預けた地金が店の定休日に値上りしたが・・

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年10月21日 03時46分

 金の地金を売却するため、ある店に預けました。


 翌週、鑑定の結果がでるという旨の電話が留守電に入っていました。そこで次の日、直接売却を依頼するため来店すると、店が休み。最初来店した時も、留守番電話のメッセージにも、地金の預かり証にも、定休日は明示されていませんでした。


 残念な事に、その日、値が上がりました。次の日も(値が戻れば問題無かったのですが)値が下がり、また次の日更に下がったので、再度店に行き、定休日の時点の値段での買取りを要求しました。


 しかし、「当店には過失はない。定休日を確認しなかった方に過失がある」という理由で、定休日の値段での買取りを拒否されました。


 契約を解除するか、現在の値段で売却するかを通告されています。これでは一方的に不利な気がします。仕方がないのでしょうか?

(40代:男性)

匿名弁護士

     金や株式など、価格に変動がある商品の売買の委託契約においては、どの時点で売却するかが重要になります。


     客の立場としては、預けた期間のうちの最高値で売ってほしいと望むところです。


     しかし、常識的な解釈をすれば、事後的に、常に最高価格での売買を要求するのは無理というものです。そう考えなければ、どんな場合でも売主が有利な立場に立つことになって、商慣習にも反するのではないでしょうか。


     ただし、当初地金を預けた際、「これからの一週間の最高値で買い取る」というような合意があれば、店としてはその価格で買い取らなければなりません。


     契約上、定休日の売買が特に示されていない場合には、通常わが国で行われている売買委託契約の合理的意思解釈として、定休日に売買を行う義務は店側にないと考えます。


     これは、定休日が客に明示されていたか否かの問題ではありません。なぜなら、たとえ定休日が明示されていたとしても、その日に売買することは業務上不可能です。また、偶々休日に価格が上がって高値になったとしても、それは結果論に過ぎないからです。


     また、そう考えなければ、どんな場合でも地金の売主が有利な立場に立つことになって、商慣習にも反するのではないでしょうか

2014年10月21日 03時46分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

原告団への追加参加

法律全般 2017年07月21日

原告団が形成されて提訴というのはよくあるかと思いますが、提訴の後に原告団に参加することは可能なんでしょうか? 提訴の後に原告団に参加したいと意志表明したら、必ず追加提訴という形になるんでしょうか?

サッカーの試合中に相手を殴ってしまった場合の慰謝料とは?

法律全般 2017年07月21日

お恥ずかしいことなのですが、 草サッカーの試合中にラフプレイを受けて、興奮してしまい相手の方の横顔あたりを殴ってしまいました。 その時は興奮してしまっていて衝動的に手が出てしまいました。 冷静になってから思い返して自己嫌悪の繰り返しで...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

法律全般に強い弁護士

弁護士生活45年。「大切なのは法律知識ではなく、診断」ありとあらゆる分野に精通してます。

【初回法律相談無料】 お気軽にお問い合わせください。

いつも話しやすくフレンドリーでありたいと思っています

全てはお客様のために。迅速、丁寧、正確なサービスを追求します。初回相談30分無料

依頼者のために最善を尽くしていきます

ページ
トップへ