個人売買のキャンセル代の返却または減額

User image 1 lu_13e5835dさん 2018年04月15日 14時01分

車の個人売買でのトラブルです
55万の軽自動車について掲示板で知り合って現車確認をさせて貰ったところ、事前にやり取りした情報で得た感触より悪い状態でしたので、キャンセルを申し出て10万円を払いました
その時は仕事の疲れと車の状態にショックを受けていて思わず金を渡してしまいました
しかし冷静になってみたら契約をした訳でも車を受け取った訳でもなく、事前に購入の確約もキャンセル時の取り決めもしていないのに10万円は高すぎると思い、相手方に減額を求めましたが応じてもらえません
今後どのようにしたら良いのでしょうか?

支払時に当事者間でキャンセル料を合意したのであれば、後から効力を否定するのは容易ではありません。
最初のやり取りから現物確認にするまで売主側に生じた労力や費用、売主側から貴殿に強引にキャンセル料の請求を行なったなどの事情があれば、例外的に全部または一部の返還が認められる場合もありますが、例外に相当する事実を貴殿において立証する必要があります

納得できないという事であれば、訴訟ですと主張立証が容易でないため、まず調停申立を行なって裁判所に間に入って頂いて話し合いを行なう等の方法が考えられます。
ただし、調停の場合は、原則として相手方住所地を管轄する簡易裁判所に申立して出頭する必要がありますし、強制力がないため必ずしも相手方が出頭するとは限らない点に注意する必要があります。

2018年04月15日 21時28分
補足質問
User image 1

lu_13e5835d - 2018年04月16日 08時45分

被害届は出せるでしょうか?
購入しようと思ったのは、「不具合箇所なし」との説明があったからで、実際の車体には簡単に見つかる不具合、マフラーの穴あき、タイヤのヒビがありました
それが分かっていれば出向くこともなく交通費、有給消化、そしてキャンセル代の話がそもそも出なかったのです
補足回答
Resized avatar mini magick20170419 15354 4y9nui

小川 智史 弁護士 - 2018年04月16日 09時23分

相手方が何か脅すような言動があったのであれば恐喝罪が成立する可能性がありますが、支払自体は任意におこなったのであれば、犯罪と認めることは困難です。
詐欺罪に関しては、現車の不具合を確認した結果としての「キャンセル料」として支払ったのであれば、「不具合箇所なし」との言動との因果関係が認められず、詐欺既遂罪の成立を認めるのは困難です。
また、一見して明確な不具合(例えば、エンジン故障等)があれば「不具合箇所なし」は虚偽説明として詐欺未遂罪の成立可能性がないとは言えませんが、主観的判断によるような内容であれば、欺もう行為とは言い難く、詐欺未遂罪の成立も認めるのは困難でしょう。
お礼メッセージ

丁寧なご説明ありがとうございました

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

損害賠償の通知書は職場に送ってもいい?

法律全般 2019年03月14日

相手の自宅に通知を出しているのですが、受取拒否をしており話に進展がありません。 その為、内容はわからないように、 株式会社○○ 従業員 ○○ 花子 殿 とした通知を相手の職場に出しても良いのでしょうか? 相手に読んでもらうためのベスト...

代車を返してもらえないトラブルに対応するための事前対策について。

法律全般 2019年03月10日

バイク屋を経営しており代車として原動機付自転車を貸し出しています。 お客様に貸し出す車両ですので出来るだけコンディションの良いものを用意しているのですが…一部のお客様で音信不通になったりいろいろ言い訳をしたりとなかなか代車を返してもら...

病院が違法行為?無許可での手術

法律全般 2019年03月09日

勝手に複雑な手術をされた場合違法になるんじゃないんですか? 何の説明も同意(書)も何もなく、診察して治療をするか否かかと思っていましたが、椅子に座らされ、気付いたら手術が始まりました。 何事もなかったから良いですが、これは慰謝料請求や...

SNS上の匿名の誹謗中傷について、加害者側からの質問です。

法律全般 2019年02月27日

Twitter上で匿名で相手にメッセージが送れるサービスがあります。(相手に送ったメッセージは相手だけが見ることができます。相手がそのメッセージに返事をすると、そのメッセージと返事がセットで全体に公開され、不特定多数の人が見ることがで...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

ページ
トップへ