香典は誰のもの?

User image 1 Malak0923さん 2016年10月31日 14時32分

 父の葬儀の時、喪主は母だったので、自分の会社関係や趣味のグループ等からの香典は自分が全部預かって、喪主である母に渡しました。
父の葬儀の時は、喪主に渡すことが当たり前のことだと思っていましたので何も疑問は感じませんでした。

 今回母が亡くなり、自分が喪主となり、弟の職場関係の香典をまとめて弟からもらいました。
母や自分の友人や知人からの香典は喪主として受け取ることには何も違和感は感じません。 
長男であるために喪主となっただけなのに、喪主ということで面識もない人から香典をもらうことに何か違和感を感じています。
 
 母も喪主である自分も弟の職場の人とは面識はありません。この香典は弟の人間関係でもらったものです。(注)亡くなった友人の母と面識がない場合は、自分が香典を渡すときは友人の母が亡くなったのでその友人に渡すという感覚が強い。

 法律的には香典の所有権者は誰になるのでしょうか?
 弟が職場の人からもらった時点では所有権は弟のもので、それを喪主に渡した時点で喪主に所有権が移るのでしょうか?
 それとも、面識はなくても香典とは亡くなった母に捧げられたものということなので最初から所有権は喪主にあり、弟は喪主に香典を渡すように依頼されということになるのでしょうか?

<通常は喪主が所有者と考えます>

香典の趣旨としては、主として葬儀費用に充当することを目的として、葬儀の主宰者に対してなされる贈与と解されます。
通常は喪主が葬儀・告別式の主宰者ですので(慣習により喪主と主宰者が異なる地域もありますが)、原則として喪主が所有者と考えるべきでしょう。

もっとも、本件のように弟さんの職場の方から弟さんを通じて香典をもらったことについて違和感があるのであれば、弟さんと話し合いの上、弟さんに差し上げたり、香典の拠出者に対し「香典返し」を行なう方法も考えられます。
また、法的には喪主が葬儀費用の負担者となりますが、お母様の葬儀費用をご自身で支出されているのであれば、香典を葬儀費用の補てんに充てて良いかと思います。

2016年11月28日 00時16分

最初から喪主にあるとの考えが正しいと思いますね。
後者の考えでよろしいと思います。

2016年11月29日 10時06分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

嘘を言いふらされ困っています

法律全般 2018年01月18日

Aと言う人に。 身に覚えもない全く逆の事を、ご近所だけではなく。隣の町(出かけていく先々で)大勢の方にまで。ない事ばかりの嘘を言いふらされています。 また、その根も葉もない事を聞いた内の一人(B)にも、更に同じ様に言いふらされています...

加入している保険の担当者が、私たち家族の個人情報を公の場で口外していました。

法律全般 2018年01月17日

加入している保険の担当者が、私たち家族の個人情報を公の場で口外していました。 医療にかかっていた為、病名、そして名前、年齢、年収等、世間話をするように話しており、話が殆ど聞こえました。 私たちの情報を元に第三者と会話をしており、聞こえ...

スマートフォンを壊された場合の慰謝料について

法律全般 2018年01月16日

3日前に高校2年生の弟が学校でスマートフォンを壊されました。 相手方は3年生で、弟は3年生の別の先輩に言われて写真を撮りに行った際にそのことが本人に気づかれ、データ消去を言われて操作中に取り上げられ床に叩きつけられた形です。 画面が粉...

投資目的で貸したお金が期限を過ぎても入金されない

法律全般 2018年01月16日

ある会社が新規事業起こす資金を得るためお金を募集しました。 金100万円を一年間の契約で利子5万円を付けて返す約束で(返済約束の書類有)貸しましたがまだ入金されていません、どの様にしたら返してもらえるのでしょうか。

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

法律全般に強い弁護士

横浜駅徒歩3分。法的な悩み事はそのままにせず、専門家にお早めにご相談ください。※初回電話相談は30分まで無料です。

【横浜駅徒歩5分】【初回相談無料】【当日・夜間・休日相談可能】依頼者様とのやり取りは全て所長である私が徹底的に...

お話をじっくりと伺い,難しい法律用語を使わずにわかりやすくご案内します。

企業法務から、男女間のトラブルまで、他の弁護士がちょっと受任をためらうような困難な案件であっても、そこに「正義...

【心理カウンセラー資格取得】あなたの気持ちに寄り添う弁護士です。元営業マンで、聞き上手な弁護士が、最良の解決を...

◆相談料無料◆夜間/土日相談可(要予約) まずは、ご相談ください。最善の解決に向けて全力でサポートいたします。

ページ
トップへ