不当な理由で転コースか自主退学を強制されています。どうしたらいい?

User image 1 lu_cd58eef5さん 2019年12月30日 19時10分

私の高校には、1年の留学が必須のコース(以下Aコースと書きます)があります。
Aコースに入った生徒は、コース内のプログラムで1年間留学に行きます。

しかし、私は家庭の事情で急遽留学費用を払えなくなり、親の知り合いがアメリカでやっている学校なら安くで入れるのでAコースのプログラム外でそちらに1年留学することになりました。

私も私の親も、1年留学に行くならAコースにずっといれるという認識でした。校則にも書いていないしこういう事態に関することは説明してもらっていなかったからです。
しかし、Aコースのプログラム内の留学に行けないなら普通コースに転コースしてもらうと先生に言われました。もし転コースをしなければ退学をしてもらうとも言われました。

私としては、Aコースは普通コースよりも指定校推薦が取りやすく、授業内容も私に合っているので転コースはしたくないです。普通コースに入るためにこの学校を選んだのではなくAコースに入るために頑張ってきました。

留学先で悪いことをして強制帰国になった先輩は転コースをせずにAコースにいつづけています。
それなのに、私はたくさん勉強もボランティア活動も頑張ってきた結果が転コースor退学です。

お聞きしたい事は
1.法律的に生徒が望まないプラスしっかりとしたルールがないのに学校側が勝手に転コースをすることは法律的にどうなのですか?
2.理不尽な内容で退学などをさせられた場合法律的にはどうですか?
3.Aコースに居続ける方法は何かありますか?
以上についてお聞きしたいです。よろしくお願いします。

注力分野
相続 離婚・男女 犯罪・刑事事件 不動産・建築 学校・教育
ベストアンサー

1 留学先の学校を、学校があらかじめ提携している留学先に限ることは、海外にいる生徒の安全管理を図る上で、合理性は否定できません。

入学に当たっての契約や前もっての説明で、Aコースでの留学は、学校があらかじめ提携している学校のほか、生徒自身が見つけた学校でもよいとされていたような場合を除いて、留学先を学校の提携先に限ることに違法性は認められないでしょう。

そうすると、留学がAコースに在学する必須の要件である以上、学校がコース替えをさせることも違法とまではいえません。

2 もっとも、生徒がコース替えに応じないからと言って、それだけを理由に直ちに退学処分まで行うことは、生徒に一方的に不利益を強いるものとして違法になり得ます。

学校は、生徒の理解を根気よく求めた上で、コース替えに基づいたクラスの変更を行い、それでも生徒が従わずに不登校などの行動を取るような場合に、初めて退学処分を適法に行えるものと考えます。

退学処分による生徒の不利益と、学校が退学処分を行う必要性のバランスが取れていない限り、退学処分は違法(無効)です。

3 Aコースにい続ける方法は、学校が提携先以外の留学先への留学を了承した場合です。

留学先の学校の資料や、日本人の受け入れ実績などを、客観的な資料を提出して説明すべきです。

高校にとっては、海外にいる生徒の安全確保と行動の管理がきちんと確実にできることが、最低限の必須の条件になります。
その上で、例外を認めた場合の高校側の不利益を考えて、許可するかを検討する流れになるでしょう。

場合によっては、その学校の担当者から高校に対して、何らかの説明をしてもらうなども必要になるかもしれません。

2019年12月31日 01時24分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

友人とのルームシェア解除について

民事・その他 2021年01月18日

お世話になります。 友人とルームシェアにあたってのトラブルについてご相談させて頂きたく思います。 友人は一人暮らし、私は実家暮らしです。 友人とは、2ヶ月半ほどかけて物件探しをしておりました。最終的にお互いに納得のいく物件が見つかった...

犬の散歩中の事故で医者の治療費請求について。

民事・その他 2020年12月29日

犬の散歩で相手のリールが長くて襲われそうになり避けて後ろ向きに転びけがしてリハビリに通っています。救急車で運ばれました。防犯カメラに写っています。直接犬に嚙まれなくてもそれが原因で転んでケガしました。治療費請求したい。相手は勝手に転ん...

金銭トラブル

民事・その他 2020年12月28日

金銭の返却を要求されています。 一年前にAさんと出会い口説かれていたのですが 付き合うことはせずに会ったりしていました その頃私は一人暮らしがしたく相談したところ 週末行ってもいい約束で家を借りました 初期費用50万円です しかしその...

無権限者の契約と時効

民事・その他 2020年12月23日

平成9年、甲は乙と土地売買契約を締結し代金2000万円を支払った。取引主任者として署名捺印したのは乙の子・丙である。 しかし土地の所有者はA不動産会社(乙が社長、丙が取引主任者)であった。なお中間省略事案ではない。所有権移転登記はされ...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する