自治会退会ができません。退会できる方法はありますか?

User image 1 lu_f7781f1dさん 2019年11月30日 01時21分

自治会に脱会届を提出しましたが、保留のままです。県営住宅にすんでいますので、共益費は自治会に支払決まりになっています。届を提出後、共益費を支払いましたが、受理されませんでした。自治会全世帯に脱会したい人が誤解をしている状況だから、会議で意見を言うよいにと配布用紙がとどきましたが、話し合いはこれまでもしましたが、話し合いにならない自治会の言い分です。行政から要望されて自治会運営でサロン活動をしている。他の団地に比べ自治会費が安いなど。こちらで自治会の言い分の裏付けを確認しましたが、市役所や県は、要望していないとの事。そもそも、行政が、任意団体に要望を出すことが出来るか?と疑問をもちました。また、他の団地はエレベーターがついているので管理費が少し高めである事も調査しました。こんな口から出任せのような自治会ですので、退会したいのです。退会届には、平城17年の最高裁の自治会費等請求事件の判決と要旨も添えて提出しましたが、当自治会には当てはまらないとの事で、退会できないと言い張るばかり。自治会は規約には退会事項は一切記載がありません。どのような方法なら退会できるのでしょうか。

自治会は、任意加入団体ですね。
加入強制力はないですね。
退会の自由は当然にあるでしょう。
弁護士から、配達証明で、脱退通知を出すと、相手も
引くかもしれませんね。
最高裁の判決は、内容を知りませんが、当自治会にあ
てはまらないとは、思えませんね。
あなたの行動は、正当な行動だと思いますね。
関りを持ちたくない人も、たくさんいるでしょう。

2019年11月30日 11時20分
お礼メッセージ

ありがとうございます。とても分かりやすいアドバイスをいただき、感謝いたします。

1 自治会は、任意加入団体であり、退会の自由があります。引用されている平成17年最高裁判決自治会退会判決でも「 被上告人は,会員相互の親ぼくを図ること,快適な環境の維持管理及び共同の利害に対処すること,会員相互の福祉・助け合いを行うことを目的として設立された権利能力のない社団であり,いわゆる強制加入団体でもなく,その規約にお
いて会員の退会を制限する規定を設けていないのであるから,被上告人の会員は,いつでも被上告人に対する一方的意思表示により被上告人を退会することができると解するのが相当であり,本件退会の申入れは有効であるというべきである」としています。目的も県営住宅に必要不可欠なものではなく、福祉・助け合いと言うもので友誼団体にすぎません。
2 上記最高裁判決は、埼玉県の県営住宅に関するものであり、同様の趣旨は当てはまると思います。
また、共益費について自治会に一括支払いをしており、そのために、いかにも自治会に公共性あるいは強制加入的性格があるかのように自治会側が主張しております。
上記最高裁判決は、この点についても「共益費については,本件団地の各入居者が個別に業者等に対して支払うことが困難であることを理由に,被上告人が本件団地全体の共益費を一括して業者等に対して支払うこと及び本件団地の各入居者は各共益費を被上告人に対して支払うことを指示している」としています。
つまり、単なる業者の事務処理の便宜のために自治会を利用しているに過ぎないので、これは、入居者が自治会に加入していなければ、直接支払いを拒絶する理由にはなりません。
3 以上から自治会には、きっぱりと退会を申し入れて、共益費には面倒でも直接に支払うようにしていけばいいのです。自治会に集う人、それに重要な価値を見いだす人は、それなりの自由ですが、憲法では、それに反対するあるいは同意しない自由も保障されているのです。

2019年11月30日 12時14分
お礼メッセージ

ありがとうございます。法律にうとい私ですが、よくわかりました。詳しい説明に感謝いたします。

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

職場に置きっぱなしの同僚のスマートフォンの着信を確認する行為について

民事・その他 2020年11月22日

職場の同僚のスマートフォンが同僚が離れた後も机の上などに置いてある際に、それに電話やLINE等がかかってきた場合、スマートフォンの画面に表示されている発信者情報などを他の人間が見る行為はプライバシーの侵害になりますか。

尋問時の文言につきまして 

民事・その他 2020年11月19日

尋問につきまして 互いに本人訴訟になります。 未成年の行為について、親権者が同意、追認をしていたかが論点となっている場合 ① 尋問で親権者の同意の有無について確認をする場合 「○○について知り得ていましたね」「知っていましたか」「未成...

陳述書提出後に新たな事実が判明した場合の対処方法につきまして

民事・その他 2020年11月19日

陳述書提出後に新たな事実が判明した場合 次回期日は尋問になる為、証拠申出書を提出、人証申請をし、裁判所に受理されました。 その後、新たな事実が判明したため、今までの主張の訂正をしたいのですが、どのように対処すればよいのかをご教授いただ...

自治会を退会する意思を示したのに、しつこく引き留められるどうすれば退会できるのか

民事・その他 2020年11月18日

自治会脱退についてのトラブルです。11月14日付で自治会脱退の意思を書面で示しましたが、遺留を求められています。(脱退者が多いため)自治会は任意の団体なのは最近ネットの情報などで知っておりますが、自治会長から電話をかけてきてしまったり...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する