資格の喪失要件について

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年11月19日 01時02分

社会福祉士及び介護福祉士法では、資格喪失要件として「禁錮以上の刑に処せられた者」が規定されています


先日、道路交通法に違反し、執行猶予付き実刑を宣告されました。これは資格喪失要件に該当するのでしょうか。


(30代:女性)

匿名弁護士

 刑法10条1項は、「主刑の軽重は、前条に規定する順序による」と規定しています。そこで9条をみると、「死刑、懲役、禁錮、罰金、拘留及び科料を主刑とし、没収を付加刑とする」となっています。


 したがって、「禁錮以上の刑」とは、懲役刑禁錮刑を意味します。


 次に、執行猶予とは、3年以下の懲役もしくは禁錮又は50万円以下の罰金の言渡を受けたとき、情状によって、裁判が確定した日から1年以上5年以下の期間、その執行を猶予することができる、という規定です(刑法25条1項)。


 すなわち、犯情により、必ずしも現実的な刑の執行を必要としない場合に、一定期間刑の執行を猶予する。そしてその猶予期間を無事経過したときは、刑罰権自体を消滅させる制度なのです。


 そこで、もしあなたが1年ないし5年の間、罪を犯さずに過ごした場合には、その罪(今回ならば道路交通法違反の罪)について刑罰を受けることはなくなりますが、一定の場合には、執行猶予が取消され、刑に服しなければなりません(刑法26条26条の2)。



 ところで、ご相談文には、「執行猶予付き実刑」とあります。


 一般に、「実刑」とは執行猶予がつかない場合(即、刑罰を受けなければならない場合)をいいますので、「執行猶予付き実刑」というのは矛盾していますし、「刑」が何であるかもご相談文からは判断がつきません。


 しかし、宣告刑が罰金、禁錮、懲役のいずれであっても、執行猶予が付いているのであれば「刑に処せられた」とはいえないので、資格喪失要件にあたりません。ご安心ください。


 もっとも、前述のとおり、執行猶予期間に重ねて罪を犯すようなことがあれば、執行猶予が取消され、「刑に処せられ」てしまう可能性があります。


 せっかく取得した資格を失わないよう、くれぐれも注意してください。

2014年11月19日 01時02分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

不正転売禁止法施工前のチケットの高額転売について

法律全般 2019年04月10日

質問失礼いたします。 昨年度の法改正にて、2019年6月からのチケットの不正転売、高額転売が禁止されると認識しており、また弁護士コラム「不正転売禁止法」についても拝見させていただきました。 現在、チケット流通センター等のインターネット...

損害賠償の通知書は職場に送ってもいい?

法律全般 2019年03月14日

相手の自宅に通知を出しているのですが、受取拒否をしており話に進展がありません。 その為、内容はわからないように、 株式会社○○ 従業員 ○○ 花子 殿 とした通知を相手の職場に出しても良いのでしょうか? 相手に読んでもらうためのベスト...

代車を返してもらえないトラブルに対応するための事前対策について。

法律全般 2019年03月10日

バイク屋を経営しており代車として原動機付自転車を貸し出しています。 お客様に貸し出す車両ですので出来るだけコンディションの良いものを用意しているのですが…一部のお客様で音信不通になったりいろいろ言い訳をしたりとなかなか代車を返してもら...

病院が違法行為?無許可での手術

法律全般 2019年03月09日

勝手に複雑な手術をされた場合違法になるんじゃないんですか? 何の説明も同意(書)も何もなく、診察して治療をするか否かかと思っていましたが、椅子に座らされ、気付いたら手術が始まりました。 何事もなかったから良いですが、これは慰謝料請求や...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

ページ
トップへ