隣の廃材置き場から角材が飛んできた!

Legalus編集部さん 2014年05月20日

 現在住んでいるアパートの隣に建築会社の倉庫と廃材置場があり、隣接する私の駐車場とは、高さ2メートルの塀で仕切られています。廃材置き場には、大きな板や細かな角材などが塀の高さいっぱいに積まれていますが、ネットをかけるなどの配慮はされていません。

 以前、隣から風で飛んできたと思われる角材で、車窓のバイザーが割れました。アパートの管理会社から注意をしてもらったところ「うちの角材とは言い切れないので弁償はできないが、廃材が飛んでいかないように配慮する」との返答でした。二度注意をしてもらいましたが、何も改善されません。

 人体に危害が及ぶ危険もあると思うのですが、この会社に責任はないのでしょうか? 市から注意してもらうことはできるのでしょうか?

(20代:女性)

関連Q&A

大雪による倒木の賠償責任について

自然災害 2016年03月15日

先月の大雪により私の所有する山の木が雪の重みにより倒れ、お隣の工場の屋根をへこませてしまい工場の責任者から賠償してくれと請求されました。そこでお聞きしたいのは、損害を賠償しなければいけないのでしょうか?想定外の大雪、不可抗力を主張し拒...

台風で車が破損した場合、弁護士さんに頼むといくらぐらいかかる?

自然災害 2015年10月05日

台風で隣りの鉄骨が倒れてきて、車が破損しました。鉄骨といっても、看板が古くなって、鉄骨だけに、なった物です。相手は、「台風だから弁償はしない」と言っています。弁護士さんに間に入ってもらうと、費用は、どのくらいになりますか? (40代:女性)

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     他人の故意又は過失による行為により損害を被った者は、不法行為として損害賠償請求をすることができます。(民法709条)。もっとも、この請求をする際に、相手方の行為によって損害が生じたこと(因果関係)を証明する責任を負うのは被害者の方です。したがって、あなたの車に関する損害も、因果関係が証明できたら損害賠償も可能であったと思われます。


     現時点では、まず、これ以上被害が出ないようにする必要があります。法律上は、民法199条の占有保全の訴を起こし、駐車場の占有者として、角材が飛んでこないように予防措置を請求することができます。占有保全の訴とは、例えば、隣地の木が倒れそうになっている場合に、相手方の費用でその予防措置をとるよう請求できる権利で、土地等の占有者に認められます。


     しかし、本件のような事例で、わざわざ裁判を起こすのは大変です。そこで、市役所から指導をしてもらう方法が考えられます。地域によって異なりますが、最近は、多くの自治体が、市民の陳情・要望に対応するための窓口を設けています。また、本件では、廃材置き場の所有者は建築会社とのことですので、市の建築課等に相談してみる方法もあります。アパートの管理会社から注意してもらってもきかない相手には、公的機関から指導してもらうのもひとつの方法です。

2014年05月20日

自然災害に強い弁護士

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ