資格の喪失要件について

Legalus編集部さん 2014年11月19日

社会福祉士及び介護福祉士法では、資格喪失要件として「禁錮以上の刑に処せられた者」が規定されています


先日、道路交通法に違反し、執行猶予付き実刑を宣告されました。これは資格喪失要件に該当するのでしょうか。


(30代:女性)

関連Q&A

裁判和解調書の条項の趣旨について

法律全般 2016年12月04日

裁判和解調書の条項の一つに、ある問題については双方弁護士協議をする。と項目ある場合、本人は話に応じず、双方弁護士協議を検討中です。この様な時、強制できない。とか、和解調書の金額さえ支払い済みなら条項など無視する人も。など聞くと残念な気...

フェイシャルエステ整形取れた

法律全般 2016年12月03日

フェイシャルエステのときに二重整形取れたてしまいました アイメイクを落とすときに強く擦られました 2012年に整形しました ラインが薄くなることがあるのですが、明らかにラインがなくなりました どうしたらいいでしょうか?

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     刑法10条1項は、「主刑の軽重は、前条に規定する順序による」と規定しています。そこで9条をみると、「死刑、懲役、禁錮、罰金、拘留及び科料を主刑とし、没収を付加刑とする」となっています。


     したがって、「禁錮以上の刑」とは、懲役刑禁錮刑を意味します。


     次に、執行猶予とは、3年以下の懲役もしくは禁錮又は50万円以下の罰金の言渡を受けたとき、情状によって、裁判が確定した日から1年以上5年以下の期間、その執行を猶予することができる、という規定です(刑法25条1項)。


     すなわち、犯情により、必ずしも現実的な刑の執行を必要としない場合に、一定期間刑の執行を猶予する。そしてその猶予期間を無事経過したときは、刑罰権自体を消滅させる制度なのです。


     そこで、もしあなたが1年ないし5年の間、罪を犯さずに過ごした場合には、その罪(今回ならば道路交通法違反の罪)について刑罰を受けることはなくなりますが、一定の場合には、執行猶予が取消され、刑に服しなければなりません(刑法26条26条の2)。



     ところで、ご相談文には、「執行猶予付き実刑」とあります。


     一般に、「実刑」とは執行猶予がつかない場合(即、刑罰を受けなければならない場合)をいいますので、「執行猶予付き実刑」というのは矛盾していますし、「刑」が何であるかもご相談文からは判断がつきません。


     しかし、宣告刑が罰金、禁錮、懲役のいずれであっても、執行猶予が付いているのであれば「刑に処せられた」とはいえないので、資格喪失要件にあたりません。ご安心ください。


     もっとも、前述のとおり、執行猶予期間に重ねて罪を犯すようなことがあれば、執行猶予が取消され、「刑に処せられ」てしまう可能性があります。


     せっかく取得した資格を失わないよう、くれぐれも注意してください。

2014年11月19日

法律全般に強い弁護士

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

【堺市】南海本線堺駅すぐ

依頼者の一番の味方となり、ベストな解決を目指します。まずはお気軽にご相談ください。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ