人が亡くなった時、どうすればいい?

Legalus編集部さん 2014年11月18日

 妻が、「あなたが死んだとき、死体を始末するのがいやだ」と言っています。
 外国では、親族に代わって、医師の死亡診断書を取ったり、埋葬等をしてくれたりするサービスがあると聞きました。日本では、そのような事は可能なのでしょうか?

(50代:男性)

関連Q&A

風俗店のホームページ用写真について

法律全般 2017年01月19日

以前、デリバリーヘルスでバイトをしていたものです。 在籍中にお店のホームページに写真を顔出しで掲載していました。 今はもう退店したので、その写真を削除してもらいたいのですが、 削除してくれません。 他にも同じような女の子が何人もいます...

携帯メールの内容を他人に見せたら?

法律全般 2017年01月18日

喧嘩をしたときに彼に送った携帯メールの彼を罵倒した内容のメールを、彼の承認がわりで、彼の母親が内容とともに私の名前や出身校を出して多数の人に見せていた場合名誉毀損や個人情報保護など法律にふれないのでしょうか? この母親は、この人はこん...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     人が亡くなったとき、どのような手続を経て、葬儀に至るのでしょうか。
     死亡原因には、病死、交通事故死、海や山での遭難死、自殺や他殺など、さまざまなものがありますが、手続は死亡原因によって異なります。
     病死の場合、医師に連絡して死亡診断書を作成してもらいます。死亡診断書が作成されるまで、遺体に触れたり動かしたりしてはいけません。
     事故死、変死、自殺などによる死亡の場合は、警察医による検死が必要となります。遺体は監察医務院等に運ばれ、検死を受けたあと遺族に返されます。他殺の疑いのあるときには、司法解剖に回されます。検死が終わったら、警察医から死体検案書が交付されます。

     次に、戸籍法の規定により、死亡後1週間以内に死亡届を出さなければなりません。死亡届は、死亡診断書を添付して、死亡年月日、時間、死亡場所、性別、職業、配偶者の有無、生存配偶者の生年月日などを記入して、死亡した土地の市区町村役場の戸籍係に提出します。死亡届を行う人は、同居の親族、親族以外の同居者、家主、地主または土地家屋の管理人です。
     しかし、法律行為や準法律行為は委任民法643条656条)によってすることが認められていますから、以上の手続も、誰かに受任者あるいは使者として代行してもらえばよいわけです。実際に特定の人(例:奥様)がなす義務があるわけではありません。
     実際には、親族中の方や、葬儀社がしてくれることが多いようです。

2014年11月18日

法律全般に強い弁護士

【堺市】南海本線堺駅すぐ

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

依頼者の一番の味方となり、ベストな解決を目指します。まずはお気軽にご相談ください。

法律問題のご相談をお受けします。まずはご連絡下さい。

丁寧な説明を心がけています。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ