擁壁を伴う境界の塀を作る場合その費用をどのようにしたらいいのか?

User image 1 retuさん 2019年01月23日 11時24分

隣と隣接した境界は、山を削って段差が伴った擁壁もない塀もない、ただ土嚢を擁壁代わりにした境界の4分の1は段差があり、(隣は此方の隣接した境界に沿って自宅へ入る個人用道路になっています)現在に至ります。平成17年に
主人は多分、この先境界についてもめるなど予測も出来なく、当時はそれ程気には留めず大丈夫と判断したのか、その中に建てられていた中古物件で売られていたのを購入しました(以前この家に住んでいた方は一年で売りに出していました)。今改めて確認すると段差から1,5メートルくらい離れて私たちの自宅は建てられております)。ですが、住み始めの頃
隣は大工で大型トラックや運送車が頻繁に行き来する為自宅の境界の段差は、長年にわたり段々崩れぎみになっています。塀がないため、住み始めた頃隣の子供等が友達と私の自宅の周りを遊びまわり、困っていました。いくら言っても直らず自宅の周りを乱されハラハラの毎日でした。当時購入したばかりの新車もあり、いつも傷つきはしないか、駐車場の塀にボールでけり遊びしたりで、駐車場の塀が少しずつヒビが入り毎日気がかりでした。いくらそう思っていても、注意を子供に促しても聞いてくれず、隣の両親でさえも平然としているようでした。注意したとしても、いつも焼け石に水なので我慢するしかなく、数年が経ち隣の子供らは今では社会人です。ほっとしたのもつかの間、今度は隣が新車を最近購入したため、此方で飼っている猫のことを言い始めてくるようになり、抑えていた怒りが限界になり、私は、とうとう奥さんに、それ以前に、こちらへどんなことをしてきたのか?私は、はっきりと散々迷惑していたことを言葉にしてはっきり伝えました。隣が家の猫がおしっこをひっかけた,庭に糞尿のにおいがするなど。もう限界と思いました。これまでに言いたい放題、やりたい放題、最近は夫婦共々でその旦那は威圧的な言葉で恐怖を感じるような言い方をするばかりで今回の猫の事に限らず、最近は何かにつけて,隣の旦那はますます抉るような言い方が多くなってきたため怖くなり、私は近づくのがのが不安になっていきました。その為今後は録音機を持ち歩き、隣が言葉にするすべての言動を記録したいと思っています、いずれにしても段差に関しては、こういう状況ですので、擁壁や塀を作る場合は当然お互いに分担するべきではないだろうかと思いますが。振り返ると私たちの裏庭に業者関連の車を隣が停めさせたりしていた事、(段差が伴うが裏までは段差がなく車や子供が庭代わりに遊べる平らな状態だった為)車のタイヤの後だらけで悲惨なものでした。ですので、好き勝手にはいられないように畑にして、網を張りました。しかし今度は数年前から隣が境界近くに枝垂れ桜を植え始めその小さい枝が3分のいち一位が我が家に何本も入り込むような事になり、土地が
自由に使えない状況です。現在に至るまで擁壁や塀で隣との境界が隣接しているわけでは無く、裏庭の境界にせよ関係なく隣の車が勝手に裏庭にとめたり。うちは、玄関からは階段で自宅に上る感じですが裏庭まで隣との境界に塀が無く引っ越してくる以前、その後も大工業者関連が来ると駐車場代わりにされたりで車のタイヤの後がいくつもありました。粘土質なとちなので
雨が降れば、土が柔らかくなるので。車のタイヤの後で凸凹になっていました。こういう状況でしたので境界の今後の擁壁や塀を作る負担をするとしたらお互いに負担しあうべきではないかなと思うようになりました。先日口論で隣の奥さんは段差に対して我慢してきたといいます。被害を受けているのは私の自宅ではないですか

高低差のある境界においては,高い土地の所有者が擁壁を設けることができるだけであり,擁壁を設けるかどうかは所有者の自由です。しかし,崩れ気味で御相談者の土地に土砂が侵入してくるということであれば所有権に基づく妨害排除請求権,あるいは妨害予防請求権で擁壁を設けることを相手方に請求することは可能です。
問題は,現状がその程度まで達しているかどうかの評価になります。
さらに,その場合の擁壁建築費用については,高い土地の所有者に全額負担とはならず原則としては御相談者が全部あるいはほとんどを負担する必要性が出てきます。
次に,一部隣地との境界に塀がない箇所ですが,その場合も相手に塀を設置することを要求することは困難と思われます。
話し合いが可能であれば,共同負担して境界線上に塀を設けるのですが,それができないなら,御自分の負担で暑中知無いに(境界線を出ないように)塀を設けることは可能です。
法律の隣近所の土地関係については(相隣関係),お互いを尊重するあまり、融通が利かない制度になっていますので,色々限界があります。参考にしてください。

2019年01月26日 07時04分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

同居人に現金を盗まれました。既に引っ越していきましたが慰謝料を請求したい。

民事・その他 2020年10月28日

妻と妻の友人(以下、同居人という)と3人で同居生活をしていました。 妻や私の財布から現金が頻繁になくなるので防犯カメラを設置したところ、同居人が盗んでいるのが映っていました。 映像とともに警察に被害届を提出しましたが、原因はわかりませ...

公人の名前は自費出版の本に使えるか否か

民事・その他 2020年10月27日

自費出版で歌集を出版します(アマゾン、書店に流通あり)。 時事的なことを歌集にしており、その中には安倍首相、 小池都知事の名前が入ったものがございます。 こちらはパブリシティ権にあたるのでしょうか。 歌集の中には使えますか。

名義変更してもらえない車

民事・その他 2020年10月21日

数年前にローンが残った車をネットの販売者に売りました。ローンが終わったら名義変更してもらえる契約でしたが、未だに名義変更されず毎年自動車税の通知がきます。販売者へ連絡しても、初めは「あれ?購入された方がするって言ってたんですけどね〜」...

間に入った人物の不十分な情報流通でビジネス話が頓挫。追及からも逃げるありさまで。。。

民事・その他 2020年10月17日

あるベンチャー企業との新規事業案件。オンライン上のやりとりを経て、先方の依頼で骨子案の提出に進みました。 しかし、その企業の経営者と私の間に入った「広報的立ち位置」の女性が、私の見解(メール)を歪曲理解+不十分認識。 精査せずに伝えた...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する