資格の喪失要件について

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年11月19日 01時02分

社会福祉士及び介護福祉士法では、資格喪失要件として「禁錮以上の刑に処せられた者」が規定されています


先日、道路交通法に違反し、執行猶予付き実刑を宣告されました。これは資格喪失要件に該当するのでしょうか。


(30代:女性)

匿名弁護士

     刑法10条1項は、「主刑の軽重は、前条に規定する順序による」と規定しています。そこで9条をみると、「死刑、懲役、禁錮、罰金、拘留及び科料を主刑とし、没収を付加刑とする」となっています。


     したがって、「禁錮以上の刑」とは、懲役刑禁錮刑を意味します。


     次に、執行猶予とは、3年以下の懲役もしくは禁錮又は50万円以下の罰金の言渡を受けたとき、情状によって、裁判が確定した日から1年以上5年以下の期間、その執行を猶予することができる、という規定です(刑法25条1項)。


     すなわち、犯情により、必ずしも現実的な刑の執行を必要としない場合に、一定期間刑の執行を猶予する。そしてその猶予期間を無事経過したときは、刑罰権自体を消滅させる制度なのです。


     そこで、もしあなたが1年ないし5年の間、罪を犯さずに過ごした場合には、その罪(今回ならば道路交通法違反の罪)について刑罰を受けることはなくなりますが、一定の場合には、執行猶予が取消され、刑に服しなければなりません(刑法26条26条の2)。



     ところで、ご相談文には、「執行猶予付き実刑」とあります。


     一般に、「実刑」とは執行猶予がつかない場合(即、刑罰を受けなければならない場合)をいいますので、「執行猶予付き実刑」というのは矛盾していますし、「刑」が何であるかもご相談文からは判断がつきません。


     しかし、宣告刑が罰金、禁錮、懲役のいずれであっても、執行猶予が付いているのであれば「刑に処せられた」とはいえないので、資格喪失要件にあたりません。ご安心ください。


     もっとも、前述のとおり、執行猶予期間に重ねて罪を犯すようなことがあれば、執行猶予が取消され、「刑に処せられ」てしまう可能性があります。


     せっかく取得した資格を失わないよう、くれぐれも注意してください。

2014年11月19日 01時02分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

会社保有の自転車の中にいつの間にか盗難自転車が紛れ込んでいた

法律全般 2017年07月28日

会社で社員の通勤用に自転車を30台以上保有しています。 今日、社員が自転車に乗っていたところ警察に呼び止められ、盗難自転車であると言われました。 警察によると盗難届けは6年前。乗っていた社員は外国人で来日して1年半なので、その社員が盗...

障害を持っている人から金銭を借りる人がいます、法的に問題ではないでしょうか?

法律全般 2017年07月27日

被害者が発達障害をお持ちの方で何をどうしたら良いか自ら判断出来ない為 代理で質問させて下さい。 知的障害を伴わない発達障害を持っている知人(男性30代)がいるのですが、 ニートやひきこもりの支援をしていると言う人から「一緒に仕事をしよ...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

法律全般に強い弁護士

弁護士生活45年。「大切なのは法律知識ではなく、診断」ありとあらゆる分野に精通してます。

【秘密厳守】【初回相談30分無料】【夜間土日対応可】一人で悩まず相談してください。必ずあなたの力になります。

お客様一人一人にあった解決方法をご提案します

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

ページ
トップへ