高台に自宅。がけが崩れたら、必ず隣家に損害賠償?

User image 1 匿名ユーザーさん 2015年07月16日 22時02分

 現在、高台に自宅を新築しているのですが、そのがけ下にあたる家から、「万一、がけが崩れた場合には、その損害を賠償してくれますね」としつこく念を押されています。


 法律の規制は守って新築していますが、不慮の災害等でがけが崩れたような場合でも、損害賠償等の責任を負う必要があるのでしょうか。


(30代前半:男性)

匿名弁護士

 この場合は、土地の工作物の所有者であるあなたは、無過失責任を負うことになり、過失の有無を問わず、損害賠償する必要があります(民法717条1項)。


 もっとも、工作物の請負業者に責任がある場合には、あなたは請負業者に対して求償できます(同条3項)。
 また、いずれにせよ、がけ崩れにより、がけ下の土地に土砂が流入した場合は、その撤去費用は、あなたが負担することになります。



 さらに、予め、こうしたがけ崩れを防止するための防壁については、塀についての民法226条を準用して、相隣者が共同の費用(原則として半分ずつ負担)をもって設置すべきというのが裁判所の判断です。



 したがって、隣地の所有者から防壁の設置を求められれば、あなたと隣地の所有者が費用を出し合って設置することになります。

2015年07月16日 22時02分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

境界問題訴訟

境界線 2017年12月26日

隣人との境界問題です。隣同士の敷地境界問題で、再三話しあいをしていますが、解決の目処が立たず、相手側は訴訟せよと云いだしました。訴訟をする場合の訴訟費用とこの場合の弁護士費用がどのくらい掛りますか。又そのかかる費用はどちらの負担となり...

境界問題で土地家屋調査士からの和解案の拒否

境界線 2017年12月23日

隣同士の敷地の境界問題です。今まで隣との境界には植込みが有りましたが、境界杭等は有りませんでした。約17年前ですが、その隣の主人より自分側の敷地が広がるとの主張を受け、その根拠が誤った主張であり、現況の植込みを境界とする旨の打ち返しを...

隣人の家のブロック塀にうちの草木が触れているのですが、それを抜くようにと散々言われています。

境界線 2017年11月17日

大変困っています。 隣人の家のブロック塀にうちの草木が触れているのですが、それを抜くようにと散々言われています。 それは触れているだけで境界を超えていません。 抜かなければ違法になるのでしょうか? 今朝、抜いてくれという事を書いた張り...

柵などで閉鎖されていない教職員宿舎の敷地内に無断ではいれば住居侵入?

境界線 2017年11月17日

散歩の途中、知らずに大学の教職員宿舎の敷地内に入ってしまいました。 宿舎から住居者と思われる女性が出て来て、「ここは教職員宿舎の敷地です。住居侵入になりますので通らないで下さい」と強行に注意されました。 下記のような形態の場合、善意の...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

境界線に強い弁護士

【初回相談無料】【目黒駅徒歩5分・白金台駅徒歩7分】頼れる身近な法律の専門家として、相談しやすく、安心してご依...

【初回相談30分無料】ご依頼者様に寄り添い、最善の解決を目指して全力を尽くします。

【川口駅前の法律事務所】【初回相談無料】不動産、債務整理、相続、離婚問題などお気軽にご相談下さい!

【初回相談無料】【当日/休日/夜間相談可】日本一背の高い弁護士がバスケットで培ってきた、体力・精神力を活かして...

《初回相談無料》お客さまの身近なパートナーとして、徹底サポートいたします。

【初回相談無料】【土日・夜間相談可】【出張相談可】あなたの不安や悩み、まずはお話だけでもお聞かせください。

ページ
トップへ