高台に自宅。がけが崩れたら、必ず隣家に損害賠償?

Legalus編集部さん 2015年07月16日

 現在、高台に自宅を新築しているのですが、そのがけ下にあたる家から、「万一、がけが崩れた場合には、その損害を賠償してくれますね」としつこく念を押されています。


 法律の規制は守って新築していますが、不慮の災害等でがけが崩れたような場合でも、損害賠償等の責任を負う必要があるのでしょうか。


(30代前半:男性)

関連Q&A

損害賠償請求をされましたがどのように対応すればよいでしょうか?

境界線 2015年12月02日

立ち木の損害賠償を請求されました。訴訟物の価格14万3550円、貼用印紙の額2000円となっております。相手方の敷地内にまでこちらの立ち木の枝が張っており、カーポート上の落ち葉の撤去と訴訟費用の負担を内容とする判決並びに仮執行宣言を求...

隣地との境界ははっきりさせなければならない?

境界線 2015年07月18日

隣の家が、「境界線をはっきりさせたい」という話を持ちかけてきました。 隣家が主張する境界線は彼らに著しく有利なものであるうえ、私としては急ぐ問題でもなく、今境界を定めなければならない理由はありません。 私も多忙ゆえ、できれば放っておき...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     この場合は、土地の工作物の所有者であるあなたは、無過失責任を負うことになり、過失の有無を問わず、損害賠償する必要があります(民法717条1項)。


     もっとも、工作物の請負業者に責任がある場合には、あなたは請負業者に対して求償できます(同条3項)。
     また、いずれにせよ、がけ崩れにより、がけ下の土地に土砂が流入した場合は、その撤去費用は、あなたが負担することになります。



     さらに、予め、こうしたがけ崩れを防止するための防壁については、塀についての民法226条を準用して、相隣者が共同の費用(原則として半分ずつ負担)をもって設置すべきというのが裁判所の判断です。



     したがって、隣地の所有者から防壁の設置を求められれば、あなたと隣地の所有者が費用を出し合って設置することになります。

2015年07月16日

境界線に強い弁護士

依頼者の一番の味方となり、ベストな解決を目指します。まずはお気軽にご相談ください。

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ