地中から見つかったお金は誰のもの?

User image 1 Legalus編集部さん 2014年10月15日

 先日、建設工事現場の地中からお金が出てきたというニュースを放送していました。
 番組の中では、「見つかったお金は誰のものか?」と論議されていたようですが、土地に埋まっていたものなのですから、現在のその土地の所有者のものではないのでしょうか?

(20代:女性)

関連Q&A

元交際相手からの嫌がらせに、対抗できる手段を教えて下さい。

法律全般 2017年04月29日

私は39歳・女性・未婚です。 5年ほど前、同じ職場の既婚男性と「不倫関係」にありました。 彼の方から「付き合おう」と言われ、一度は断ったものの、当時は私も彼に好感を持っていた事もあり付き合う事にしました。 でも私は彼に対し、離婚を求め...

委任状を代筆した場合は有印私文書偽造になるのでしょうか?

法律全般 2017年04月29日

自動車の登録に使用する書類について おしえてください。 警察に提出する車庫証明申請書は有印公文書。 ディーラー経由で陸運局に提出する、登録に関する委任状は有印私文書。 の解釈でいいのでしょうか? 委任状には実印、印鑑証明を添付します。...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     地中に埋まっていた物のことを、「埋蔵物」といいます。他人の土地中で発見された埋蔵物の所有権が誰にあるかということについては、民法241条が規定しています。すなわち、「発見者とその土地の所有者が折半して所有権を取得」します。
     ただし、この規定は、所有者が誰か分からない埋蔵物について適用されるものです。所有者が明らかである場合や、所有者であると名乗り出る人がいる場合は、その人の元に返されます。


     もっとも、その物について所有権を主張する人は、自らが真正な所有者であると証明しなければなりません。
     今回の事件でいえば、単にその土地の前主であったことの証明では足らないことはもちろん、いつ頃、どのような事情で埋めたのか、その金をどうして得たのか等についても(大金であればやむを得ないでしょう)、警察に説明しなければならないでしょう。


     所有者が明らかとなった埋蔵物は、遺失物と同じような扱いを受けることになります。所有者は、遺失物法4条1項に基づき、発見者に報労金を支払わなければなりません。

2014年10月15日

法律全般に強い弁護士

おひとりで悩まず、まずはお気軽にご相談ください。※面談相談のみお受けいたします。電話やメールのみでの法律相談・...

クライアントファーストをモットーに、常にご依頼者様の視点に立った誠実な事件対応を心がけております。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ