傷害事件を起こし、民事で訴訟されました。慰謝料を下げるにはどうしたら、良いでしょうか?

User image 1 lu_418243eeさん 2017年10月19日 15時57分

16歳のときに、町であった人(未成年)とケンカになり、一週間ほどの入院をさせる怪我を負わせてしまいました。(このとき、こちらは、2人で、相手は1人です)その後、保護観察処分となりました。相手に会って謝罪したかったのですが、叶いませんでした。
それから3年近くになりますが、相手から弁護士を通じて私と友達に、慰謝料の請求がきました。

私も友達も現在、金銭的に余裕がありません。
そこで、4つのご質問があります。

1,こちらも弁護士をつけた方が、弁護士費用はかかっても、つけなかった場合と比べ、お金がかからずに、すむのでしょうか?

2,和解したほうが、裁判での結果より、お金がかからずに、すむのでしょうか?

3,慰謝料軽くするために、裁判や、答弁書、そのほか、これからどうしていったら、良いでしょうか?

4,相手方の慰謝料額は、私と友人に対し100万円です。入院したときの、見舞いのための親の交通費、親の精神的苦痛も含まれるのですが、妥当な金額なのでしょうか?

過ちに後悔し、反省しておりますので、どうか、ご教授お願いいたします。

3年前の出来事とのことですから、まず、消滅時効が成立している可能性があります。
時効が成立していれば、慰謝料の支払い義務はありません。

また、請求額および請求の範囲については、相手のケガの状況や入院/治療の内容、生活に与えた影響など詳細な事情に基づいてそれが妥当かどうかの判断する必要かあります。仮に、相手の請求が過剰であって、かつ、交渉で一歩も譲らないということであれば、交渉で和解を目指すより,裁判での解決のほうが合理的だと思いますが、本件ではその判断をするだけの聴き取りを行うことはここでは困難です(ネット相談では、あなたに最適な解決についてアドバイスができないです)。

請求額が大きいので、いずれにしても、一度、弁護士に相談予約を入れ、相手方から届いている請求内容を精査してもらい、解決に向けたベストの対応方法について判断をうける必要があると思います。

2017年10月19日 16時18分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

浴室・更衣室内の撮影

民事・その他 2018年02月21日

露天風呂の景色を撮りたいなどの理由で、浴室や更衣室内を撮影している人がいましたが、この人を盗撮罪にて処罰することはできますか。 もし、その映像の中に子供が映っていたら、児童ポルノになるのですか。 慰謝料を請求した場合、いくらぐらい取れ...

墓地の移動を希望したら住職に高額な費用を請求された。どれくらいの金額が一般的?またこのような場合はどうすればいいのか?

民事・その他 2018年02月20日

お墓のことで質問です。 お墓の維持費など今は祖父母が払っていますが、後々私たち孫が払わなければいけなくなるのですが高額な維持費や寄付などは私たちの世代には払えないので今のお墓を出て維持費の安いところに移動しようと考えています。 しかし...

スキー滑走中の転倒事故の治療費請求について

民事・その他 2018年02月20日

先日スキーを滑走中に転倒事故があり、保障対応について相談させてください。 状況は、私がコースの右よりを滑走してターンをしようとした際、 ボードの女性が私のコースを遮るように左側から出てきました。 私は、避けようとコース脇ぎりぎりからタ...

亡くなった方との土地使用の口約束。長年放置してからの息子さんからの貸賃請求は有効なのでしょうか?

民事・その他 2018年02月17日

高齢の父がまだ40代の頃、土地の持ち主に「貸賃等いらないからここで農業をしなさい。」と快く土地を貸してくれました。その土地に自己資金で建物を建て自営業をしてきました。その持ち主はその後直ぐ位の早い時期に亡くなり、息子さんの代になったそ...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

民事・その他に強い弁護士

弁護士生活45年。「大切なのは法律知識ではなく、診断」ありとあらゆる分野に精通してます。

綿密な打ち合わせと情報交換によって,現状を正確に把握・分析し,目指すべき成果の達成に向けて依頼者と協同して解決...

【八丁堀駅徒歩4分】【初回相談無料】【当日/夜間/土日対応可】依頼者の皆さまの気持ちを大切にし、使い勝手の良い...

【無料相談/電話相談実施中】【土曜/夜間対応可】【横浜駅直結】「力強く心優しい」現役レスラー弁護士が皆様の権利...

依頼者様の問題を解決するため全力で案件に取り組みます。お悩みの際は実績豊富な弁護士にお気軽にご相談ください。

ページ
トップへ