コンサル契約の解除・返金で先方と折り合いません

User image 1 lu_71a09ef1さん 2018年04月12日 16時39分

コンサル契約を業務委託で依頼していた会社が、委託したこちら側の信用を傷つける行為を行いました。
契約書の内容に基づき、契約解除、全額返金を希望しています。
このことが発覚した段階で、契約回数の3分の2が終了しています。
(詳細は個人の特定の恐れがある為、差し控えさせていただきます。 申し訳ありません)

先方に契約解除、全額返金を希望したところ、
「消化分は役務の提供が完了しているので返金できない。未消化分のみ返金する」
との回答がありました。
到底、納得がいきません。
謝罪も形式のみ、と、不誠実な先方と関わっていること自体がストレスで、早く関係を清算したいです。
ここでお伺いしたいことは2点です。

1・
こちらは納得いかず、法的手段を取るつもりです。
そんな話をまわりにしたところ、「タチの悪い相手につかまっちゃったね。相手の会社もいつつぶれるか分からないし、相手の提示を受け入れて、さっさと手を切った方がいいよ」という意見が多数でした。
そもそも、こちらの主張(契約解除、全額返金)はおかしいのでしょうか?

2・
法的手段に移る場合、何から始めるのが適切でしょうか?
(口頭とメールでは、先方に解約・返金の意向を伝えていますが、先方は同じくメールで自分の主張を述べるのみ、で、一向に話が交わりまっていません)
慰謝料も請求するつもりなので、金額的に通常訴訟の方になります。
まずは内容証明から、でしょうか?
それとも、いきなり訴状を送っていい質のものでしょうか?

ご教授いただけますと幸いです。
どうぞよろしくお願い致します。

1.契約書の内容にもよりますが、仮に相手方の行為が解除事由に該当するとして、契約回数の2/3は正常に実施されたのであれば、請求可能額は契約金額の1/3+相手方の行為により生じた実損額となるのが原則です。
 違約金の定めがある場合には、約定に基づく金額を請求できる可能性はありますが、違約金が高額な場合、高額な違約金を相当する程の重大な契約違反があるのか、違約金の額が相当か、等が問題になると思われます。

2.まずは、相手方に内容証明郵便等で、契約解除及び損害賠償請求を通知する必要があるでしょう。
 いきなり提訴することも不可能ではありませんが、相手方の反論を踏まえた主張立証を準備する必要があり、まずは相手方の反論の根拠を確認した方がよいでしょう。
 信用毀損ないし名誉棄損がある場合には、慰謝料も請求可能ですが、具体的な内容や被害の程度にもよります。

2018年04月12日 19時36分

1 について
法律関係は、契約書で決めていると思われますので、基本的には契約書どおりの争いとなります。
仮に、○○の場合には、契約解除できる、全額返金ができる、と規定があれば、その契約条項を主張することになります。

ただし、一般論ですが、コンサルタント契約は委任契約に準じる場合(完全な仕事を提供するのではなく、一定の作業を提供すれば報酬が発生するという契約の類型。医師の診療契約などが代表的です。)が多いですので、すでに役務の提供が終わっている仕事については返金できないことが多いです。

このため、民法415条の債務不履行に基づく損害賠償請求や、709条の不法行為者への損害賠償請求により、受けた不利益の回復を求めることになります。

2 について
契約解除の意思表示は内容証明郵便で行う方がよいと考えます。
ただし、中途解除の場合の違約金などの条項はないか、念のため検討された方が良いです。

内容証明郵便は、一般的には郵便の内容が証拠として残るだけです。弁護士が内容証明郵便を送る場合は、裁判を想定させますので一定の効果はあります。

訴状をいきなり提出することは、法的な問題はありません。ただし、人間関係が悪化する可能性は否定できませんので、具体的には弁護士に面談してください。

2018年04月12日 21時34分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

台風でバイクが横転して隣の車に傷をつけた場合の責任・負担などについて

民事・その他 2020年09月24日

沖縄県在住のものです。 賃貸アパートに住んでいるのですが、先日の台風時に敷地内にとめていた当方所有のバイクが横転し、隣の車に傷をつけてしまったようです。 車の所有者から大家さんに損害補償について相談があったようで、大家さんから当方に当...

後遺障害について

民事・その他 2020年09月24日

コロナ禍前の話になります。カルタ大会に参加をしました。試合は白熱して、右手をケガしました。大会主催者が加入していた保険で手術給付金と通院費は保険金として出ました。しかし、手術後も痛みや違和感が残り生活に多少支障をきたしております。何よ...

理解不能なカフェ店員。その非常識な行為に辟易し、店へもいけなくなった・・・

民事・その他 2020年09月23日

しばしば行っていたカフェの、女性店員についてです。 ①妙に馴れ馴れしく、当たり前のようなボディ・タッチ。 →気持ち悪いが、そうそう大仰には断れない。 ②でかい声で、「先輩!」「先生!」と呼び掛けてくる。 →誤解を招くし、事実できないの...

女性が離婚した時の名字について

民事・その他 2020年09月13日

先日、高裁で元夫の申立による離婚訴訟で和解離婚しました。子供はいません。 私は結婚して、元夫の名字に変えており、離婚しても旧姓には戻さないつもりでした。 つい最近になって、例えば再婚する時に、相手が気にするかもしれない、おかしなことに...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する