家賃減額を請求できる?

Legalus編集部さん 2016年08月08日

 私が今住んでいるアパートの家賃について相談させていただきたいと思います。

 私は約7年前から住んでいて、現在家賃を駐車場込みで52,000円払っています。

 同じアパートで間取りも全く一緒なのに現在は家賃が35,000円に下がっています。仮に駐車場込みでも39,000円です。

 以前大家さんに家賃の減額を請求しましたが、取り合って頂けませんでした。

 しかし、52,000円と39,000円では違いすぎると思うので、調停で減額請求したいと思っているのですが、可能でしょうか?

 長く住んでいる人の方が損をするのはおかしいと思います。

 法律的にはどうなのか?がわからないので是非相談に乗って頂けると幸いです。
よろしくお願いいたします。



(30代:男性)

関連Q&A

風俗店のホームページ用写真について

法律全般 2017年01月19日

以前、デリバリーヘルスでバイトをしていたものです。 在籍中にお店のホームページに写真を顔出しで掲載していました。 今はもう退店したので、その写真を削除してもらいたいのですが、 削除してくれません。 他にも同じような女の子が何人もいます...

携帯メールの内容を他人に見せたら?

法律全般 2017年01月18日

喧嘩をしたときに彼に送った携帯メールの彼を罵倒した内容のメールを、彼の承認がわりで、彼の母親が内容とともに私の名前や出身校を出して多数の人に見せていた場合名誉毀損や個人情報保護など法律にふれないのでしょうか? この母親は、この人はこん...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     結論からいえば、家賃の減額請求をすることができます。借地借家法32条は、建物の家賃について、その増額及び減額の請求を認めています。

     これによれば、




    1. 土地若しくは建物に対する租税その他の負担の増減がある場合

    2. 土地若しくは建物の価格の上昇若しくは低下その他の経済事情の変動がある場合

    3. 近傍同種の建物の借賃に比較して不相当となった場合



    に、家賃の減額請求が認められます。



     ご質問の場合、ご質問者の支払っている家賃が52,000円であるにもかかわらず、「同じアパートで間取りも全く一緒なのに現在は家賃が35,000円に下がっています。仮に駐車場込みでも39,000円」ということですから、上記の(3)の場合に該当することとなって、減額請求のための要件を充足しているといえるでしょう。



     手続きとしては、調停前置主義が採用されていますので、まずは簡易裁判所に、家賃減額の民事調停を起こすことになります。

2016年08月08日

法律全般に強い弁護士

【堺市】南海本線堺駅すぐ

依頼者の一番の味方となり、ベストな解決を目指します。まずはお気軽にご相談ください。

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ