労災か自賠責どちらに申請するのが良いか教えて下さい。

User image 1 lu_99bbcdeeさん 2018年03月22日 17時07分

通勤途中の事故で、過失割合はまだ出てませんが、相手側の過失の方が大きい見込です。
治療費、休業保障を労災に申請中(書類はまだ提出してません) 労災にするか、自賠責にするのか悩んでいます。
色んなサイトを見てると、上記は、労災で慰謝料は自賠責請求と書かれていますが、自賠責請求は自分でするものなんですか?慰謝料とはどういったことをいうのですか?
任意保険会社にはどのような補償をしてもらえますか?
あと、任意保険会社から、休業損害 通院交通費 人身傷害補償特約の書類が届きました。こちらも記入して申請して良いのでしょうか?
自己負担が出来るだけ少なく済む方法を教えて下さい。
よろしくお願いします。

1.任意保険会社が対応する場合、過失割合に応じた損害賠償となります。契約上は対人賠償無制限ですが、損害の相当性や症状固定時期(治療終了時期)に関しては損害の範囲の限定が常に問題となります。
これに対し、労災の場合は治療費や一部の休業補償等が対象となりますが、原則として過失相殺は行なわないため、貴殿過失割合相当額については、労災による適用を申請する必要があります。
慰謝料は労災からは支給されないため、相手方(保険会社)に請求する必要があります。

2.本件では、任意保険会社対応とのことですので、任意保険会社が後日自賠責保険会社に求償すると思われます。
 ただし、後遺症の認定が問題となる場合、被害者から自賠責保険会社に後遺障害認定を申請するか、非該当決定あるいは等級認定に対して異議申立を自賠責保険会社に行なう必要があります。
 後遺症が問題となる場合には、弁護士依頼を検討頂いた方がよいかと思います。

2018年03月22日 18時57分

相手の過失が大きいなら労災でいいでしょう。
労災を使わないなら、
任意保険がついてるので、その場合あなたが自賠責に
請求しなくてもいいですね。
保険会社にまかせて。
労災を使うなら、
労災の補償の範囲を超える損害があれば、保険会社と
交渉になりますね。
特に慰謝料ですね。
労災の補償の範囲をお調べ下さい。
休損も不足するかもしれません。

2018年03月22日 19時37分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

郵便物

民事・その他 2018年04月19日

会社の郵便書類を関係ないほかの人が開封しました。 この場合どういった処罰が与えられるのでしょうか?

誹謗中傷ハガキ。思い当たる人がいますが、その人が出したという証拠はなにが必要ですか?あと時効ってあるのですか?

民事・その他 2018年04月15日

差出人なしの誹謗中傷ハガキが去年から会社、自宅、実家、あと何故か父の職場に届いてます。 思い当たる人がいるのですが、本人に確認しても「知らない」と言われたら訴える事はできませか? ハガキの内容は会社をやめろとか、私を辱めるようなもので...

勝手にクレジットカード作られてました。

民事・その他 2018年04月14日

半年前に車屋に修理を頼み 無事治って、数ヶ月経ちました。 修理の際にローンを組んで 修理したのですが、 最初の数ヶ月は、引き落とし が普通にかかっており、 最近になって、急に引き落とし がかからなくなり、延滞の紙が 届くようになり、ロ...

コンサル契約の解除・返金で先方と折り合いません

民事・その他 2018年04月12日

コンサル契約を業務委託で依頼していた会社が、委託したこちら側の信用を傷つける行為を行いました。 契約書の内容に基づき、契約解除、全額返金を希望しています。 このことが発覚した段階で、契約回数の3分の2が終了しています。 (詳細は個人の...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

民事・その他に強い弁護士

【八丁堀駅徒歩4分】【初回相談無料】【当日/夜間/土日対応可】依頼者の皆さまの気持ちを大切にし、使い勝手の良い...

依頼者様の問題を解決するため全力で案件に取り組みます。お悩みの際は実績豊富な弁護士にお気軽にご相談ください。

【無料相談/電話相談実施中】【土曜/夜間対応可】【横浜駅直結】「力強く心優しい」現役レスラー弁護士が皆様の権利...

綿密な打ち合わせと情報交換によって,現状を正確に把握・分析し,目指すべき成果の達成に向けて依頼者と協同して解決...

弁護士生活45年。「大切なのは法律知識ではなく、診断」ありとあらゆる分野に精通してます。

【初回相談30分無料】豊富な実績と柔軟な発想、そしてしっかりとお話を伺う誠実な対応で、最良の解決に向けて全力で...

ページ
トップへ