飲食物持ち込みによる罰金は正当?

Legalus編集部さん 2015年07月18日

 友人とカラオケに行った際、持ち込み飲食をしたのを店にみつかり、罰金1万円を請求されました。

 確かに、「持ち込み飲食は罰金をいただきます」との張り紙がありましたが、本当に払わないといけないんでしょうか?



(20代:男性)

関連Q&A

裁判和解調書の条項の趣旨について

法律全般 2016年12月04日

裁判和解調書の条項の一つに、ある問題については双方弁護士協議をする。と項目ある場合、本人は話に応じず、双方弁護士協議を検討中です。この様な時、強制できない。とか、和解調書の金額さえ支払い済みなら条項など無視する人も。など聞くと残念な気...

フェイシャルエステ整形取れた

法律全般 2016年12月03日

フェイシャルエステのときに二重整形取れたてしまいました アイメイクを落とすときに強く擦られました 2012年に整形しました ラインが薄くなることがあるのですが、明らかにラインがなくなりました どうしたらいいでしょうか?

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     カラオケ店とあなたは、「カラオケルームと設備を使い、それに対して料金を支払う」という内容の契約を締結しています。

     このような契約には、契約締結時に通常作成されるような契約書はありません。しかし、入店してカラオケルームの使用を申し入れ、店員が受け付けることで意思の合致があり、契約は有効に成立している、とみることができます。



     では、「使用時に飲食物を持ち込んではいけない」、そして「違反したときには罰金を払わなければならない」という特約は有効でしょうか。

     カラオケ屋などでは、部屋の使用料の他、飲み物やスナック類の提供によっても店は収益を上げています。したがって、持ち込みによってそれを妨げる行為を禁止しても、不当とはいえません。

     そして、そのような行為が禁止されている事実は、店員の説明やポスターの掲示によって、あらかじめ客側にも明らかにされていたというのですから、契約の内容となっています。したがって、違反すれば債務不履行となり、損害賠償を請求される理由となります。



     しかし、「罰金」という形で損害賠償の定めをするとしても、いくらに定めてもいいというわけではありません。その上限は、客が禁止行為をすることによって店が被る損害額を基準に定められるべきです。

     店側の損害は、客の人数、部屋の使用時間などにより違ってくるわけですが、「持ち込み行為がなければ注文されるはずだった金額にいくらか上乗せするほどの額」にとどめるべきと考えます。

     そうであるとしても、1万円では不当に高額であるから請求は無効である、とまではいえないでしょう。

2015年07月18日

法律全般に強い弁護士

依頼者の一番の味方となり、ベストな解決を目指します。まずはお気軽にご相談ください。

【堺市】南海本線堺駅すぐ

「相談に行ってよかった」 お客様にそう思ってもらえるよう、お客様のお話を丁寧に聞き、的確なアドバイスが出来るよ...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ