車の修理代を払ってもらえない!

Legalus編集部さん 2014年10月15日

 お客様の依頼で車の修理をしましたが、約束の支払期日になっても支払ってもらえません。いくら電話しても出てもらえず、途方にくれていたところ、知人の車屋5件ほどでも一切支払いしていないとのことでした。最初から騙すつもりだったのではないかと思います。当方も支払い等もありますので、出来るだけ早く現金を回収したいのですが、どうすればよいのでしょうか。昔からよくある、修理した車を、強制的に持って帰ることはだめなのでしょうか。警察に行って被害届けを出したほうが良いのか。何か良い方法を教えていただけませんでしょうか。


(30代:男性)

関連Q&A

裁判和解調書の条項の趣旨について

法律全般 2016年12月04日

裁判和解調書の条項の一つに、ある問題については双方弁護士協議をする。と項目ある場合、本人は話に応じず、双方弁護士協議を検討中です。この様な時、強制できない。とか、和解調書の金額さえ支払い済みなら条項など無視する人も。など聞くと残念な気...

フェイシャルエステ整形取れた

法律全般 2016年12月03日

フェイシャルエステのときに二重整形取れたてしまいました アイメイクを落とすときに強く擦られました 2012年に整形しました ラインが薄くなることがあるのですが、明らかにラインがなくなりました どうしたらいいでしょうか?

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     修理した車を強制的に持って帰ることは違法です。民事手続きで請求するとともに、詐欺が疑われる場合には警察に被害届を出しましょう。


     車を修理した場合、修理代金を支払うまで車を返さないと主張することができます。これを「留置権」といい、法律上当然に発生する権利です(民法295条)。

     
    しかし、車を引き渡した後は、修理代金を支払わないからといって、車を返せと主張することはできません。あくまでも、修理代金を支払うように民事上の裁判手続きなどで請求できるのみです。


     ご相談の場合も、すでに車を引き渡してしまっているので、車を返せと主張することはできません。相手方との円満な話し合いによる合意で、修理代金の支払を待つ代わりに車を預かることはできますが、強制的に車を持って帰ると、刑法上の恐喝罪や強盗罪に問われる場合もあるので、注意しましょう。


     修理代金を徴収する民事上の手続きとしては、内容証明郵便で請求する方法や、支払督促制度、訴訟手続きを利用する方法などが考えられます。くわしくは「未払いの払込金を回収する方法は?」を参考にしてください。


     また、ご相談の場合は知人の車屋5件ほどでも一切支払をしていないとのことです。最初から修理代金を踏み倒すつもりで修理を依頼することは、刑法上の詐欺罪に該当するので、他の車屋とともに警察へ相談しに行き、詐欺罪で告訴するのも一つの方法です。

2014年10月15日

法律全般に強い弁護士

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ