高台に自宅。がけが崩れたら、必ず隣家に損害賠償?

User image 1 Legalus編集部さん 2015年07月16日

 現在、高台に自宅を新築しているのですが、そのがけ下にあたる家から、「万一、がけが崩れた場合には、その損害を賠償してくれますね」としつこく念を押されています。


 法律の規制は守って新築していますが、不慮の災害等でがけが崩れたような場合でも、損害賠償等の責任を負う必要があるのでしょうか。


(30代前半:男性)

関連Q&A

30年前に取得土地の隣家との境界線

境界線 2017年03月29日

30年前に土地を入手、家を建てて住んでいます。その時は東、南側の土地には家が建ってコンクリートの塀が設置されていました。 我が家はその塀を基準に、裏出口、物置を設置しています。最近になって東側の家が売却するとかで測量が入り、塀の位置が...

土地内について!

境界線 2017年03月25日

はじめまして、宜しくお願いします。 私の土地、約100坪の月極駐車場のど真中に許可無く市の下水道(汚水)が通っているのですが、それってあり得る事なのでしょうか? それは、土地代を請求する事も出来るのでしょうか?

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     この場合は、土地の工作物の所有者であるあなたは、無過失責任を負うことになり、過失の有無を問わず、損害賠償する必要があります(民法717条1項)。


     もっとも、工作物の請負業者に責任がある場合には、あなたは請負業者に対して求償できます(同条3項)。
     また、いずれにせよ、がけ崩れにより、がけ下の土地に土砂が流入した場合は、その撤去費用は、あなたが負担することになります。



     さらに、予め、こうしたがけ崩れを防止するための防壁については、塀についての民法226条を準用して、相隣者が共同の費用(原則として半分ずつ負担)をもって設置すべきというのが裁判所の判断です。



     したがって、隣地の所有者から防壁の設置を求められれば、あなたと隣地の所有者が費用を出し合って設置することになります。

2015年07月16日

境界線に強い弁護士

クライアントファーストをモットーに、常にご依頼者様の視点に立った誠実な事件対応を心がけております。

【堺市】南海本線堺駅すぐ

気軽に、いつでもご相談ください。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ