裁判員も法に拘束されるの?

Legalus編集部さん 2015年07月23日

 裁判官の判決は自由な判断で法にのみ拘束されると以前どこかで読んだことがありますが、裁判員も法に拘束されるのでしょうか?


(30代:男性)

関連Q&A

私物所有権の返還時効について

法律全般 2017年03月19日

私の実家両親宅に、私の家財所有物など寄託契約として置いてありました。両親他界後、所有物引き取りに行きましたが、数回引き取り後、後継者相手が、相手宅に来ないで、もう物はないし知らない。と、所有物残があるのに引き取りできず、埒あかないため...

別荘地の管理の妻が債務を認めた場合の書類の有効性と時効の援用の可否

法律全般 2017年03月14日

親戚の旦那が、別荘地を持っていましたが、管理会社とのトラブルがあり管理を支払っていませんでした。解約もせずほかってあった。引越しも重なり、しばらく請求書は届いてなかったようです。 管理会社(倒産して新しい会社に引継ぎ)が、突然やってき...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     裁判員も「法令に従」う必要はありますが、法律知識が必要なわけではありません。


     裁判官は、中立の立場で公正な裁判をするために、その良心に従い独立して職権を行い、「憲法及び法律にのみ拘束される」とされています(日本国憲法76条)。

     
    これは、裁判官の職権の独立を宣言するとともに、裁判が客観的な法規範に準拠して行われるよう、裁判官も憲法や法律には拘束されると定めた規定です。


     他方、裁判員も、「法令に従い」公平誠実にその職務を行わなければならないとされています(裁判員法9条)。一般人が参加する裁判員裁判とはいえ、裁判は客観的な法規範に準拠して行われなければならないことから定められた規定と考えられます。


     そのため、裁判員が法令(憲法や法律、条例、政令など)に反するような職務をすることはできません。

     
    とはいえ、裁判員が事前の知識として法令を知っている必要はありません。裁判の過程の中で法律知識が必要な場合は、その都度裁判官や検察官、弁護人からわかりやすく説明されるので、心配ありません。

     
    むしろ、裁判員制度は、法律をよく知らない市民の視点を裁判に活かすことを目的としているので、心配せずに参加しましょう。

2015年07月23日

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ