支払不可能と伝えた、3年前に起きた破損事故によって発生した車の修理代の請求を突然されています。

User image 1 えびアボカドさん 2017年03月02日 04時37分

3年前の出来事です。
その当時付き合っていた方の弟の車を私が運転し
独り相撲で車をぶつけてしまいまいました。

山の中だったからか、レッカーを呼ぶ提案も棄却され
付き合っていた彼が運転して帰りました。

すぐに修理にはださないまま、

1日後 車から煙がでたので(この時は同乗してました。)
修理にだす事になりました。(煙がでた翌日かはわかりません)

ぶつけてしまったので、修理代を少しずつかえしていましたが
経済的に支払えなくなったので、もう払えない旨を伝えました。

渋々なのかはわかりませんが、了承してもらいました。
この時 『貸しておく』や『立て替えておく』とも言われておりません。

そして、最近
突然母親から電話があり、元彼から車の修理代の請求の電話が
あったとききました。

その時母親に
『修理のローン名義を貸して組んだので、支払って欲しい』
『運転するなと言ったのに、無理矢理運転した』

など言ってもない事を言われ請求されいます。

直接話そうと電話しましたが、私とは話す事はない。
お金の話は母親としているからと、連絡もとれない状況です。

このケースだと、私に支払い義務はあるのでしょうか?

ご自身がその方の自動車を運転して破損した以上、損害賠償責任はあります。
当時、車の修理代明細等は頂いているでしょうか。

本件では、途中で支払いをやめてその後請求がなかった点について、どのようにとらえるかによります。
理論上は支払い免除の意思表示ととらえる余地はありますが、口頭のみですと立証が容易ではありません。
相手方からは、こちらの資力が乏しいので、支払いを猶予していただけだ、等の主張が予想されます。

未成年者でない限り、お母様に対応する義務はなく、お母様が交渉されても当然に効力が発生するわけではありません。
当時交際関係にあったとなると、免除と解する要素になる可能性はありますが、関連資料を検討する必要があるため、弁護士に直接相談いただいた方がよいでしょう。

なお、最後の支払から3年以内であれば、消滅時効は成立しません。

2017年03月02日 09時13分

あなたの過失で、自動車を壊したのであれば、あなたには損害賠償責任があります。
あなたのお母さんには責任はないと思われますから、お母さんが相手の請求に応じる必要はないでしょう。

問題は、あなたが支払えないといった時に「了承してもらった」ということが、債務の免除にあたるかでしょうね。
もし免除であったなら、あなたが支払う必要はありません。
しかし、おそらく言った言わない(若しくは免除のつもりか猶予のつもりか)の水掛け論になりそうです。

また、修理費用の内訳も明確ではありませんから、相手方の請求額が正しいかもはっきりしていません。

なお、不法行為に基づく損害賠償請求権の時効は3年です。どのくらいの期間お支払いされていたかによっては、消滅時効の可能性もあるかもしれません。

詳しい事情を弁護士さんに相談された方が良いと思いますよ。

2017年03月02日 10時17分

あなたが元彼の車を傷つけたというのであれば、その修理代を元彼に対して支払う義務を負担していたことには間違いありません。
しかし、あなたが少しずつ返していて、返せなくなった時から3年以上経過しておれば、元彼のあなたに対する支払請求権は消滅時効にかかっている可能性が高いので、そうであればあなたは消滅時効を援用して支払いを拒むことが出来ます。
また、あなたが「もう支払えない」と告げた時に、元彼が了承した、という点が微妙ですが、もうあとは払わなくてよい、という意味で、いわゆる支払い義務を免除する、という意思表示をしたものと見られるのであれば、消滅時効を援用するまでもなく、その時点で支払い義務は消えていることになります。
その時 あなたが『貸しておく』や『立て替えておく』とも言われていないからといって、元彼が、残りの支払い義務を免除するという意思表示をしたものと認定されるかどうか、極めて難しい問題がありますので、法テラス(0570-078374)を利用して、弁護士の無料相談を受けられたほうがいいでしょう。

2017年03月02日 11時14分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

職場に置きっぱなしの同僚のスマートフォンの着信を確認する行為について

民事・その他 2020年11月22日

職場の同僚のスマートフォンが同僚が離れた後も机の上などに置いてある際に、それに電話やLINE等がかかってきた場合、スマートフォンの画面に表示されている発信者情報などを他の人間が見る行為はプライバシーの侵害になりますか。

尋問時の文言につきまして 

民事・その他 2020年11月19日

尋問につきまして 互いに本人訴訟になります。 未成年の行為について、親権者が同意、追認をしていたかが論点となっている場合 ① 尋問で親権者の同意の有無について確認をする場合 「○○について知り得ていましたね」「知っていましたか」「未成...

陳述書提出後に新たな事実が判明した場合の対処方法につきまして

民事・その他 2020年11月19日

陳述書提出後に新たな事実が判明した場合 次回期日は尋問になる為、証拠申出書を提出、人証申請をし、裁判所に受理されました。 その後、新たな事実が判明したため、今までの主張の訂正をしたいのですが、どのように対処すればよいのかをご教授いただ...

自治会を退会する意思を示したのに、しつこく引き留められるどうすれば退会できるのか

民事・その他 2020年11月18日

自治会脱退についてのトラブルです。11月14日付で自治会脱退の意思を書面で示しましたが、遺留を求められています。(脱退者が多いため)自治会は任意の団体なのは最近ネットの情報などで知っておりますが、自治会長から電話をかけてきてしまったり...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する