護されるところの、特許権実用新案権意匠権商標権著作権の総称です。これらの法律は、知的財産の権利者による独占を保障し、模倣防止、取引関係の信頼保護を主目的とするものです。



     ブランド品のデザインは、商標法の保護を受けています。それらをコピーしたり、改ざんして販売する行為は、商標法に違反し、また、不正競争防止法にも違反する行為となります。
     さらに、その商品が著作権法上の著作物にあたる場合は、複製権同一保持権などを侵害していると評価されます。


     注意すべきなのは、商標権以外の知的財産権は、一定年数経過すれば権利が消滅するのに対し(たとえば著作権は作者の死後50年で消滅します)、商標権は10年経過後、更新が可能であることです。
     したがって、古いブランドのデザインであっても、現在それを所有する企業により更新によって権利が保持されているはずですから、勝手に販売等することはできません。

     これらの行為を行なうと、警察の取締りの対象となるほか、権利者から損害賠償を請求されることもあります。

2015年06月20日

法律全般に強い弁護士

依頼者の一番の味方となり、ベストな解決を目指します。まずはお気軽にご相談ください。

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ