デリバリーヘルスで働くことは違法?

Legalus編集部さん 2015年07月17日

 デリバリーヘルスで働くことは、罪に問われるのでしょうか?


(20代:女性)

関連Q&A

裁判和解調書の条項の趣旨について

法律全般 2016年12月04日

裁判和解調書の条項の一つに、ある問題については双方弁護士協議をする。と項目ある場合、本人は話に応じず、双方弁護士協議を検討中です。この様な時、強制できない。とか、和解調書の金額さえ支払い済みなら条項など無視する人も。など聞くと残念な気...

フェイシャルエステ整形取れた

法律全般 2016年12月03日

フェイシャルエステのときに二重整形取れたてしまいました アイメイクを落とすときに強く擦られました 2012年に整形しました ラインが薄くなることがあるのですが、明らかにラインがなくなりました どうしたらいいでしょうか?

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     性交をしない限り、違法ではありません。


     店舗がなく、客のいる自宅やホテルなどに女性を派遣し性的サービスを行う業態のことを、「デリバリーヘルス」といいます。

     
    デリバリーヘルスは、風営法上の「無店舗型性風俗特殊営業」にあたり、デリバリーヘルスを営業すること自体は、公安委員会に対する届出により、適法に行うことができます(風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律2条7項31条の2以下)。


     また、デリバリーヘルスで働いたとしても、不特定の相手方と本番行為(性交)をしない限り、違法ではありません。

     
    法律が禁止している「売春」とは、「対償を受け、又は受ける約束で、不特定の相手方と性交する」行為をいうからです(売春防止法2条3条)。


     ただ、「売春」行為は違法ではありますが、そのものにつき罰金や懲役という処罰が規定されているわけではありません(18歳未満の者に対する児童買春行為は、5年以下の懲役又は300万円以下の罰金という厳罰に処されます)。


     これは、売春防止法があくまでも「女性の性や権利を守るための法律」であって、売春行為自体を取り締まる事が主目的ではなかったことが理由であると考えられています。

     
    そのため、売春防止法が処罰の対象としているのは、以下のような売春を「助長」する行為にとどまっています。



    • 公衆の目に触れる方法による売春勧誘等(5条

    • 売春の周旋等(6条

    • 困惑等により売春をさせる行為(7条)、それによる対償の収受等(8条

    • 売春をさせる目的による利益供与(9条

    • 人に売春をさせることを内容とする契約をする行為(10条

    • 売春を行う場所の提供等(11条

    • いわゆる管理売春(12条

    • 売春場所を提供する業や管理売春業に要する資金等を提供する行為等(13条


     よって、あなたが性交をしていない限り、違法ではありませんし、上記のような行為をしていない限り、処罰されることもありません。

     
    ただ、店舗型風俗店とは異なり、デリバリーヘルスでは他の従業員の目が届かないので、犯罪に巻き込まれる可能性が高いようです。よくよく注意なさってください。

2015年07月17日

法律全般に強い弁護士

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ