資格を持っている友達に整体を受けたら坐骨神経痛になってしまいました治療費以外に慰謝料などを請求するにはどうしたらよいんでしょうか?請求には期限はあるのでしょうか?

User image 1 クマロンさん 2018年01月11日 22時42分

約3年前に鍼灸の資格を持っている友達の自宅で毎月1回(代金¥3000)指圧をしてもらっていましたが、指圧の時に左股関節を痛めてしまったようで、家に帰るころには痛くて歩くのもやっとの状態でした、足が痛くなったことを友達(鍼灸師)に連絡しましたがビックリしたようすでしたが謝ることも無く何の返答もありませんですた。痛みがひどかったので友達(鍼灸師)が働いていた治療院で診てもらったら、股関節に圧をかけすぎたせいで炎症を起こしてしまって痛みが出たのだと先生は言ってました、炎症が収まるまで治療はできない状態が2週間ほどあってその後治療してもらいました、が痛みは弱くはなりましたが今だに寒い朝は痛みで起きることもある状態です。後日、一緒に指圧に通っていた友人に相談したら友達(鍼灸師)に連絡をしてくれ3人で会う事になりました、その時にようやく謝罪の言葉を聞きました。その時に友達と言う事もあって冷静に今後どうするのか?と聞くと良くなるまで治療費(交通費も)をとりあえず支払う事になり毎月2回・痛みが出たときは追加で今も続けています。少したってから治療院の先生の紹介で病院(整形外科)に行ってMRIを取り、状態を確認したら左股関節の神経の映りが右側に比べて薄く(つぶれているような状態)。整形外科の先生は整形外科で出来ることは無いので治療院で痛みを緩和してもらってください・・と言われました。始めは治療費等は振り込みで支払ってもらっていましたが治療の状態も知ってもらいたいと思い直接治療院に持って行ってもらい交通費だけ振込にしてもらいました。ところが去年か左の足をかばっていたせいで右の足に力が入らなっかったり、右足が右側に開かなくなって右足を下にした横座りが出来なくなってしまいました、なので治療を月に3回にしてもらい現在に至ります。ですが先月末にいきなり3年たって責任は終わったので治療費の支払いを終了すると言ってきました、私は今まで責め立てたりしたこともしなかったのですが、この時には「責任をとるなら足を治すか、元の状態にしてよ」と怒鳴りました。
何を持って責任をとったことになるのでしょうか?3年治療費を支払った事で責任が終了するのでしょうか?
自分のしたことの重大さが分かっていないのか?人として社会的制裁を受けてもらいたいと思っています。
最初の話し合いの時に口約束だけで書面などは有りませんが今でも慰謝料(身体的・精神的)治療に通った時間給などを請求することが出来るのでしょうか?
今後の治療費も請求したいのですが出来るのしょうか?
後から知った事ですが、治療院の先生のお義母さんも友達の指圧で肋骨にヒビが入った事があったそうです。
その事を私たちに知らせないで指圧をしていたことに対しても問題はなかったのでしょうか?

医療過誤ですね。
相手も認めるところなので、今後の治療を含めて
損害額の整理ですね。
3年治療費を払ったことで責任がなくなることはあ
りません。
損害は、交通事故の場合に準拠して整理すれば
いいでしょう。
慰謝料もそうですし、後遺障害になるかならぬかが
重要ですね。
整形の医師にも後遺障害について尋ねるといいで
しょう。
まずはあなたの言い分をまとめましょう。

2018年01月12日 09時57分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

投資したお金は返ってくるのでしょうか?

民事・その他 2018年01月19日

昨年、海外のレストラン事業に投資をしました。 投資をする際、その投資を募ってきた共同投資家と、共同事業契約書を締結し、投資後2年以内なら、投資額は返金する旨を約束しました。 結局その投資は上手くいかず、1年後にそのレストランを閉めるこ...

20年ほど前に亡くなった祖母が私名義でしてくれていた定期預金。名義相違のため引き出しできません。

民事・その他 2018年01月18日

20年ほど前に亡くなった祖母が私名義で定期預金をしてくれていたことが最近発覚しました。 ただ、口座名義の名前をカナで登録していたため(例:正しい名義は田中太郎だが、田中タロウで口座開設)本人確認物が無く、銀行としては架空名義の口座とい...

嫌がらせを止めさせる約束を取り交わしたい

民事・その他 2018年01月18日

会社の同僚からの嫌がらせが酷く、困っています。 私の悪口や印象が悪くなるような過去の出来事を、ことあるごとにネタとして言い触らしています。 過去に何度もやめる様言っていますが、全く辞める気配が無い為、名誉棄損で訴えようと考えています。...

退職した従業員が、お客様から預かった鍵を紛失していました。

民事・その他 2018年01月16日

介護事業所の者です。 ヘルパーと利用者が会社を通さずに利用者の鍵を預かっていました。 担当ヘルパーが退職し返却するのを忘れており紛失したようです。 利用者は担当ヘルパーが退職時に会社に鍵を預けていると思い込んでいたようです。 当社と契...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

民事・その他に強い弁護士

綿密な打ち合わせと情報交換によって,現状を正確に把握・分析し,目指すべき成果の達成に向けて依頼者と協同して解決...

【八丁堀駅徒歩4分】【初回相談無料】【当日/夜間/土日対応可】依頼者の皆さまの気持ちを大切にし、使い勝手の良い...

弁護士生活45年。「大切なのは法律知識ではなく、診断」ありとあらゆる分野に精通してます。

【初回30分まで相談無料】お話しいただきやすい雰囲気と対応を大切にしています。

【初回相談無料】【夜間・土日祝・出張の相談可】悩み事が少しでも晴れますよう丁寧かつ誠実に対応します。

ページ
トップへ