預けた地金が店の定休日に値上りしたが・・

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年10月21日 03時46分

 金の地金を売却するため、ある店に預けました。


 翌週、鑑定の結果がでるという旨の電話が留守電に入っていました。そこで次の日、直接売却を依頼するため来店すると、店が休み。最初来店した時も、留守番電話のメッセージにも、地金の預かり証にも、定休日は明示されていませんでした。


 残念な事に、その日、値が上がりました。次の日も(値が戻れば問題無かったのですが)値が下がり、また次の日更に下がったので、再度店に行き、定休日の時点の値段での買取りを要求しました。


 しかし、「当店には過失はない。定休日を確認しなかった方に過失がある」という理由で、定休日の値段での買取りを拒否されました。


 契約を解除するか、現在の値段で売却するかを通告されています。これでは一方的に不利な気がします。仕方がないのでしょうか?

(40代:男性)

匿名弁護士

 金や株式など、価格に変動がある商品の売買の委託契約においては、どの時点で売却するかが重要になります。


 客の立場としては、預けた期間のうちの最高値で売ってほしいと望むところです。


 しかし、常識的な解釈をすれば、事後的に、常に最高価格での売買を要求するのは無理というものです。そう考えなければ、どんな場合でも売主が有利な立場に立つことになって、商慣習にも反するのではないでしょうか。


 ただし、当初地金を預けた際、「これからの一週間の最高値で買い取る」というような合意があれば、店としてはその価格で買い取らなければなりません。


 契約上、定休日の売買が特に示されていない場合には、通常わが国で行われている売買委託契約の合理的意思解釈として、定休日に売買を行う義務は店側にないと考えます。


 これは、定休日が客に明示されていたか否かの問題ではありません。なぜなら、たとえ定休日が明示されていたとしても、その日に売買することは業務上不可能です。また、偶々休日に価格が上がって高値になったとしても、それは結果論に過ぎないからです。


 また、そう考えなければ、どんな場合でも地金の売主が有利な立場に立つことになって、商慣習にも反するのではないでしょうか

2014年10月21日 03時46分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

今後の生活どうしたらいいのでしょうか?

法律全般 2019年09月01日

私はいま、働けない状況で親と暮らしてます。 母は働けないので父だけの収入で 暮らしてます。 父が倒れた場合、 今住んでる賃貸の家賃も払えません。 その場合、どうなりますか? 出ていかなければなりませんよね。 また、父が亡くなった場合に...

シャム双生児に対する懲役刑等の執行について

法律全般 2019年08月22日

freaksという映画を見て思ったのですが、シャム双生児の一方が犯罪を犯した場合、懲役刑や禁固刑、拘留、死刑などはどのように執行されるのでしょう? 犯罪を行なっていないもう一方も巻き込んで行うことになるのでしょうか? また、逮捕による...

お寺でもない民間人の従兄より突然永代供養費用を要求されていますが、

法律全般 2019年08月17日

父親が自分の墓を生前に四国の故郷に先祖代々の場所に建てて、10年前に亡くなり、そこに納骨しました。私は大阪に住んでいるためあまりお墓参りには行けません。10年後の今年に突然四国の従兄より永代供養をするので500万円よこせといわれ、それ...

罪に問えるか

法律全般 2019年08月05日

両親に対し「お前の子どもは犯罪者」と嘘のメールを送りつけ、印象を操作して悪いイメージを植え付けようとした嫌がらせと名誉を傷つけるようなことをしてきた人間に対し、なんらかの法的手段をとることはできますか?

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

ページ
トップへ