陳述書提出後に新たな事実が判明した場合の対処方法につきまして

User image 1 a03さん 2020年11月19日 00時43分

陳述書提出後に新たな事実が判明した場合

次回期日は尋問になる為、証拠申出書を提出、人証申請をし、裁判所に受理されました。
その後、新たな事実が判明したため、今までの主張の訂正をしたいのですが、どのように対処すればよいのかをご教授いただけないかと思います。

こちらは原告となります。
内容としましては、
被告は、A B C Dからお金を受領していたと原告は思っていたが、実は、C、D、E,FもしくはB だった。というような感じです。
それにより、被告の悪質性がより如実に表れ、事案を未然に防ぐことも可能であった事実を証明したいと思います。
原告は、上記の人物に当たりませんが、被告より上記人物と同様の被害にあっています。
新たな事実の判明が今になってしまった理由は、4名合計被害額が同じであったため、また、Aから提出をしてもらった証拠が難解であり原告の読解力不足が原因です。

① このような場合、準備書面を提出すればよろしいでしょうか?
② 陳述書に「A B C Dからお金を受領していた。」と記載してしまっているのですが、どのように訂正をすればよいでしょうか?

お忙しいところ恐れ入りますが、どうぞよろしくお願い致します。

主張と立証は分けて考えるべきですので,主張事実として訂正があるのであれば,訂正する具体的理由を付して訂正後の主張を記載した準備書面を提出すべきでしょう。証拠については,訂正した陳述書を改めて提出する方法と,尋問の冒頭で陳述書記載内容を訂正する方法がありえますが,新たな事実の判明が主張者の責任でないのであれば,尋問の冒頭で訂正の理由を含めて陳述書記載内容の部分を訂正する旨供述証言させれば足りると考えます。誤解などによるものであれば,訂正の陳述書を出しておいた方がいいように感じます。

2020年11月19日 10時14分
お礼メッセージ

田原先生 お忙しい中ご丁寧にありがとうございました。
「主張と立証は分けて考えるべき」ということにつきまして、素人では考えも及ばない部分でしたので、大変勉強になりました。
どうしても自らの立場を正当化させたいがために、躍起になっていましたので、少し冷静にならなければと考えさせられました。

先生からご教示いただきました内容から、今回の私の場合、誤解によるものと考えますので、訂正の陳述書を提出したいと思います。
大変助かりました。本当にありがとうございました。

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

友人とのルームシェア解除について

民事・その他 2021年01月18日

お世話になります。 友人とルームシェアにあたってのトラブルについてご相談させて頂きたく思います。 友人は一人暮らし、私は実家暮らしです。 友人とは、2ヶ月半ほどかけて物件探しをしておりました。最終的にお互いに納得のいく物件が見つかった...

犬の散歩中の事故で医者の治療費請求について。

民事・その他 2020年12月29日

犬の散歩で相手のリールが長くて襲われそうになり避けて後ろ向きに転びけがしてリハビリに通っています。救急車で運ばれました。防犯カメラに写っています。直接犬に嚙まれなくてもそれが原因で転んでケガしました。治療費請求したい。相手は勝手に転ん...

金銭トラブル

民事・その他 2020年12月28日

金銭の返却を要求されています。 一年前にAさんと出会い口説かれていたのですが 付き合うことはせずに会ったりしていました その頃私は一人暮らしがしたく相談したところ 週末行ってもいい約束で家を借りました 初期費用50万円です しかしその...

無権限者の契約と時効

民事・その他 2020年12月23日

平成9年、甲は乙と土地売買契約を締結し代金2000万円を支払った。取引主任者として署名捺印したのは乙の子・丙である。 しかし土地の所有者はA不動産会社(乙が社長、丙が取引主任者)であった。なお中間省略事案ではない。所有権移転登記はされ...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する