弁護士コラム

自然災害

Section banner others

民事・その他

自然災害により生じた損害の賠償請求等の可否について(4) 自然災害 2018年09月15日

前回に引き続き、今度は地震により被害が生じた場合の工作物責任の成否について、関連判例を再検討及び整理します 1.まず、昭和の時代は震度5までの耐震性を有していれば瑕疵なしという趣旨の裁判例もありました(仙台地判昭和56年5月8日・1107-30)。 ただ、近年、下記の通り震度6以上での倒壊等でも瑕疵有とすると解しうる裁判例が出されており、具体的内容は以...

自然災害により生じた損害の賠償請求等の可否について(3) 自然災害 2018年09月15日

本年9月5日付「自然災害により生じた損害の賠償請求等の可否について(1)」、9月6日付「自然災害により生じた損害の賠償請求等の可否について(2)」では、自然災害により生じた損害等に関する法律問題全般について検討しましたが、今回は、特に土地の工作物責任について、台風に関する関連判例を再検討及び整理しておきたいと思います。なお、6月に大阪府北部を中心に発生...

自然災害により生じた損害の賠償請求等の可否について(2) 自然災害 2018年09月06日

前回に引き続き、自然災害により生じた損害の賠償請求等について検討を行います。 3.流入した土砂等による損害および撤去について 本年7月に発生した西日本を中心とする集中豪雨では、土砂崩れにより隣地に土砂が流入し、撤去が必要となる事例が多数発生しました。災害に遭われた皆様には、謹んでお見舞い申し上げます。以下、法的検討を行ないます。 (1)まず、土砂の撤去...

自然災害により生じた損害の賠償請求等の可否について(1) 自然災害 2018年09月05日

本年9月4日、台風21号が非常に強い勢力で関西地方を直撃し、各地に大きな被害をもたらしました。また、本年7月より、特に西日本地区を中心に集中豪雨が相次ぎ、甚大な被害をもたらしています。災害に遭われた皆様には、謹んでお見舞い申し上げます。 上記踏まえ、今回は、災害により生じた損害、例えば隣家の屋根瓦が吹き飛ばされて財産的損害が生じた場合や、隣地からの流入...

イベント会場近くでの落雷 自然災害 2016年11月07日

5月のニュースで,音楽イベントが開催されたときに,イベント会場の近くで雷に撃たれて亡くなられた方の裁判の判決がありました。 遺族であるご両親がイベント会社に対して損害賠償を求めた裁判です。大阪地裁は遺族の請求を退けました。 判決文を読んでいないので,あまり詳しいことまでは分かりませんが,報道によると,裁判所は「落雷については抽象的には予見できたが具体的...

Go To Top Html