子ども手当をもらうと生活保護費が減る?

Legalus編集部さん 2014年10月22日

 生活保護をうけています。子ども手当が 収入認定され 保護費を引かれています。 所得制限なしに 一律子ども一人に 与えられるなら 収入認定されてしまうことは 法律上ではどうでしょうか?



(年齢不詳:性別不明)

関連Q&A

生活保護の不正受給者を告発したいが話の出所が自分とばれないようにしたい

生活保護 2016年10月31日

先日知り合いになった男性が同棲している彼女は、生活保護を受給です。が、実際は現住所でなく彼氏と一緒にすみ、ようは内縁の妻として、1日中ゲームをして遊んで生活しています。 生活の面倒を見てくれる人と、2年以上も同棲していながら、不労収入...

扶養照会届けが届いた!回答義務はあるの?

生活保護 2014年06月19日

親の兄弟が生活保護を受給するらしく、扶養照会届が届きました。その兄とは、数十年付き合いがありません。照会届は細かく世帯や会社名や給与、資産など記入欄があり 正直 家の状況を教えてたくもありませんし、自分達の生活で精一杯なので扶養する事...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     生活保護制度ではその世帯に入ったお金は、たとえ年金収入であっても原則として、収入と認定されます。そして、このことは子ども手当においてもあてはまります。したがって、収入認定された分だけ保護費が差し引かれるということになります。

     しかし、これでは相談者の言われるように、15歳以下の子供のいる世帯に対して所得制限なしに一律支給することによって、「次代を担う子どもの育ちを社会全体で応援する」という子ども手当の趣旨を没却しかねません。

     そこで、厚生労働省は、児童養育加算を拡充し、子ども手当と同額まで引き上げるとともに、対象者を中学修了までの児童に拡大するという改定を行いました。その結果、国から支給される総額は、今までの生活保護費+子ども手当と同額となります。

     したがって、相談者においても児童養育加算によって従前と同じ額を支給されることとなるはずですので、一度、最寄りの福祉事務所にご相談されてみてはいかがでしょうか。

2014年10月22日

生活保護に強い弁護士

「相談に行ってよかった」 お客様にそう思ってもらえるよう、お客様のお話を丁寧に聞き、的確なアドバイスが出来るよ...

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ