名義を貸して受けた損害、相手に請求できる?

User image 1 匿名ユーザーさん 2015年05月08日 02時56分

 友人である中古車販売業者に「すぐ名義変更するから、それまで一件書類を貸してほしい」と頼みこまれ、1台分の名義変更用書類を渡しました。
 ところが、彼はその書類を2台分の登録に使ったばかりか、自動車税の支払いも怠っています。車の所在、実際の所有者も不明のままです。
 今後不法投棄などの費用請求が発生した場合、友人に一部または全部の負担を請求できるのでしょうか?(私も車の仕事をしており、名義を貸したことの違法性も認識しております)

(50代:男性)

匿名弁護士

 本件は、クレジットカードなどの「名義貸し」と同様の問題です。
 近頃、「クレジットカードが作れなくて困っている。迷惑はかけないから名前だけ貸してほしい」と申し向けて、借入れを繰り返したあげく行方をくらまし、本人が思いもよらない請求を受ける、という事件が増加しています。


 この「名義貸し」では、本人が自らの名義を他人に貸しているのですが、本件ではそれが他人の名義であるという点が違います。しかし、貸した人が借りた人以外の第三者に対抗できない点では同じです。「対抗できない」とは、「名義を貸しただけだから自分に責任はない。借りた相手が悪用しただけだ」と主張して責任を免れることはできない、という意味です。


 自動車は、登録制度による公示がなされています。公示制度とは、取引の安全を図るため、権利の所在を外形的に表示し、それを信じて取引に入った者に一定の保護を与える制度です。不動産については登記制度が取られています。通常の動産は、公示の方法もないうえ、大量の取引を公示するのは不可能なこともあって公示制度がとられていません。しかし、自動車の場合には、自動車税の徴収という行政上の必要性からも、登録制度が取られているのです。


 公示制度は、取引の安全を図るとともに、外部に対して責任の所在を明らかにするものでもあります。したがって、不法投棄等による処理費用の請求は名義人に対してなされ、名義人は──登録申請書が不当に改ざんされたなど、自らに帰責性なくなされた不実な登録である場合を除いて──それを拒むことはできません。
 しかし、友人にその一部または全部を負担させることは認められます。名義貸し自体が違法な契約なので、訴訟などで争う場合には、契約違反を理由に責任を追及することは難しいのです。しかし、本件において友人が全責任を免れるのは不合理ですから、当事者間では求償権の行使として責任を負担させることができると考えます。

2015年05月08日 02時56分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

前のアパートに残した私物の取り返し

法律全般 2018年01月12日

引越しにともない前の会社の借上げアパートの寮に私物を残してきました。 問い合わせたところそれはないと会社側と不動産会社側が言いました。 勝手に処分したみたいです。とても必要な物の為なくなることはありません。 取り返したい。損害賠償を求...

約5年前の水道代の請求がありました。

法律全般 2018年01月12日

水道代の請求がきてました。 引っ越しをして5年がたちました。 支払ったと思っていたのですが、請求書がきているので、おどろきました。 違う県から引っ越しをしたので、再度確認してきちんと支払いをするべきなのでしょうか? 時効の援用の手続き...

飲み会で無くなった30万円の損害賠償

法律全般 2018年01月11日

友人3人で店で酒を飲んだ際に、無くなった現金30万の責任に関して質問させていただきます。 友人3人での飲み会がありました。 そのうちの1人(以下Aさん)は現金30万を下ろして持ってきていました。 わたしと友人(以下Bさん)は、その現金...

携帯の名義人ともめています。被害届を出されたら即逮捕??

法律全般 2018年01月09日

付き合っていた彼氏に携帯の名義をかりてます。 月の携帯代は自分で支払いしてます。 ですが今月、約束の期限までに払えませんでした。 払ってもらえなかったり携帯返してもらえなかったら被害届と盗難届を出すといわれてました。 たぶん、今日明日...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

法律全般に強い弁護士

じっくりお話しを伺い,共に解決を目指していきます。

【八丁堀駅徒歩4分】【初回相談無料】【当日/夜間/土日対応可】依頼者の皆さまの気持ちを大切にし、使い勝手の良い...

退職トラブルについては当職へご相談ください。お話を真摯に伺い、最良の選択肢を提案します。

【不当解雇・雇止め・内定取消し又は債務整理の初回相談45分まで無料】労働事件・債務整理・マンションの法律問題に...

企業法務から、男女間のトラブルまで、他の弁護士がちょっと受任をためらうような困難な案件であっても、そこに「正義...

弁護士生活45年。「大切なのは法律知識ではなく、診断」ありとあらゆる分野に精通してます。

ページ
トップへ