パチンコ店に落ちている玉は誰のもの?

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年04月23日 03時01分

 パチンコ屋の床に落ちている玉は、誰のものなのでしょうか。見るたびにもったいないな~と思うのですが。
 磁石を持ち込んで玉を集め、その玉で遊戯したら、何かの罪になるのでしょうか?

(20代:男性)

匿名弁護士

     他人の物を拾得する行為が何の罪になるかは、その物が「いまだ他人の占有にあるといえるかどうか」に関係します。
     物が他人の占有を離れたといえるような場合には、遺失物等横領罪刑法254条、1年以下の懲役または10万円以下の罰金もしくは科料)が成立するにとどまります。しかし、まだ他人の占有が継続しているならば、その物を拾得する行為は、他人の占有を排除し自己の支配下に置く行為となるため、窃盗罪刑法235条、10年以下の懲役)にあたります。
     一見落し物のように見えても、所有者が一時その場を離れただけでは占有が放棄されたものとはいえません。それを知って占有を奪えば窃盗罪が成立します。いわゆる置き引きなどがそうです。

     しかし、客が購入した玉が店の床に落ちて放置されている場合には、玉はもはや所有者の事実支配を離れたといえるでしょう。したがって、それを拾得しても遺失物横領にとどまる、とも思えます。
     しかし、所有者の事実支配を離れても、他の第三者の占有が認められ、窃盗にあたることがあります。例えば、旅館内の洗面所に置き忘れられた指輪は、所有者の支配を離れています。しかし、旅館の主人の占有下にあるといえますから、それを拾得すれば窃盗罪が成立するのです。
     客が落としたパチンコ玉も、この指輪の例と同じく、窃盗罪が成立すると考えてよいでしょう。

     また、窃盗行為が完了した後、盗まれた物が消費されたり壊されたりすることがあります。「不可罰的事後行為」といいます。このような行為は、違法性がその罪で評価されている範囲にとどまる場合は、別途罰せられることはありません。盗んできた壷を叩き壊しても、新たに器物損壊罪刑法261条)が成立することはありません。
     しかし、事後行為が新たな法益侵害と評価される場合は、別の罪が成立します。拾得した玉で遊戯し、さらに出玉を得れば、出玉に対する窃盗罪が成立する可能性があります。

2014年04月23日 03時01分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

原告団への追加参加

法律全般 2017年07月21日

原告団が形成されて提訴というのはよくあるかと思いますが、提訴の後に原告団に参加することは可能なんでしょうか? 提訴の後に原告団に参加したいと意志表明したら、必ず追加提訴という形になるんでしょうか?

サッカーの試合中に相手を殴ってしまった場合の慰謝料とは?

法律全般 2017年07月21日

お恥ずかしいことなのですが、 草サッカーの試合中にラフプレイを受けて、興奮してしまい相手の方の横顔あたりを殴ってしまいました。 その時は興奮してしまっていて衝動的に手が出てしまいました。 冷静になってから思い返して自己嫌悪の繰り返しで...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

法律全般に強い弁護士

弁護士生活45年。「大切なのは法律知識ではなく、診断」ありとあらゆる分野に精通してます。

【初回法律相談無料】 皆さまお一人お一人にあった,最適な解決をご案内します。まずはお気軽にご相談ください。

まずは,お気軽にご相談ください。

【初回法律相談無料】 お気軽にお問い合わせください。

ページ
トップへ