預かっていた落し物を無くしたコンビニに責任はある?

Legalus編集部さん 2015年05月09日

 コンビニから「定期券を落としましたね、預かっておくので取りに来てください」と連絡がありました。オフィスからは遠いコンビニでしたので、4日後の休日に取りに行ったところ、「ちょっと前までここにあったのですが...」と言われ、結局受け取ることができませんでした。
 定期券の価値は2万円弱ですが、パスケースがブランド物で2万円程度のものです。落し物を紛失された場合、損害賠償請求はできるのでしょうか?


(30代:男性)

関連Q&A

裁判和解調書の条項の趣旨について

法律全般 2016年12月04日

裁判和解調書の条項の一つに、ある問題については双方弁護士協議をする。と項目ある場合、本人は話に応じず、双方弁護士協議を検討中です。この様な時、強制できない。とか、和解調書の金額さえ支払い済みなら条項など無視する人も。など聞くと残念な気...

フェイシャルエステ整形取れた

法律全般 2016年12月03日

フェイシャルエステのときに二重整形取れたてしまいました アイメイクを落とすときに強く擦られました 2012年に整形しました ラインが薄くなることがあるのですが、明らかにラインがなくなりました どうしたらいいでしょうか?

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     遺失物法によると、コンビニのような「建築物」あるいは「施設」の中での落し物は、最終的には、その「施設」等の占有者に届けることとされています(同法4条2項)。ここで施設の占有者とは、コンビニの店主になります。占有者は、落し物を速やかに遺失者に返還するか、警察署長に差出さなくてはなりません(同法13条1項)。


     コンビニがあなたに電話をして、定期券を返そうとしたことは、この法律に則った行為といえます。

     同法15条は、施設の占有者に対し、遺失者に返還し、又は警察署長に提出するまでの間、これを善良な管理者の注意をもって取り扱わなければならないと定めています。コンビニ等の店舗で落し物を預かる場合には、引き出しに入れておく程度の注意義務は、一般に要求されるといえるでしょう。「ちょっと前までここにあったのですが...」という対応では、注意義務を果たしてはいないように思われます。コンビニで、どのように保管していたのか事情を尋ねてみる必要があります。

     コンビニが注意義務を果たしていない場合には、債務不履行責任として損害賠償請求が可能です。もっとも、損害額については、定期入れがあなたに返却されていた場合には、あなたはその価格の5%から20%の報労金を払うことになっていたのですから(同法28条)、その分を差引いた額とすべきでしょう。

2015年05月09日

法律全般に強い弁護士

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ