乱交パーティーに参加しても摘発されない?

User image 1 匿名ユーザーさん 2015年12月08日 18時38分

 インターネットで乱交パーティーのHPを見つけました。ホテルのスイートルームで毎日開催していて、参加費は2万円。ホテルの代金及び運営費ということです。 興味があり参加してみたいのですが、「摘発」「処罰」という言葉が頭からはなれません。リスクを背負ってまで遊ぶ勇気はないのです。 乱交パーティーは犯罪行為なのでしょうか?摘発される事はあるのでしょうか?

(30代:男性)

匿名弁護士

     不特定多数の異性と性的関係を持つこと自体は、犯罪行為ではありません。たとえば友人・知人同志が合意の上でする行為は、倫理的には問題があるとしても、法律的に犯罪行為であるとはいえません。
     しかし、主催者がホームページなどに広告を出し、特に参加者から会費等の名目で金銭を徴収している場合には、犯罪行為として以下のような罪が問題となる可能性があります。
     
     まず、参加者のうちに児童がいた場合、児童買春禁止法(児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律)で処罰される可能性があります。(この法律において「児童」とは、18歳に満たない者をいいます。(第2条))
     また、参加者が後に「実は強要された行為であった」等と訴え出た場合、他の参加者は、強制わいせつ罪(刑法178条)、強姦罪(177条)、集団強姦罪(178条の2)等の罪に問われる可能性があります。このうち、集団強姦罪は、無期懲役まである重罪となっています。
     特に、主催者が悪質だった場合、参加者全員が芋づる式に警察の取調べを受ける可能性があります。
     あなた個人が結果的には逮捕や起訴処分を受けずに済んだとしても、被疑者として取調べ段階で受けるリスクは、あなたが負うことになります。任意捜査の段階でも、取調べはかなり厳しいものとなる虞れは十分にあるのです。

     また、民事上の責任を負う可能性があります。参加者から不法行為による損害賠償の請求を受ける可能性は否定できません。これは刑事責任とは別のものなので、刑法上の責任は免かれても、裁判所の判断によっては、損害賠償金を払わなければならないことがあります。
     
     最後に、そもそも、このようなパーティーが「実現」するのか、疑わしいものです。主催者の中には、会費を銀行に振り込ませ、開催を延期したまま逃走したり、会費を徴収した後、男性会員をバスに集め、開催地まで送ってそのまま放置したり、という詐欺を働くものがあります。
     そのような場合、かかるパーティーを開催・参加するという契約は公序良俗に反した行為(民法90条)であるため、払った会費は不法原因給付708条)となります。
     つまり、払った会費を取り戻そうとして裁判などを起こしても法が助力してくれることはなく、諦めるしかなくなるということです。

2015年12月08日 18時38分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

原告団への追加参加

法律全般 2017年07月21日

原告団が形成されて提訴というのはよくあるかと思いますが、提訴の後に原告団に参加することは可能なんでしょうか? 提訴の後に原告団に参加したいと意志表明したら、必ず追加提訴という形になるんでしょうか?

サッカーの試合中に相手を殴ってしまった場合の慰謝料とは?

法律全般 2017年07月21日

お恥ずかしいことなのですが、 草サッカーの試合中にラフプレイを受けて、興奮してしまい相手の方の横顔あたりを殴ってしまいました。 その時は興奮してしまっていて衝動的に手が出てしまいました。 冷静になってから思い返して自己嫌悪の繰り返しで...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

法律全般に強い弁護士

弁護士生活45年。「大切なのは法律知識ではなく、診断」ありとあらゆる分野に精通してます。

どんなお悩みでもお気軽にご相談ください。弁護士があなたのお悩みを解決します。

いつも話しやすくフレンドリーでありたいと思っています

【初回相談は1時間無料です】お客様にとっての最善策を追求します

ページ
トップへ