青キップを踏み倒し続けるとどうなる?

User image 1 Legalus編集部さん 2014年01月28日

 私の友人で、交通違反反則金の青キップ(交通反則告知書)を踏み倒し続けている人がいます。
 このまま支払い催告を無視し続けると、最終的にはどのようになってしまうのでしょうか?

(40代:男性)

関連Q&A

元交際相手からの嫌がらせに、対抗できる手段を教えて下さい。

法律全般 2017年04月29日

私は39歳・女性・未婚です。 5年ほど前、同じ職場の既婚男性と「不倫関係」にありました。 彼の方から「付き合おう」と言われ、一度は断ったものの、当時は私も彼に好感を持っていた事もあり付き合う事にしました。 でも私は彼に対し、離婚を求め...

委任状を代筆した場合は有印私文書偽造になるのでしょうか?

法律全般 2017年04月29日

自動車の登録に使用する書類について おしえてください。 警察に提出する車庫証明申請書は有印公文書。 ディーラー経由で陸運局に提出する、登録に関する委任状は有印私文書。 の解釈でいいのでしょうか? 委任状には実印、印鑑証明を添付します。...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     道路交通法に定める駐停車禁止規則に違反した場合に納付が義務付けられる反則金は、「交通反則通告制度」に基づくものです。この制度は、違反行為が比較的軽微な反則行為については、一定期間内(通常は8日間)に定額の反則金を納めれば、刑事裁判や家庭裁判所の審判を受けないで事件が処理されるという仕組みです。
     したがって、催告を受けたにもかかわらず反則金を納めないと、処理は裁判所での審判に移行することになります。

     ところが、交通違反の件数は膨大ですから、それら全てに対して通常の裁判手続を行うことは事務処理上不可能です。そこで、簡易に事件を処理するための制度として、「略式裁判」があります。これは、本人が略式裁判形式で審判を受けることを承諾した場合には、即日判決が下されるというものです。
     しかし、指定された日に裁判所に出頭する義務を負い、裁判官の審理を受けることに変わりはありません。平日のほぼ一日中を、裁判所で過ごすことになります。その上、判決によって確定した罰金は即納しなければなりません。
     それを思えば、違反行為自体を否認するなど特別な場合でない限り、反則金納付で済むうちに払っておく方が賢明です。

     なお、違反行為が極めて悪質な場合や再犯率が高いなど、罰金刑以上の処罰が適当と判断された場合には、略式裁判ではなく通常裁判手続きで処理される事もあります。点数の高い違反行為を繰り返している人は要注意です。

2014年01月28日

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ