コンサル契約の解除・返金で先方と折り合いません

User image 1 lu_71a09ef1さん 2018年04月12日 16時39分

コンサル契約を業務委託で依頼していた会社が、委託したこちら側の信用を傷つける行為を行いました。
契約書の内容に基づき、契約解除、全額返金を希望しています。
このことが発覚した段階で、契約回数の3分の2が終了しています。
(詳細は個人の特定の恐れがある為、差し控えさせていただきます。 申し訳ありません)

先方に契約解除、全額返金を希望したところ、
「消化分は役務の提供が完了しているので返金できない。未消化分のみ返金する」
との回答がありました。
到底、納得がいきません。
謝罪も形式のみ、と、不誠実な先方と関わっていること自体がストレスで、早く関係を清算したいです。
ここでお伺いしたいことは2点です。

1・
こちらは納得いかず、法的手段を取るつもりです。
そんな話をまわりにしたところ、「タチの悪い相手につかまっちゃったね。相手の会社もいつつぶれるか分からないし、相手の提示を受け入れて、さっさと手を切った方がいいよ」という意見が多数でした。
そもそも、こちらの主張(契約解除、全額返金)はおかしいのでしょうか?

2・
法的手段に移る場合、何から始めるのが適切でしょうか?
(口頭とメールでは、先方に解約・返金の意向を伝えていますが、先方は同じくメールで自分の主張を述べるのみ、で、一向に話が交わりまっていません)
慰謝料も請求するつもりなので、金額的に通常訴訟の方になります。
まずは内容証明から、でしょうか?
それとも、いきなり訴状を送っていい質のものでしょうか?

ご教授いただけますと幸いです。
どうぞよろしくお願い致します。

1.契約書の内容にもよりますが、仮に相手方の行為が解除事由に該当するとして、契約回数の2/3は正常に実施されたのであれば、請求可能額は契約金額の1/3+相手方の行為により生じた実損額となるのが原則です。
 違約金の定めがある場合には、約定に基づく金額を請求できる可能性はありますが、違約金が高額な場合、高額な違約金を相当する程の重大な契約違反があるのか、違約金の額が相当か、等が問題になると思われます。

2.まずは、相手方に内容証明郵便等で、契約解除及び損害賠償請求を通知する必要があるでしょう。
 いきなり提訴することも不可能ではありませんが、相手方の反論を踏まえた主張立証を準備する必要があり、まずは相手方の反論の根拠を確認した方がよいでしょう。
 信用毀損ないし名誉棄損がある場合には、慰謝料も請求可能ですが、具体的な内容や被害の程度にもよります。

2018年04月12日 19時36分

1 について
法律関係は、契約書で決めていると思われますので、基本的には契約書どおりの争いとなります。
仮に、○○の場合には、契約解除できる、全額返金ができる、と規定があれば、その契約条項を主張することになります。

ただし、一般論ですが、コンサルタント契約は委任契約に準じる場合(完全な仕事を提供するのではなく、一定の作業を提供すれば報酬が発生するという契約の類型。医師の診療契約などが代表的です。)が多いですので、すでに役務の提供が終わっている仕事については返金できないことが多いです。

このため、民法415条の債務不履行に基づく損害賠償請求や、709条の不法行為者への損害賠償請求により、受けた不利益の回復を求めることになります。

2 について
契約解除の意思表示は内容証明郵便で行う方がよいと考えます。
ただし、中途解除の場合の違約金などの条項はないか、念のため検討された方が良いです。

内容証明郵便は、一般的には郵便の内容が証拠として残るだけです。弁護士が内容証明郵便を送る場合は、裁判を想定させますので一定の効果はあります。

訴状をいきなり提出することは、法的な問題はありません。ただし、人間関係が悪化する可能性は否定できませんので、具体的には弁護士に面談してください。

2018年04月12日 21時34分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

郵便物

民事・その他 2018年04月19日

会社の郵便書類を関係ないほかの人が開封しました。 この場合どういった処罰が与えられるのでしょうか?

誹謗中傷ハガキ。思い当たる人がいますが、その人が出したという証拠はなにが必要ですか?あと時効ってあるのですか?

民事・その他 2018年04月15日

差出人なしの誹謗中傷ハガキが去年から会社、自宅、実家、あと何故か父の職場に届いてます。 思い当たる人がいるのですが、本人に確認しても「知らない」と言われたら訴える事はできませか? ハガキの内容は会社をやめろとか、私を辱めるようなもので...

勝手にクレジットカード作られてました。

民事・その他 2018年04月14日

半年前に車屋に修理を頼み 無事治って、数ヶ月経ちました。 修理の際にローンを組んで 修理したのですが、 最初の数ヶ月は、引き落とし が普通にかかっており、 最近になって、急に引き落とし がかからなくなり、延滞の紙が 届くようになり、ロ...

駐車場にとめてあった自家用車を傷つけられた、先方が修理の見積もりの内容に納得せず、弁護士を立ててきた、どうすればよいですか?

民事・その他 2018年04月11日

4月3日に、勤務先の駐車場にとめておいた車を傷つけられました。勤務先の受付に、向かいのビルの2階の外壁の換気口の交換に来ていた業者が来て、部品を落とし、1階の駐車場にとめてあった車に傷をつけてしまったと言いました。受付から連絡を受けて...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

民事・その他に強い弁護士

弁護士生活45年。「大切なのは法律知識ではなく、診断」ありとあらゆる分野に精通してます。

【八丁堀駅徒歩4分】【初回相談無料】【当日/夜間/土日対応可】依頼者の皆さまの気持ちを大切にし、使い勝手の良い...

綿密な打ち合わせと情報交換によって,現状を正確に把握・分析し,目指すべき成果の達成に向けて依頼者と協同して解決...

【無料相談/電話相談実施中】【土曜/夜間対応可】【横浜駅直結】「力強く心優しい」現役レスラー弁護士が皆様の権利...

依頼者様の問題を解決するため全力で案件に取り組みます。お悩みの際は実績豊富な弁護士にお気軽にご相談ください。

横浜駅徒歩3分。法的な悩み事はそのままにせず、専門家にお早めにご相談ください。※初回電話相談は30分まで無料です。

ページ
トップへ