誤配郵便物を勝手に処分するなんて

Legalus編集部さん 2014年04月10日

 ネットオークションに出品している者です。落札者からの代金を定額小為替や切手で受け取ることが多いのですが、郵便配達員の誤配により、向かいに住む同姓同名の人のお宅に届けられることがしばしばあります。ところが、「ウチのじゃないから処分いたしました」というのです。
 郵便局と交渉し、賠償はしてもらいました。しかし、誤配とはいえ他人宛の郵便物を勝手に処分するのは罪にならないのでしょうか? この数年間で、合計金額は10万近くになっています。

(30代:女性)

関連Q&A

裁判和解調書の条項の趣旨について

法律全般 2016年12月04日

裁判和解調書の条項の一つに、ある問題については双方弁護士協議をする。と項目ある場合、本人は話に応じず、双方弁護士協議を検討中です。この様な時、強制できない。とか、和解調書の金額さえ支払い済みなら条項など無視する人も。など聞くと残念な気...

フェイシャルエステ整形取れた

法律全般 2016年12月03日

フェイシャルエステのときに二重整形取れたてしまいました アイメイクを落とすときに強く擦られました 2012年に整形しました ラインが薄くなることがあるのですが、明らかにラインがなくなりました どうしたらいいでしょうか?

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     誤配された郵便物を勝手に処分・拾得する行為は、遺失物横領罪刑法254条、1年以下の懲役または10万円以下の罰金もしくは科料)にあたります。

     向かいの住人は「処分した」と主張しているとのことですが、拾得した後(既遂後)の処分態様は、犯罪の成立に影響しません。
     「知らずに処分した」との主張も認められません。住所番地、郵便物の内容から他人宛のものであることは明白であり、しかも特定人の郵便物が繰り返し誤配されているという事情から、故意がなかったと主張することはできないと考えます。
     また、「郵便配達人の誤配によるものであるから自分には責任がない」と主張したとしても、認められません。例えば、風で吹き飛ばされてきた衣類などであっても同様です。

     本罪は、一般に比較的軽い犯罪であると認識されています。しかし、被害額が高額であること、また長期にわたって何度も繰り返されていること、行為者に反省の態度がない(また被害に遭う可能性が高い)こと等を考えて、警察に被害届を出しておかれることをお勧めします。
     なお、ご相談の事情の下では、民事手続により損害額を賠償させることも可能と考えます。

2014年04月10日

法律全般に強い弁護士

「相談に行ってよかった」 お客様にそう思ってもらえるよう、お客様のお話を丁寧に聞き、的確なアドバイスが出来るよ...

法律問題のご相談をお受けします。まずはご連絡下さい。

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ