民事裁判で原告が勝訴した後に被告を警察に訴えることはできますか?

User image 1 lu_8fa63ebbさん 2018年06月27日 02時16分

父がお付き合いしていた女性に、無断で通帳と印鑑を持ち出され、財産を着服されました。被告が嘘の主張をしてきていて、解決ならず、民事裁判を起こしています。もし、裁判で原告側が勝訴し、損害賠償確定後
横領や窃盗など、犯罪だとわかった場合、警察に捕まるよう、原告から訴えることはできるのでしょうか?

窃盗ですかね。
警察に対して、被害届あるいは告訴ができますね。
確定を待つまでもなくいまでもできるのではないですかね。
どんな証拠があるのかわかりませんが。
警察は、銀行のビデオを見ることができますからね。
どんな争いをしているのか、知りませんが、
刑事事件に持って行くことはできます。

2018年06月27日 10時03分
お礼メッセージ

先生ありがとうございました!

民事事件と刑事事件とは別問題ですので、判決確定以前の段階でも被害届の提出や告訴自体は可能です。

ただ、民事の判決で賠償ないし返還請求が認められた場合であっても、お父様がお付き合いされていた女性となると、刑事的にはお父様が女性に貸与して一定の範囲の使用を許諾していた可能性等が問題となり、「何ら許可なく無断で持ち出して使用したこと」の根拠資料の提出を求められる可能性があります。
あるいは、あいまいな部分は民事不介入として捜査に消極的になる可能性がありますので、実際に警察に相談する際は無断持出・使用の点についても根拠を固めておく必要があるでしょう。

2018年06月27日 10時06分
お礼メッセージ

ありがとうございます!

1 裁判において,民事と刑事とは別のものであって,直接には関係はしません。したがって,民事裁判で原告が勝訴したとしても,刑事事件としての証明もできたと言うことにはなりません。

2 察するところ,民事裁判として通帳と印鑑を女性が使っていたとしても「無断」であるかどうかが,争点になるだろうと思います。相手方の女性は当然にお父様の許可の元で「代理人」として行動したのであり,そのお金もお父様のために言うとおりに使ったので着服ではないと争っているのだと思います。
民事裁判において,その点をお父様の記憶及び残されている記録から証明をしていかなければなりません。

3 現金の引き出しがいつ頃行われたのかが不明ですが,金融機関も本人確認が現在では非常に厳格になっています。特に通帳名義と金融機関に出頭してきた人物の性別及び氏が異なる場合には,委任状を必要としますので,お父様の署名が自署であるのかが問題となります。これが偽造であるのか,お父様が実際に書かれたかが決め手となります。

4 あるいは,キャッシュカードで引き出されているような場合では暗証番号を女性が知らないと引き出せませんから,それをお父様が教えている場合には,少なくとも引き出す権限を与えていたと推認されてしまいます。また,キャッシュカードによる引き出しでは,署名をした書類が残りませんから,果たして,その女性がその都度実際に言っているのか,お父様自身の可能性はないのか,その点も争点となります。

5 このように民事裁判においてお父様の「意思」と言ったものが重要となり,その意思に反していることを証明するのは現実には簡単ではありません。
それを前提に女性の引き出した行為が無断であったことや,偽造等が証明できれば民事裁判に勝訴するのみならず,その行為が犯罪に該当する可能性が出てきます。
すると,ご質問のとおり,刑事事件として告訴・告発することができるはずです。
そして,その場合に女性を捕まえる,つまり逮捕拘留するかどうかは警察・検察庁・裁判所の判断によります。

2018年06月27日 13時35分
お礼メッセージ

先生、詳しく回答くださりありがとうございます。

注力分野
相続 離婚・男女 犯罪・刑事事件 不動産・建築 学校・教育

警察にいうのであれば、今の時点ですべきと考えます。

民事裁判と刑事事件は別物です。

また、民事裁判は時間もかかります。
民事裁判が終わるのを待っていては、警察に言っても、古い話という頭で話を聞かれる可能性もあります。

2018年07月05日 22時41分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

名義変更してもらえない車

民事・その他 2020年10月21日

数年前にローンが残った車をネットの販売者に売りました。ローンが終わったら名義変更してもらえる契約でしたが、未だに名義変更されず毎年自動車税の通知がきます。販売者へ連絡しても、初めは「あれ?購入された方がするって言ってたんですけどね〜」...

間に入った人物の不十分な情報流通でビジネス話が頓挫。追及からも逃げるありさまで。。。

民事・その他 2020年10月17日

あるベンチャー企業との新規事業案件。オンライン上のやりとりを経て、先方の依頼で骨子案の提出に進みました。 しかし、その企業の経営者と私の間に入った「広報的立ち位置」の女性が、私の見解(メール)を歪曲理解+不十分認識。 精査せずに伝えた...

友人から支払わなくてもいい取り立てを受けてる

民事・その他 2020年10月14日

友人に勧められて、互助会に入ったのですが… 聞いてた話と違かった為、8月に解約手続きをしました。 その際に、ウエディングフォトを撮りたいと以前話してて予約するのに5万払ったと… 更に、キャンセル料で11万払ったから返して欲しいと言われ...

美容室クレーム

民事・その他 2020年10月12日

美容師です。先日、新規指名のお客からクレームをくらいました。 相手が言うところだと、シャンプーの際に熱いお湯がかかり、頭皮がヒリヒリするとのこと。しかも色々あることないことクレームつけしまいには施術代返金しろと言ってきました。 オーナ...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する