地中から見つかったお金は誰のもの?

Legalus編集部さん 2014年10月15日

 先日、建設工事現場の地中からお金が出てきたというニュースを放送していました。
 番組の中では、「見つかったお金は誰のものか?」と論議されていたようですが、土地に埋まっていたものなのですから、現在のその土地の所有者のものではないのでしょうか?

(20代:女性)

関連Q&A

風俗店のホームページ用写真について

法律全般 2017年01月19日

以前、デリバリーヘルスでバイトをしていたものです。 在籍中にお店のホームページに写真を顔出しで掲載していました。 今はもう退店したので、その写真を削除してもらいたいのですが、 削除してくれません。 他にも同じような女の子が何人もいます...

携帯メールの内容を他人に見せたら?

法律全般 2017年01月18日

喧嘩をしたときに彼に送った携帯メールの彼を罵倒した内容のメールを、彼の承認がわりで、彼の母親が内容とともに私の名前や出身校を出して多数の人に見せていた場合名誉毀損や個人情報保護など法律にふれないのでしょうか? この母親は、この人はこん...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     地中に埋まっていた物のことを、「埋蔵物」といいます。他人の土地中で発見された埋蔵物の所有権が誰にあるかということについては、民法241条が規定しています。すなわち、「発見者とその土地の所有者が折半して所有権を取得」します。
     ただし、この規定は、所有者が誰か分からない埋蔵物について適用されるものです。所有者が明らかである場合や、所有者であると名乗り出る人がいる場合は、その人の元に返されます。


     もっとも、その物について所有権を主張する人は、自らが真正な所有者であると証明しなければなりません。
     今回の事件でいえば、単にその土地の前主であったことの証明では足らないことはもちろん、いつ頃、どのような事情で埋めたのか、その金をどうして得たのか等についても(大金であればやむを得ないでしょう)、警察に説明しなければならないでしょう。


     所有者が明らかとなった埋蔵物は、遺失物と同じような扱いを受けることになります。所有者は、遺失物法4条1項に基づき、発見者に報労金を支払わなければなりません。

2014年10月15日

法律全般に強い弁護士

【堺市】南海本線堺駅すぐ

丁寧な説明を心がけています。

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

「相談に行ってよかった」 お客様にそう思ってもらえるよう、お客様のお話を丁寧に聞き、的確なアドバイスが出来るよ...

法律問題のご相談をお受けします。まずはご連絡下さい。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ