生活保護をもらいながら働くとどうなる?

User image 1 Legalus編集部さん 2014年02月14日

 生活保護を受給しているのに働いている人は、どんな罪になるのですか?


(20代:男性)

関連Q&A

生活保護を申請するのに、旧姓の口座は提出の必要はある?

生活保護 2017年04月26日

生活保護を申請するのに、銀行を調べられると思うのですが、姓が変わっているため、旧姓の口座は申請するのに必要なのかと思い質問させてもらいました。 もう何年も使ってなく、どこにあるかも、どこの銀行の口座かもわかりません。 残金もいくらある...

立ち退き料請求に関して

生活保護 2017年03月08日

現在生活保護受けてます。今住んでいるアパートを取り壊し大家の息子さんがそこに1階駐車場2階を土地家屋調査事務所を建てるので出て行って欲しいと言われてます。1度弁護士会の方に相談した所立ち退き料を請求出来ると言われたので大家に相談した所...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     生活保護を受給している人も、能力に応じて勤労する義務があります。


     日本国民には、「勤労の義務」があります(憲法27条1項)。

     
    同様に、生活保護受給者も、「常に、能力に応じて勤労に励み、支出の節約を図り、その他生活の維持、向上に努めなければならない」と定められています(生活保護法60条)。


     そのため、生活保護を受給している者は、能力に応じて働かないことが違法なのであり、ご質問のように「働いていることが罪になる」ことはありえません。


     罪になるのは、「生活保護を受給している者が、働いた上で、実際に支給されるべき金額以上を不正に受給した場合」です。

     
    生活保護を受給しながら働いて賃金をもらい、収入に変動があったときは、すみやかに、保護の実施機関または福祉事務所長にその旨を届け出なければなりません(61条)。

     
    この届出をせず、福祉事務所などをだまして実際に支給されるべき金額以上を不正に受給すると、不正受給金額を徴収されたり(78条)、罰則が科されたりします(85条、3年以下の懲役又は30万円以下の罰金)。

     
    あまりに悪質であれば、保護の廃止の検討や、刑法上の詐欺罪(246条1項、10年以下の懲役)が適用されることも考えられます。

2014年02月14日

生活保護に強い弁護士

【初回相談無料】どなたでもお気軽にご相談ください。

20年以上の経験と実績があります。お一人で悩まず、まずはお気軽にご相談ください。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ