高台に自宅。がけが崩れたら、必ず隣家に損害賠償?

Legalus編集部さん 2015年07月16日

 現在、高台に自宅を新築しているのですが、そのがけ下にあたる家から、「万一、がけが崩れた場合には、その損害を賠償してくれますね」としつこく念を押されています。


 法律の規制は守って新築していますが、不慮の災害等でがけが崩れたような場合でも、損害賠償等の責任を負う必要があるのでしょうか。


(30代前半:男性)

関連Q&A

隣地境界に関わる問題

境界線 2017年01月19日

隣地境界の件で、友人が困っているので相談します。 友人の家が、立ち退きの問題で、土地の境界の事で 悩んでおります。 私は、法務局に行き 土地の登記簿、公図を取寄せ話し合いをすれば 済む問題じゃないのというと、 片方の隣人とは 片付いた...

撤去費用について

境界線 2017年01月14日

現在建っている建物取り壊し、駐車場にしようと考えておりますが、隣の大木が越境している(大きな木になり、枝が境界線から4~5メートル越境と木の根がU字溝を押し上げ越境してきていて大きいところの越境は20㎝から30㎝ほど越境してきており大...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     この場合は、土地の工作物の所有者であるあなたは、無過失責任を負うことになり、過失の有無を問わず、損害賠償する必要があります(民法717条1項)。


     もっとも、工作物の請負業者に責任がある場合には、あなたは請負業者に対して求償できます(同条3項)。
     また、いずれにせよ、がけ崩れにより、がけ下の土地に土砂が流入した場合は、その撤去費用は、あなたが負担することになります。



     さらに、予め、こうしたがけ崩れを防止するための防壁については、塀についての民法226条を準用して、相隣者が共同の費用(原則として半分ずつ負担)をもって設置すべきというのが裁判所の判断です。



     したがって、隣地の所有者から防壁の設置を求められれば、あなたと隣地の所有者が費用を出し合って設置することになります。

2015年07月16日

境界線に強い弁護士

依頼者の一番の味方となり、ベストな解決を目指します。まずはお気軽にご相談ください。

お客様の状況に応じた解決策をご提案致します。

【堺市】南海本線堺駅すぐ

丁寧な説明を心がけています。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ