お墓のトラブルです

User image 1 sweetさん 2016年12月09日 22時33分

よろしくお願いします。かれこれ10年前に義理の兄夫婦が離婚しましたがその時にすでに亡くなっていた義理の母のお墓の土地を更地にして返してほしいといわれました。お墓の土地の名義は義理姉で上の墓石は義理兄・私の主人で建てました。
 とはいえ 一度建てたお墓をそうそう移動することもできず10年が経ちました。が 最近また義理姉が早く更地にして返してほしい・お骨を出してほしい、墓の土地は私の名義だ!と催促してきました。
離婚理由が義理兄の浮気だったので ただの恨みつらみで言ってるだけだと思うんですが。
法律的にも彼女のいうように 更地に戻して返さなければならないのでしょうか?
一度建てたお墓を離婚したからと言って 出して返してくれなんて。。。

1.お墓の契約に関しては色々難しい問題がありますが、まずそもそも、義母様との関係では、法定相続分による分割相続ではなく、相続財産とは別個の祭祀財産として、「祭祀承継者」、具体的には喪主や法事等の主催者が承継することとなります(民法897条)
 本件ではその点が不明確ですが、墓石の名義をふまえて義兄の方ないしご主人と仮定します。

2.次に、お墓の永代供養権に関し、墓地の管理者(お寺等)との契約関係の問題がありますが、この点を捨象し、義姉様を土地の占有権者と仮定し、義姉様との土地の利用権との関係のみを前提とします。
 この場合、本来は義兄様との離婚時にきちんと財産分与で清算すべきなのですが、きちんと清算されていないとなると、義姉様との間で当該土地の使用貸借契約(民法593条)が成立しているということになるかと思います。
 使用貸借契約の終了時期については、返還時期を定めていなかった場合、その目的に従い使用及び収益を終わった時が終了時期となりますが(民法597条2項本文)、使用収益終了前でも、使用収益をするのに足りる期間を経過したときは、貸主は直ちに返還請求できるとされます(同項但書)。

3.それでは、本件では具体的な終了時期はいつになるのか検討しますと、これまでのご先祖様の法要等に照らし、お義母様の法要をいつまで行なう予定であったのか、あるいは将来に渡り半永続的に納骨を続ける予定であったのか、等の諸事情によります。もし13回忌まで予定していたのであれば、少なくとも13回忌までは期間満了しないということになるかと思います。
 ちなみに、当職の祖父は自宅の近くに曾祖母の墓を建立しましたが、約30年後に祖父が死去した後、お墓が地方であったこともあり、引き払っております。

4.あとは、法的な帰結はともかく、義姉さまとの感情的な対立継続を回避すべく、義姉様との間で、早期撤去する代わりに一部撤去費用負担について交渉する、という方法も現実的な選択肢ではないかと思います。

2016年12月09日 23時08分
お礼メッセージ

回答ありがとうございます。私たちもお墓を移動することも検討しましたが なにせ費用がかなりかかります。私の主人は次男ですしこれから自分たちのお墓のことも考えると難しいです。義理兄は離婚後現在も独身ですので お墓を立て直した所で受け継ぐ人もいません。永代供養して頂ける寺にも問い合わせてみましたが 息子二人まだいる中で永代供養のお寺に移すのもなんだかかわいそうで・・・。一番は義理姉とうまく折り合いをつけ 今のお墓に今後も眠らせてあげたいと思っています。
義理姉は自分の名義だから いろいろな連絡がくるのが嫌だし 関わりたくない!!と言っていましたが いまだに苗字も変えずに生活しているそうで 完全に未練や恨みつらみの嫌がらせとしか思えません。離婚してもう10年です。子供も成人してますし。
とにかく 円満な解決策はないに等しいので 法律の面から訴えてみたいと思います。

墓の土地名義が義姉というのは間違いないですかね。
普通は使用権ですね。
使用権を購入するのにお金を出したという事ですかね。
そこに墓石が建てられている。
これを立ち退かせるのは極めて難しいでしょうね。
できないと思いますね。
話し合って、義姉が出した分を折半くらい出して、矛を納めさせるくらいですかね。

2016年12月10日 09時45分
お礼メッセージ

回答ありがとうございます。やはり難しいですよね。たぶん使用権のことを言っているのだと思います。
かれこれ義理母が亡くなって15年は経ちます。今更 更地に戻して返した所で そこに彼女が墓を建てる訳でもないのでただの嫌がらせです。
上手く話ができればよいのですが 難しいです。土地のお金を払うのでどうか?って話をしましたが そんな気はない・とにかく更地に戻して返してほしいということです。

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

尋問時の文言につきまして 

民事・その他 2020年11月19日

尋問につきまして 互いに本人訴訟になります。 未成年の行為について、親権者が同意、追認をしていたかが論点となっている場合 ① 尋問で親権者の同意の有無について確認をする場合 「○○について知り得ていましたね」「知っていましたか」「未成...

陳述書提出後に新たな事実が判明した場合の対処方法につきまして

民事・その他 2020年11月19日

陳述書提出後に新たな事実が判明した場合 次回期日は尋問になる為、証拠申出書を提出、人証申請をし、裁判所に受理されました。 その後、新たな事実が判明したため、今までの主張の訂正をしたいのですが、どのように対処すればよいのかをご教授いただ...

自治会を退会する意思を示したのに、しつこく引き留められるどうすれば退会できるのか

民事・その他 2020年11月18日

自治会脱退についてのトラブルです。11月14日付で自治会脱退の意思を書面で示しましたが、遺留を求められています。(脱退者が多いため)自治会は任意の団体なのは最近ネットの情報などで知っておりますが、自治会長から電話をかけてきてしまったり...

障害者という理由で雇用しない、入学させてもらえない場合。

民事・その他 2020年11月16日

バイト募集の際に、障害者を拒否したり、学校の受験において、障害者を拒否するような行為は憲法14条の法の下の平等に反するため認められないのでしょうか?それとも他により適当な憲法の条文が適用されるのでしょうか?スポーツ課なのに、障害のため...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する