音信不通です

User image 1 yummyさん 2017年03月31日 21時19分

中古車販売店の経理をしております。車輌代を回収出来ないお客様と車輌キャンセル料を回収出来ないお客様がいて、両者とも連絡が取れません。携帯も繋がらず自宅に訪問してもいるかどうか分からない状態でただただ年月だけが過ぎていきます。このままどうする事も出来ないものなのでしょうか?

相手方の任意での対応を期待できないようであれば、文書で請求を行なった上で、なお支払いに応じない場合には、訴訟等の法的手続を実施する必要があります。

弁護士に依頼頂いた場合は、訴訟提起を前提に住民票を調査することは可能です(住民票の調査のみを目的として依頼頂くことは困難です)。
その他、車両を購入した相手方については、車検証の取得により住所を調査する方法も考えられます。

相手方の資力が乏しく回収できない可能性も否定はできませんが、あくまで可能性の問題ですので、訴訟等を行なうか否かは費用対効果も踏まえて検討する必要があります。

何の法的手続も行わない場合、支払期限到来から5年経過により消滅時効が成立し、請求が困難となります。

2017年03月31日 21時35分

お伺いした事情からすると、その顧客が自ら代金を払うことは期待できないと思います。
法的手段に則り、請求する必要があるでしょう。
請求金額が少額であれば、少額裁判や支払督促の利用が考えられます。
もちろん、それでも必ず回収できるとは限りませんので、貸し倒れを生じないような契約システムを整備することも重要ですね。

2017年04月01日 11時01分

裁判を起こして、判決を頂ければその判決に基づいて強制執行が可能ですし、判決確定から時効期間は10年になりますから、その間に支払いを求める方法もあります。

確定判決を得てから10年経過してしまいそうになれば、再度提訴して、勝訴判決を得ればさらに10年間時効にかかりません。

ただ、弁護士さんに依頼すると費用がかかります。
また、判決を得ても相手が無資力であれば、現実的な回収はできません。
そのあたりを費用対効果でお考えになって、お決めになることだと思います。

2017年04月03日 16時49分
お礼メッセージ

ありがとうございます。費用的な事も含めて、考えてみたいと思います。

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

尋問時の文言につきまして 

民事・その他 2020年11月19日

尋問につきまして 互いに本人訴訟になります。 未成年の行為について、親権者が同意、追認をしていたかが論点となっている場合 ① 尋問で親権者の同意の有無について確認をする場合 「○○について知り得ていましたね」「知っていましたか」「未成...

陳述書提出後に新たな事実が判明した場合の対処方法につきまして

民事・その他 2020年11月19日

陳述書提出後に新たな事実が判明した場合 次回期日は尋問になる為、証拠申出書を提出、人証申請をし、裁判所に受理されました。 その後、新たな事実が判明したため、今までの主張の訂正をしたいのですが、どのように対処すればよいのかをご教授いただ...

自治会を退会する意思を示したのに、しつこく引き留められるどうすれば退会できるのか

民事・その他 2020年11月18日

自治会脱退についてのトラブルです。11月14日付で自治会脱退の意思を書面で示しましたが、遺留を求められています。(脱退者が多いため)自治会は任意の団体なのは最近ネットの情報などで知っておりますが、自治会長から電話をかけてきてしまったり...

障害者という理由で雇用しない、入学させてもらえない場合。

民事・その他 2020年11月16日

バイト募集の際に、障害者を拒否したり、学校の受験において、障害者を拒否するような行為は憲法14条の法の下の平等に反するため認められないのでしょうか?それとも他により適当な憲法の条文が適用されるのでしょうか?スポーツ課なのに、障害のため...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する