離婚した姉に解約された生命保険、元夫に請求できる?

User image 1 Legalus編集部さん 2014年01月07日

 姉が無断で私の生命保険を解約してしまいました。
 解約当時、姉の夫は月50万ぐらいの収入がありましたが、2人の子どもの進学費、車購入、家購入、と出費がかさみ、支払いに困った末のことだと言って弁解しています。
 現在2人は離婚しているのですが、元夫に50万円を請求することができるでしょうか?

(40代:女性)

関連Q&A

車の名義人とお金を出した人が別 有利不利はあるの?

法律全般 2017年04月26日

車なんですが、お金を払った人は自由に使用でき、名義人の人は、使用するごとに前持ってお金を払った人に承諾を得なければならないのです。名義人よりお金を払った人の方が有利なのでしょうか?

傷害事件

法律全般 2017年04月22日

こんにちは。初めまして。 先日、私が軽自動車を運転していて、第一車線から第二車線へ車線変更しようと思い、ウィンカーを出しハンドルを少し右へ切ったところ、後ろからスピードを上げたワゴン車が接近してきたので車線変更をやめて第一車線へ戻りま...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     民法761条は、「夫婦の一方が日常の家事に関して第三者と法律行為をしたときは、他の一方はこれによって生じた債務について連帯してその責めに任ずる。...」と規定しています。
     「日常家事」とは、夫婦の共同生活に通常必要とされる一切の事項を含む、と解釈されています。そして、その具体的な内容は、その夫婦の社会的地位、職業、資産、収入などを含めて現実的生活状態によって個別的に決定されます。
     ある夫婦の生活にとっては「通常必要」なものであっても、別の夫婦にとっては贅沢品で、到底「日常家事」とはいえないこともあります。日常家事債務に含まれるか否かを形式的に決することは、妥当でないからです。

     2人の子どもの進学費用が「日常家事債務」に含まれることは、まず問題がないでしょう。
     しかし、車の購入費用は、日常家事債務と認められない可能性があります。購入した車の用途(通勤、通学に使用するためか、家業に必要であるのかなど)、車種、仕様などを総合的にみて判断されるでしょう。
     家についても同様で、購入の理由、支払い方法などを勘案して判断されるでしょう。
     住居は生活の拠点であり、生活に必要不可欠なものです。また、高価でもありますから、住居を購入するにつき妻の一存で決することは考えにくいと思います。夫も合意の上というのが普通でしょう。このような場合には、その住宅ローンの支払いは、日常家事と判断されると考えます。
     しかし、妻が投機のため独断で購入を決めたような場合には、認められない可能性が高いでしょう。

     なお、夫婦は現在離婚しているとのことですが、お金を費消した時点で夫婦生活が継続していたのであれば、請求に問題はありません。

2014年01月07日

法律全般に強い弁護士

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

【堺市】南海本線堺駅すぐ

20年以上の経験と実績があります。お一人で悩まず、まずはお気軽にご相談ください。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ